京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立109年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 37


──日本キリスト教団総会
 (第39回、2014)を訪れて──

 2014年 10月28〜30日(火〜木)
 於  ホテルメトロポリタン(東京池袋)

生まれて初めて、教団総会に行きました。
京都教区からの議員18名の一人として。

総会は2年に1回、行われます。

総会の3日間とも、よく晴れて、よい気候でした。




★(参考)この2年後の、2016年の、

「第40回日本基督教団総会を訪れて」記事は、

以下のアドレスをクリックするとご覧になれます。





このほかにも、京北教会ブログの一環として、

様々な教会などを訪れた「あちこち訪問記」のアドレスは、

以下です。よろしければご覧ください。



イメージ 1

東京の池袋駅を降りて、徒歩5分。
ホテルメトロポリタン。

全国の17教区から400人の議員が集まるには、
交通費の問題で、東京が最適だそうです。

そして広い会場、様々な事務作業の部屋など、
必要なものがすべて整っているので、ここが、
毎回の会場に選ばれています。

イメージ 2


総会は3階の大広間で行います。
総会の正議員が400人。
ほかに准議員、傍聴者、事務局職員、
総会ボランティアの方々などなど、
総計で500人近い人が、
これから入ります……。


イメージ 3


イメージ 33

まずは受付でチェックイン。

教区ごとに分かれて手続きします。


イメージ 4

ロビーでは準備の方々がたくさん働いています。
みなさまのご奉仕に感謝。

ロビーには、このあと、
コーヒー販売やミニバザー、
図書販売などのコーナーが設けられます。


イメージ 36

いろいろな資料や案内、総会ガイドブックなど、
一式の入った封筒を受付でいただきます。


イメージ 34

イメージ 5

500人が入ることのできる会場は、
さすがに広い! 後ろのほうは見えません。
教区ごとに分かれて座ります。
京都教区は最前列です。

イメージ 6

会場の後部から見た光景。
広い広い……。


イメージ 40

議員席の机に、議員番号が付いています。



イメージ 31

定刻が近づき、ほとんどの議員が来たようです。
いよいよ、400人を越す人の集う、教団総会です。


イメージ 32

開会礼拝が始まりました。
讃美歌の大きな歌声が響き渡ります。

1曲目は、
讃美歌21─7番「ほめたたえよ、力強き主を」。


イメージ 24

奏楽のオルガンは、
オランダ・ヨハネス社製の「スウェーリンク25」。
河合楽器製作所の提供とのこと。
総会ガイドブックにそう書いてありました。

会場に搬入するのが一苦労だったでしょう。

イメージ 25

美しい音色の奏楽により、
3回の礼拝のたびに大勢の歌声が導かれていました。
3日間、奉仕された、
奏楽者の方に感謝いたします。

さて、開会礼拝が終わり、
会場準備も整い、
総会の会議が始まります。


イメージ 7

上の写真は、総会議長による報告です。
この2年間を振り返って。
東日本大震災復興救援の働きも語られました。


イメージ 26

休憩に入りました。
3時から宿泊室に入ることができます。

相部屋のはずが、なぜかシングルでした。
気が楽で、ありがたい……。


イメージ 8

再び会場へ。
上写真は、海外の教会からの来賓挨拶のとき。

台湾からの来賓の方より教団議長に、
ストールがプレゼントされました。
みんなで拍手して感謝の意を表しました。

このあと、韓国からの来賓の方からも、
ストールのプレゼントがありました。

イメージ 9

夜になり、総会を休会して、
夕食の時間になりました。

500人で食事するわけにはいかないので、
会場を出て、近くのあちこちのお店を探して、
各自で夕食をとることになっています。

こうした休憩時間に、久しぶりの方々とお会いし、
近況を報告しあって、ともにお話したり、
ワイワイと食事できることは、幸いなことです。



イメージ 23

岡山で私の後任者だった後輩と再会し、
今年度末で転任されるとのことを、
この総会会場で、初めて聞きました。

そして、上の写真の通り、
最近の教会の週報や会報、
そして、礼拝堂改修を記念して作成された、
教会の写真ハガキセットを、いただきました。
どうもありがとう!
美しい教会、暖かな思い出。

