京北教会ブログ「虹の架かる教会」 創立111年目の歩み

京都市下鴨、日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会です。HPもご覧下さい。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全100ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ここしばらくのこと

              
  パソコン機材の不調その他のことから、
  しばらく定期的なブログ更新を休止します。
  ご容赦ください。  京北教会 牧師 今井 牧夫


 ・滞っていた、ここ3週間ほどのブログを以下の通り作成しました。

 ・5月26日(日)付ブログ「沖縄・志真志伝道所を訪れて」をUPしました。
  以下のアドレスを画面上でクリックすると開きます。
  https://blogs.yahoo.co.jp/arigatou4493/19222099.html

 ・5月19日(日)付ブログ「紫野教会を訪れて(2019献堂式)」をUPしました。
  以下のアドレスを画面上でクリックすると開きます。

 ・5月13日(月)〜14日(火)「京都教区総会2019を訪れて」をUPしました。
  以下のアドレスを画面上でクリックすると開きます。
  https://blogs.yahoo.co.jp/arigatou4493/19221292.html

 ・5月12日(日)付ブログ「教会ファミリーの日」は、
  以下のアドレスを画面上でクリックすると開きます。
  やっと、5月24日(金)に、12日の焼きそば作りのときの写真をアップしました。




  ここしばらくのブログに掲載しなかった写真を、
 とりとめもありませんが、以下にいくつか……。

イメージ 8
6月9日(日)ペンテコステ(聖霊降臨日)礼拝を行いました。
午後は貸切バスで教会納骨堂に行き、納骨式と墓前礼拝をしました。
天候に恵まれ、そよ風が心地よかったです。

イメージ 9
上記の納骨堂に、午前中の礼拝のときに礼拝堂に活けていた花を、
持参。午前の礼拝と墓前礼拝は、祈りのなかでつながっています。

イメージ 1
          5月19日(日)礼拝後のお茶のときに出していただいた、
          Fさんの家の庭でとれたサクランボ。
          小さくて甘くて美味しかったです。
          ありがとうございます。 
  
イメージ 2
5月18日(土)愛知県での筆者の甥の結婚式に出席しました。
司式は北海教区の留萌宮園教会の三浦忠雄牧師。
遠方からはるばる、ありがとうございました。

イメージ 4
式のあと、祝福されて退場する二人への紙吹雪。

イメージ 3
とても楽しい披露宴でした。皆様に感謝。

イメージ 5
5月25日(土)那覇空港着。今回、沖縄教区総会へ、
筆者が京都教区から派遣されて傍聴出席しました。

イメージ 6
那覇空港から、ぎのわんセミナーハウスがある宜野湾市までは、
高速バスで行きます。停留所が沖縄建築のデザインでした。

イメージ 7
2泊した、ぎのわんセミナーハウスでの朝食。
ニンジンのチャンプルー(炒め物)が栄養たっぷりで美味しかったです。
沖縄教区総会では、様々な方々にお世話になりました! 感謝です。





    以上です。
   

















































イメージ 16

              日本キリスト教団 
     ──志真志伝道所を訪れて──  
         
         2019年 5月 25日(土)〜27日(月)

    
沖縄県の宜野湾市にある「志真志(しまし)伝道所」は、
   沖縄キリスト教センター・ぎのわんセミナーハウスの中にあります。
          今回、そこで開催される沖縄教区総会に、
     京都教区からの派遣により、傍聴出席するために訪れました。
         筆者が沖縄に行くのは27年振りです。

           
イメージ 2

 志真志伝道所は、沖縄キリスト教センター・ぎのわんセミナーハウスの、
 一室を礼拝所にしています。
 センターが建てられるとき、「ここに教会を新しく作りたい」と、 
 沖縄教区の皆様が祈りを持って構想し、創立されました。
 首里教会から何名かの方が移籍して出発してから、20数年経ちました。
 現在は礼拝平均15名程度で歩んでおられます。
 主任牧師は望月智(もちづき・さとし)さん。

 今回のブログへの写真記事掲載につき、志真志伝道所の望月智牧師より快くご承諾をいただきました。ありがとうございます。同伝道所の皆様に感謝いたします。

イメージ 1

イメージ 3

イメージ 18
 沖縄キリスト教センター・ぎのわんセミナーハウスは大きな建物です。
 会議室や研修宿泊ができる部屋がいくつもあり、
 マンスリーとして長期滞在できる部屋もあります。
 
上写真はセンターの隣のコンビニ店の駐車場から撮影。
 コンビニが隣にあって便利でした!


