京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立110年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


 福岡警固教会を訪れて 2017

2017年8月29日(火)

(福岡「けご」教会と読みます)

イメージ 2



8月28〜29日(月〜火)に九州キリスト教会館で行われた、
「第9回西日本同信伝道会」終了後、
訪問して教会を見せていただき、
西岡裕芳牧師に、ブログ掲載の了解をいただきました。
感謝申し上げます。




 ★他に、京北教会牧師が、京都を中心に、
  各地の様々な教会などを訪れた記録の、
  「あちこち訪問記」のコーナーをホームページに作っています。
  下記のアドレスをクリックすると開きます。

      「あちこち訪問記」



イメージ 3

オフィスやマンションの建ち並ぶ一角にあります。
レンガ壁にツタが前面にはっています。

日光の強い日で、逆光で写真が鮮明でないことをご容赦ください。

イメージ 4

歴史の風格を感じる美しい教会です。
教会のルーツは旧「日本組合基督教会」にあります。
すなわち、同志社系の会衆派教会。
現在は日本キリスト教団九州教区の教会です。


イメージ 5

とてもシンプルで清楚な礼拝堂。

イメージ 20

床は改修工事で、
板の床からカーペットに張り替えたばかりだそうです。
とても綺麗です。

イメージ 6

素晴らしいパイプオルガン。
礼拝堂の大きさに合った、ちょうどのサイズです。


イメージ 7

同じオルガンを、写真の露出を変えて撮影。
細部がわかります。

イメージ 16

リードオルガンもあります。
1926年製造の日本楽器横浜工場の製品。

イメージ 17

内部に保証書が貼ってありました。


イメージ 8

講壇付近。シンプルな造形が落ち着きと風格を示します。

イメージ 18

講壇横のステンドグラス。


イメージ 9

礼拝堂後部。
長椅子のほかにイスを並べて、
たくさんの方々が座れるようにしています。
二階席もあります。

イメージ 14

礼拝堂の窓にツタがはっています。


イメージ 10

教会の窓にツタの葉、この光景は本当に素敵です。
絵になる教会。

イメージ 15


イメージ 11

イメージ 12

教会堂の全面にツタ。
冬にはまた別の眺めになるのでしょう。
歴史ある教会堂を見学させていだき、感謝です。


イメージ 19

壁全体に生い茂るツタ。
見ると「壮観」の一言です。

けれども、その一枚の葉に目を留めるときには、
全体がただ壮観というだけではありません。

命の小さな現れとしての、
一枚の葉が持つ力があります。

その葉の重なりや、つながりを生み出す、
根から一本につながっていることに、
まことの力があります。





イメージ 13


福岡警固教会のみなさまに、主の恵みを祈ります。





「主は天を雲でおおい、

大地のために雨を備え、

山々に草を芽ばえさせる。

獣や烏のたぐいが求めて鳴けば、

食べ物をお与えになる。

主は馬の勇ましさを喜ばれるのでもなく、

 人の足の速さを望まれるのでもない。

主が望まれるのは主を畏れる人、

主を待ち望む人。」


詩編 147編 8〜11節











イメージ 21

お元気で。またお会いしましょう。










































この記事に


.


みんなの更新記事