教団総会は、こうして、
出会いや再会、
また、旅立ちを知るときでもあります。







イメージ 41

さて、夜の9時に1日目の会議が終わるのですが、
その後に、「報告審査委員会」が開かれ、
総会の各種報告の形式について審査をします。

その委員にあたったので、深夜まで、
みっちり作業をしました。






そして翌日、2日目。
朝食はホテルのバイキング。

朝8時半から、「逝去者記念礼拝」。

イメージ 39

400人での讃美歌が響きます。

讃美歌21─385番「花彩る春を」。


イメージ 27

そのあと、午前中の会議が続きます。


イメージ 43

もちろん、ところどころに休憩が入ります。

ロビーの、一杯100円のコーヒーの出店には、
休憩時、いつも人が並んでいました。

そして、昼食休憩の時間が来ました。

昼食は、久しぶりに会った、
大学の同級生と食べました。




イメージ 10

上の写真は、2日目の午後、
DVD上映による二つの報告会のときのもの。

会場の後部にスクリーンがあるので、
議員席からくるりとイスの向きを変えて、
見るようになっていました。

イメージ 11

こちらは、一つ目の報告会。
教団の「中高生・青年大会」の写真報告。
スタッフを含め370名が集ったとのこと。
すごい人数ですね。これからの展開を祈ります。

イメージ 12

こちらは二つ目の報告会。
東日本大震災復興の活動について。
被災した教会の会堂再建と、
地域の細やかなボランティア活動。

国内・海外からのたくさんの献金がなされて、
一つひとつ有意義な働きがなされたことが、
よくわかりました。


イメージ 13

休憩時間。
広い休憩室にも、震災の被災地支援を示す、
写真パネルが多数展示されました。

震災から時が過ぎ、
日本キリスト教団としての様々な支援活動も、
やがて内容の転機を迎えるのかもしれません。
今後の課題でしょう。

しかし、神様への祈りを共にすることにおいて、
私たちがつながり続けることには、
何の変わりもないと思います。

イメージ 14

会場のロビーでは、いくつかのブースがあり、
自主製作した教会イラスト素材集を販売する方も。
総会終了間際には、完売に近い様子でした。
おつかれさま!


イメージ 28


さて、休憩が終わり、再び総会です。
本当に人が多い……。

初めて出席した者としては、
この会場の雰囲気に、「飲まれる」気がしました。


イメージ 15

そうこうして、2日目の総会が終了しました。

イメージ 38

夕食へ、そしていろいろな会合へと、
みなさんそれぞれの目的へと向かいます。


イメージ 16

夜7時半過ぎから、総会会場では、
毎回恒例の、人権問題についての、
牧師・信徒の有志の劇が上演されます。

「教会と部落差別」の問題に焦点をあてて、
よく工夫したシナリオで熱演してくれました。
プロジェクターによる演出が斬新でした。

イメージ 17

観衆は100名程度。


イメージ 44

このあとの時間、夜9時過ぎから、
昨日に続いて、会場内の一室で、
2回目の「報告審査委員会」が開かれました。

その後に報告のための書類作成をして、
深夜1時までかかりました。

書類作成のために、
教団事務局がノートパソコンを貸してくださり、
本当に助かりました。感謝!





イメージ 42

そして3日目、総会最終日。

朝9時から、聖餐式を行う礼拝をします。

400人以上分の、

パンとぶどう酒が用意されています。



イメージ 18

広い会場で配餐する議員の方々、

ありがとうございます。


イメージ 35


総会の聖餐式において、

一人ひとりが、

全体の400分の1か、500分の1にあたる、

パンをいただきました。


パンを見て、ふと思う聖書のことばがあります。




 イエスは言われた。

 「まず、子どもたちに十分食べさせなければならない。

  子どもたちのパンを取って、小犬にやってはいけない。」

 ところが、女は答えて言った。

 「主よ、しかし、食卓の下の小犬も、

  子どものパンくずはいただきます。」

           マルコによる福音書 7章27〜28節


 

 これは、もちろん、聖餐式に関わる言葉ではないのですが、

 聖餐を受ける人の心に響く言葉ではありましょう。


 わたしたちも、パンくずを求める小犬のように、

 神様の恵みを素直に求めてみようか……。








イメージ 29

休憩をところどころ入れながら、
総会が続きます。


イメージ 19

上の写真は京都教区の議長が発言しているところ。
決められたマイク席まで行って発言します。


イメージ 20

上の写真は、総会速報。

これをすぐに作って印刷して、

会場で配布するのは大変でしょう。

総会では、諸報告、決算、予算案などの審議と共に、
議長、副議長、常議員の選挙が行われます。

そのたびに印刷や書類運びを行う、事務局の方々は、
本当に大変だと思います。ご奉仕に感謝します。


そのほか、目に見えないところで働かれた、
たくさんの総会ボランティアの方々に感謝です。

イメージ 30

会場ロビーで、いろいろな方々が、
旧交を温め、挨拶し、話をしています。

こうした光景が、休憩時にいつも、
あちこちにありました。

こんな大勢の方々が、
全国から集まる機会は、
他にありません。
とても貴重なときです。



イメージ 21

3時に教団総会が終わりました。

全国へ、みなさんが帰っていかれます。



イメージ 22

都会のど真ん中ですが、
ここにも自然があり、秋がありました。

小さな秋を、街角のなかに見つけるだけでも、
心は広がっていきます。

初めての、教団総会出席。
正直、「おのぼりさん」のような気持ちで行きました。

それでも、得難い経験をした気がします。


何にも手が届かずにいるようなときにも、
小さな良いことを一つ見つければ、
それだけで心は広がっていくのだと……。









   イエスはさらに言葉を続けられた。
   「子たちよ、神の国に入るのは、なんと難しいことか。
    金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方が、             まだやさしい。」

   弟子たちはますます驚いて、
    「それでは、誰が救われるのだろうか」と互いに言った。

   イエスは彼らを見つめて言われた。
   「人間にできることではないが、神にはできる。
    神は何でもできるからだ。」

                        マルコによる福音書 10章25〜27節

                                      (総会の開会礼拝の聖書箇所)


























この記事に


.


みんなの更新記事