イメージ 4
  沖縄キリスト教センター・ぎのわんセミナーハウスの玄関。
 志真志伝道所への礼拝出席も、ここから入ります。
 (礼拝堂へのスロープの道も別にあります)

イメージ 5
  玄関から入ったところ。正面は図書コーナー。
 写真に写っていない右手にレストラン。
 写真右側に、セミナーハウスの受付があります。

 写真左手には、大きなホール会場。
イメージ 24
 日曜16:00から月曜17:00までの、
 沖縄教区総会の準備がすでになされていました。

 さて、志真志伝道所はどこにあるのでしょう?
 
イメージ 7
 志真志伝道所の礼拝堂は、
 セミナーハウスの玄関入ってすぐ左手の、
 階段を上った2階にあります。
 (屋外からスロープで礼拝堂に上がることもできます)


イメージ 6
 
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 40
礼拝堂後部。

イメージ 10
礼拝堂の長椅子は、手作りとのこと。(すごい!)
聖餐式のグラス保持用の穴あけもされています。
とても座り心地がよく、落ち着きました。

イメージ 11
講壇付近。

イメージ 22

イメージ 12
礼拝堂の後部にある入口は、
外のスロープ道へつながります。
(写真左手の入口が屋内の階段から2階へ上がったところ)

イメージ 15
こちらも志真志伝道所の玄関です。

イメージ 14
こうしてスロープに続いています。
筆者が礼拝に出席した日、実際に車イスで、
この道を使って出席された方がおられました。
教会として、こうしたバリアフリーは大切ですね。

イメージ 13
明るい礼拝堂です。
写真には写っていませんが、礼拝堂の中後部に大きな窓があり、
明るい光が入って爽やかな気持ちでした。
筆者は5月26日(日)10:30〜11:30の礼拝に出席しました。

<志真志伝道所の礼拝式次第>(この日)

前 奏
招きの言葉 詩編67:6
讃美歌 2編55「主イエスは死に勝ち」
主の祈り
交 読 詩編34:2〜11
讃美歌 21-425「こすずめもくじらも」
聖 書 エフェソの信徒への手紙 2:14〜22
ヨハネによる福音書 21:15〜19
祈 祷

こどものきょうかい
さんびか 子どもさんびか 53(讃美歌21-507)「しゅにしたがいゆくは」
 おはなし「へいわってすてきだね」(絵本読み聞かせと共に)
 おいのり
 けんきん・おいのり 548「ささげまつる」
 しゅくふく・はけん
  (こどものかつどう 232号室)

使徒信条
説 教「キリストは私たちの平和」
祈 祷
讃美歌 352「あめなるよろこび」
献 金
献身の祈り
頌 栄 544「あまつみたみも」
祝福・派遣
後 奏
紹介・報告

イメージ 26
週報入れは、布製のポケット型。温かみを感じます。

礼拝後、15名ほどの出席者の皆様が、
筆者を迎えて、一人ひとりご挨拶してくださいました。
筆者も自己紹介をさせていただきました。
こうした交わりの場をもってくださり、
うれしかったです。ありがとうございました!
そのあと、茶菓で自由に懇談した後、
自由参加の祈祷会をして解散しました。

イメージ 17
ぎのわんセミナーハウスの1階に降りて、中庭の光景。
爽やかな風が吹く、南国の空気を感じました

このとき、梅雨に入る前の、
沖縄で最も過ごしやすい気候の時期とのことでした。

イメージ 20
ぎのわんセミナーハウスでは、様々な活動が行われています。
上写真は、沖縄の豊かな自然のなかを歩くプログラム。

イメージ 23
1階大ホールには「沖縄教区総会」の準備で、
コの字型に席が用意されています。手前が傍聴者席。
日曜日の16:30の開会礼拝に始まり、筆者は京都教区からの派遣者として、
総会の傍聴を許可していただきました。感謝です。

