京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立109年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 16



日本キリスト教団 苫小牧弥生教会を訪れて

(2016.2.14作成)



イメージ 1


雪、雪、雪の車窓風景。

 札幌から苫小牧へ向かう、日曜朝の光景です。





 ──苫小牧弥生教会を訪れて──


 2016年 1月24日(日)訪問


    この時期、京北教会牧師は、北海道へと旅をして、

  札幌、千歳、苫小牧を訪ねる機会がありました。

  一週間の冬期休暇をいただき、

  札幌での会議出席を兼ねて行きました。



イメージ 7

 苫小牧弥生(とまこまい・やよい)教会。


イメージ 3

 よく晴れた天気に、雪が、空が、輝いています。

 教会の前は広い駐車場。

 北海道は広いので、遠隔地からも車で礼拝に来られます。

イメージ 4

 そして、隣接して教会と一体の、かおり幼稚園は、

 幼保一体型の認定こども園で、園児は120名以上とのこと。

 全体として、とても大きな建物です。

イメージ 11

 教会のすぐ隣が幼稚園って、いいですね!


イメージ 5

 この日、本当に天候に恵まれました。


 左側に、幼稚園の送迎バスが写っています。

 大きな園バスが3台ありました。


イメージ 6

   遠方から見ると、建物全体の大きさを感じます。

 雪に耐えるように頑丈な作りの、素敵な教会、

 そして幼稚園です。

 駐車場スペースがたっぷりあるのは、

 さすが北海道の教会・幼稚園だなあ、と感心します。



イメージ 8

 教会玄関。説教掲示板が大きくて読みやすい。

 玄関は、寒さを防ぐために、二重構造になっています。


イメージ 9

 玄関を入ると、雪かき道具一式が置いてあります。


イメージ 10

 玄関に続いて、広いロビーがあり、そこにコピー機などもあり、

 事務作業もできるし、くつろぎの場にもなるし、

 よく考えられているなあと感心しました。

 
イメージ 2

 日曜の礼拝に、たくさんの方々が集っていました。

 子どもたちも一緒です。

 パイプオルガンが素敵な響きでした。

 礼拝説教も力強くて、よくわかりました。

 
 そして礼拝後に、

 出席者をご紹介していただき、光栄でした。

 みなさん、ありがとうございました。

 22年振りにお会いする方々がおられました。

 心が動きましたよ。


   礼拝後の昼食として、

 具がたくさん入った、うどんをいただきました。

 寒い日に、とても美味しく、感謝していただきました。

 ご用意をありがとうございます!


 うどんを食べながら、みなさんとお話しているときに、

 主任牧師から、この日の写真のブログ掲載の許可を、

 いただきました。ありがとうございます。感謝申し上げます。


イメージ 12

   京北教会牧師は、実は、22年前に、

 この教会で、礼拝説教をさせていただいたことがあります。

 ずいぶん遠い記憶となりましたが、

 大切な親族の逝去後の、記念会の日のことでした。


イメージ 13

   現在の会堂・幼稚園は、20年前に移転新築されたもので、

 この壁の絵が、前の教会の様子を伝えています。

 現在と似た雰囲気で、やはり隣に幼稚園が一体でありました。


イメージ 14


 礼拝堂の壁の、この手作りの飾りは、

 以前の教会建物の礼拝堂にもあったとのこと。

 全てが新しくなっても、変わらないものがあることは、

 うれしいことです。


イメージ 17


 たくさんのことを思いながら、苫小牧をあとにしました。












イメージ 15


 2月11日(木)、東京での、姪の結婚式に出席しました。

 お二人、そして関係のみなさま、

 本当におめでとうございます。


 たくさんの人が集った披露宴は、

 多くの方々のご協力をいただいて、

 とてもよく準備されていて、素晴らしかったです。

 



 22年前、34才で突然の心不全により、

 天に召された、姪の父の宮澤豊さんは、

 苫小牧弥生教会の牧師でした。


 彼の葬儀、そしてその後の記念会で訪れた、

 苫小牧弥生教会に、あのとき以来初めて、

 このたびの1月に訪れることができました。


 そして2月にはうれしい式に招待されて出席できました。

 ただただ感謝がつのるばかりです。


 ありがとう神様。









この記事に


.


みんなの更新記事