京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立110年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1


 ──同志社教会を訪れて──
2011年 1月1日(土)

元旦、京都南部地区の新年合同礼拝


 2011年1月1日(土)元旦の日に、
 日本キリスト教団 京都南部地区の主催で、
 「新年合同讃美礼拝」が同志社女子部の栄光館
 (ファウラー・チャペル、ファウラー講堂)で行われた。

 上の写真は、栄光館の全景。
 ここは日本キリスト教団同志社教会の、
 毎週の礼拝を行う礼拝堂でもある。




(参考) 毎年の「新年合同讃美礼拝」の報告記事は以下です。

    (緑色の文字のアドレスをクリックすると開きます)


同志社教会を訪れて2011

同志社教会を訪れて2018

 
 ★その他に、各地の様々な教会などを訪れた記録の、
  「あちこち訪問記」があります。
  下記アドレスをクリックするとご覧いただけます。

            「あちこち訪問記」






 
イメージ 12

 栄光館は同志社大学・女子大学などの講堂など多目的に用いられる。
 この日の栄光館の壇上には、礼拝用の配置がなされている。

イメージ 8

 栄光館の座席数は、一階が1000人分、二階が600人分と聞いた。

イメージ 2

     パイプオルガン。素晴らしい音色と響き。
イメージ 3

 この栄光館は、毎週日曜日には、創立130年を越えた「同志社教会」の礼拝に用いられている。現在の同志社教会の、毎週の礼拝の平均出席数は、だいたい80人台だったと記憶している。

 同志社教会は学校の創立以来の伝統を持っていると共に、専用の礼拝堂を持たない。通常はこの栄光館で礼拝するので、毎週日曜日の朝に、看板や礼拝の受付用具や週報棚や聖書・讃美歌など一式を館内の収納場所から出してきて、みんなで協力して場所に並べ、礼拝が終わるとまたみんなでしまう。学校の都合で栄光館が使えないときが年に何回もあり、そのときには別に使わせていただく校内の場所まで、たくさんの必要品を手押し車に載せて運んでは並べ、礼拝が終わるとまた運んで収納しないといけない。

 とても大変なことであるが、教会員の皆さんが率先して働き、教職や神学生と協力しあって、それらの大変な作業を毎週日曜日にこなしていた様子を記憶している。そして、そこに喜びがあったことも今、感じている。

イメージ 10

 栄光館(エルドリッジ・ファウラー・チャペル、ファウラー講堂)は、平日や日曜日の午後には同志社女子大・女子中高の行事や活動などに用いられている。また同志社大学の卒業式や講演会などにも用いられている。実にたくさんの人たちがこのチャペルで礼拝をしてきたのである。

 写真は、元旦の礼拝の始まるずっと前の時刻に写したので人があまり写っていない。このあとどんどん人が入ってきた。

 京都南部地区の「新年合同讃美礼拝」は、昨年は235名の出席。今年はどれぐらいの人が出席したのかを聞き忘れた。土曜日であることと、前日の大晦日に大雪が降ったことによって、出席者はかなり少ないのではと予想していたが、思ったよりもずっとたくさんの方が来られた。あちこちの教会・伝道所から、寒いなかを多くの方が来られた。

 礼拝が始まり、讃美歌の声が大きくあがった。

 元旦に明るい声が大きなチャペルに響くと、それだけでうれしくなる。

 
イメージ 7


 上は、栄光館の中に置かれている聖書朗読のための木製の台。とても年季の入ったものである。いつから使われているのだろうか? 

イメージ 11

 台の下部には、「我即途也」「我即真也」「我即命也」と彫られている。
これらは、ヨハネによる福音書14章6節「私は道であり、真理であり、命である」の漢文表記である。このような表記をここで初めて見たという人も多いのではないだろうか。

 この、日本(東アジアの漢字文化圏)の伝統に則した、漢文表記による聖書の言葉を見たときに、キリストの福音(良き知らせ)が日本の地に根を降ろし始めた時代の、凛とした「信仰による作風」を感じた。

 キリスト教のあるべき姿とは、アメリカ・ヨーロッパの文化的雰囲気にかぶれることではなく、信仰の恵みに出会った人が、それをすでに自分の知っている最も良いもの・大切なものを通じて、心からの表現をし、それを多くの人と共有していく姿ではないかと思わせてくれた。

 時代と地域と文化を越えた信仰がある。礼拝がある。

 学問の場、教育の場である学校と共に。

 そう信じたい。

イメージ 4
 
 構内にて。大雪のつもった中に美しく咲く花。

 元旦に、多くの人々と共に礼拝することができて、うれしかった。

(礼拝の開始前に構内で撮影した写真をこのブログに掲載させていただきました。新年合同讃美礼拝の主催者である日本キリスト教団京都南部地区、このために会場を提供してくださった同志社女子大学、元旦の日の朝からの会場準備他にご尽力いただいた同志社教会など、関係者の皆様に感謝です)


イメージ 5

 元旦の礼拝からの帰り道に車の中から撮影。

 大文字に雪がつもって、白い大文字になっている。

 珍しい光景かも?

 (このブログのこの箇所で、当初「大文字焼き」という表記をしていましたが、これは表面的な表現であるゆえに京都の住人からは好まれておらず、行事にこめられた信仰的な意味を正確に表して「大文字五山送り火」または単に形をいうならば「大文字」と表記することが適切ではないだろうかとの懇切丁寧な、心のこもったご指摘をブログ読者から直接いただきました。ありがとうございました。そのようにさせていただきました)

イメージ 6

 帰ってくると、教会の庭に、住居の窓を通してつもった雪が見え、そして庭の夏蜜柑の橙色や紅い花の色がその中に輝いている。

 寒い日の光景も、部屋の中から見ると、違った印象で見ることができる。白い雪の中にほんのり浮かぶ橙や紅の色に、暖かさを感じる。

 寒い冬の中でも、自然が私たちに与えてくれるぬくもりに気づく。


イメージ 9

雪のあとの京北教会。

元旦の礼拝を終えて、ここに帰ってきた。

ここがわたしたちのところ。

暖かいところ。





この記事に


.


みんなの更新記事