イメージ 27
礼拝後、昼食に沖縄そばの店に行ったあと、
宜野湾市の「嘉数高台公園」に行きました。
ここは、太平洋戦争末期に、沖縄に上陸した米軍と日本軍が戦い、
無数の兵士と民間人が戦死した場所です。

イメージ 28
日本軍が立てこもった壕(ごう)の跡。

イメージ 29
戦後に京都府が立てた慰霊碑。
京都出身のたくさんの兵が、ここで戦死しました。
碑には戦争が二度と起こらないことへの願いが記されています。

イメージ 31
遠くに見えるのは、米軍が使用する普天間飛行場。


イメージ 30
地球の形をした展望台があります。
この日、偶然にも京都市内の中学生が、
ここに修学旅行でたくさん来ていました。

筆者も上ってみました。

イメージ 32
遠くに宜野湾の海が見えます。

イメージ 33
設置された案内板の向こうに見える普天間飛行場。
飛行場の近くにあとから住宅地ができたのではなく、
人の住むところに飛行場が作られました。
一日も早く、土地の返還がなされますように。
そのことは、沖縄だけでなく、
日本の、そして世界の人の願いでありましょう。

イメージ 38
飛行場の近くの沖縄国際大学には、
米軍機のヘリコプターが墜落したときの、
焼け焦げた木の跡が残されています。
(焼けた校舎は建て替えられています)
公園に行ったあと、ここに案内していただきました。

イメージ 36
嘉数高台公園の展望台を降りて歩いていると、
ガジュマルの木。南国ならではの光景です。

イメージ 37
これは、沖縄の桜の木。
花が咲くところを見てみたいものです。

イメージ 34
公園のなかに、何か不思議なものが……。

イメージ 35
沖縄のシーサー(獅子)の像。
数百年前からと思われるものだそうです。
沖縄の伝統文化を今に伝えています。

沖縄では、家の門などにシーサーがよく置かれています。
魔除けの意味を持つそうです。

イメージ 19
筆者は今回、ぎのわんセミナーハウスに2泊しました。

筆者が、ぎのわんセミナーハウスに来るのは、
1992年に兵庫教区「沖縄・青年交流の旅」に参加して以来のことです。
セミナーハウスができたのは1986年。
イメージ 25
遠い昔のことのように思えますが、
こうして、また来ることができたことは幸いです。
セミナーハウスの皆様に感謝いたします。

イメージ 39
そして今回、志真志伝道所の望月牧師と皆様、
そして沖縄教区総会において様々な方に、
とてもお世話になりましたことを、
心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

イメージ 21
ぎのわんセミナーハウスの裏手に置かれた、
小さなシーサー(獅子)の像。

ここにも、シーサー。




こんな何気ない光景を見たくて、また来ます、きっと。


























































イメージ 17

              日本キリスト教団
        ──紫野教会を訪れて──

              2019年 5月19日(日)15:00
          <新会堂の献堂式>

イメージ 16
(上2枚の写真は別の晴れた日に撮影)
イメージ 2
 (紫野教会は「むらさきの」教会と読みます)

〒603-8114 京都市北区紫竹下高才町1
T. 075-493-1992 F. 075-493-2002
創立:1936年5月16日
主任担任教師:渡邊 大修(わたなべ ひろのぶ)
礼拝:毎日曜日10時30分から
祈祷会:毎水曜日19時30分から
聖書研究会、教会学校あり
ホームページ:http://www.eonet.ne.jp/~murasakino-ch

 上記の地図と教会データは京都教区HPより。ご提供に感謝!



 <旧会堂について>
 2016年に、その当時の会堂で行われた、
  渡邊牧師の就任式を訪れた際の様子を、
  「紫野教会を訪れて(2016)」としてブログに記録しています。
 下記アドレスを画面上でクリックするとブログ記事が開きます。



