京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立109年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 18


──丹後宮津教会を訪れて 2017──

2017年 7月 25日(火) 

(京都教区の三役による教会訪問として)


創立127年を迎える教会です!

今回のブログ記事掲載を、丹後宮津教会役員の方々から、
ご快諾いただき、感謝申し上げます。

イメージ 19
(上写真は、晴れの日の教会写真として、京都教区HPから借用させていただきました。感謝!)


イメージ 4

雨のなか、教会を訪問しました。

住宅街のなかにある教会です。

近年、外壁や内装を改築され、綺麗に整えておられます。


イメージ 15

教会の看板は手作りの木製品。字に合わせて切ってあります。


イメージ 7

日曜日の礼拝はAM10:00から。

ご遠慮は不要、どなたでもご自由に出席できます。

日本キリスト教団京都教区の教師2名で教会を支えます。

(1人は主任担任教師、1人は巡回教師)
イメージ 6
〒626-0044 宮津市吉原2546

T. 0772-22-4506 F. 0772-22-4542

創立:1891年4月19日

主任担任教師:韓 亨模(はん ひょんも)

礼拝:毎日曜日10時から

教会学校、出張伝道あり。


以上の地図と教会データの提供は京都教区HPより。感謝です。




「丹後宮津教会125年」の歴史案内が、

 スライド風にYouTubeにアップされています。

以下のアドレスをクリックするとご覧いただけます。
 




FEBC(キリスト教ラジオ放送局)による、

丹後宮津教会への取材記事を、

以下のアドレスを、クリックするとご覧いただけます。






イメージ 3

一戸建ての普通の家に見える外観。

イメージ 5

玄関を入ると受付があります。

教会の標語は「地域と共に。開かれた教会を。」

上の写真は昔の会堂のようです。


イメージ 8

週報棚の前に、手書きの出席ノート。

丹後ちりめんの飾りがその横に。


観光地の天橋立が近いので、観光客で来て、

日曜の礼拝に来られる方が結構おられるとのこと。


一人でもたくさんの方々が、

この教会を訪れますように祈ります。


イメージ 9

広くて天井が高い、明るい礼拝堂。

50人ぐらい入れるでしょうか? もっと?


イメージ 10

教会の外観からは想像できない、

大きな礼拝堂です。


イメージ 11

十字架の下に、地域特産の丹後ちりめんを用いた装飾。

地元愛を感じる礼拝堂です。

地域の生活に根付いた教会だと感じました。


イメージ 12

礼拝堂後部。2階席もあります。

下は集会室。


イメージ 13

お茶と地元の和菓子(「知恵餅」)をいただきました。感謝!

集会室の机上にも丹後ちりめんの装飾(打ち掛け)。


イメージ 14

地域の美しい特産品を教会へ。

いいなぁと思います。

イメージ 16

この教会で礼拝を献げて、

地域に生きる皆様のことを思いました。


イメージ 1

近々、「オープンチャーチ」として、

小礼拝と演奏会を地域に向けて開催されるとのこと。

役員の方々がスマホのLINEで打合せしておられました。


様々なことを考えて、教会を心豊かにしておられることに、

感銘を受けました。


今回、教区三役として、

役員の方々と歓談する機会が与えられ、

心より感謝申し上げます。



イメージ 2

この日は雨の日でした。

さあ、次の目的地へ出発です。

教会の皆様にお見送りいただき、

ありがとうございました。



丹後宮津教会のみなさまに、

天の神様の祝福をお祈りいたします。



イメージ 17

「種を蒔く人に種を与え、

パンを糧としてお与えになる方は、

あなたがたに種を与えて、

それを増やし、

あなたがたの慈しみが結ぶ実を成長させてくださいます。」


コリントの信徒への手紙2   9章10節























この記事に


.


みんなの更新記事