  今回のブログへの写真記事掲載にあたり、
  渡邊大修牧師から快くご了解をいただきました。
  同牧師と、
紫野教会の皆様に心より感謝申し上げます。


イメージ 18

  新しい、紫野教会の会堂。
  この日は少し曇りの日でしたが、涼しくて、
   ちょうどよい気候と感じました。

イメージ 19
 凛とした、大きな会堂。

イメージ 5

イメージ 3
 学校法人の認定子ども園、紫野幼稚園があります。

イメージ 4
 教会玄関はこちら。建物の東側。

イメージ 24

イメージ 6
 1階に広い礼拝堂。出席者が集まり始めています。

イメージ 7
 講壇付近。

イメージ 8
 礼拝堂の南側は園庭に面しています。

イメージ 9
 2階ホール。茶話会の準備がなされています。

イメージ 10
 新しい、美しい園舎。

イメージ 11
 献堂式の礼拝が始まりました。
  みんなで讃美歌を歌います。

イメージ 12
 渡邊大修(わたなべ・ひろのぶ)牧師から力強い説教がなされました。



献堂式(礼拝)のあと、筆者は茶話会の前に、
所用で教会をあとにしました。

この日、85名が献堂式に出席されたと後日聞きました。

たくさんの方々の祈りがひとつになって、
この建物が生まれました。

イメージ 14
神と人に仕えるための場として、
この建物が、教会の礼拝や幼児教育など、
様々な働きのために、
これから豊かに活用されますように、
心よりお祈り申しあげます。

イメージ 13
かわいらしいステンドグラス。
興味を持たれた方は、
この教会のどこに設置されているか、
探してみてください。

イメージ 15
献堂式の記念品をいただきました。
会堂建築の報告書と、教会のイラスト入りのクリアファイル。
どちらも素敵に作られています。

イメージ 21
上写真は以前の会堂です。

イメージ 22
上写真は2017年11月に、
紫野教会のポストに筆者が届けものをしたときに撮影した写真。
当時、前の建物が撤去され、ポストと掲示板だけがありました。


イメージ 23
そして、2018年3月、新会堂が完成しました。
教会と幼稚園の看板の位置は、ずっと変わっていません。
以上、ときの経過を並べさせていただきました。



イメージ 1
そして迎えた2019年の献堂式の日。


イメージ 20


この日、天の神様から、
一人ひとりの方々に、
新しい気持ちが与えられたと思います。

そうして、皆様が新しい祈りを献げた、
幸いな一日でした。

     紫野教会のみなさま、献堂式おめでとうございます。
     今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
     
















































イメージ 1

        日本キリスト教団
 ──京都教区総会2019を訪れて──

                2019年5月13日(月)〜14日(火)
             於 京都丸太町教会

イメージ 2
イメージ 3
京都丸太町教会
礼拝:毎日曜日10時15分から

夕礼拝:毎日曜日19時30分から
祈祷会:毎水曜日19時30分から
聖書研究会:毎木曜日10時から
キリスト教入門講座、教会学校あり

京都丸太町教会の公式ホームページが、
以下のアドレスを画面上でクリックすると開きます。

 今回の当ブログへの写真記事掲載につき、京都丸太町教会の大賀幸一牧師にご承諾いただきました。
 ありがとうございました。大賀牧師と教会の皆様に感謝申し上げます。

イメージ 4

  日本キリスト教団 京都丸太町教会。

  京都丸太町教会の皆様は、今回の京都教区総会で二日間に渡り、
  教会全体を会場として提供してくださいました。
  また、1日目の昼食のご用意や機材の準備など、
  物心両面に渡り、大変にお世話になりました。
  心より感謝申し上げます。
  本当にありがとうございました!


イメージ 5
教会は丸太町通りに面しています。

イメージ 15

(ここまでは前日までの写真)


イメージ 6

イメージ 7
 5月13日(月)9:30受付開始。

イメージ 22
 総会準備委員会の皆様、お世話になりました。
 学生スタッフの方々、よく働いてくれました。
 みなさまに感謝です。

イメージ 16
 上写真は、総会からさかのぼる5月10日(金)、教区センターで、
 正議員・准議員を含めて総計270名分の、
 教区総会資料の封筒詰め作業のとき。
 学生スタッフを含めた総会準備委員会の仕事です。
 皆様、お疲れ様でした! 感謝。

イメージ 18
 上写真は、総会の前日、5月12日(日)16:00〜の準備。
 礼拝堂の長椅子に、議員番号を付けていきます。
 集まった総会準備委員会のスタッフの皆様に感謝。

イメージ 13
 さて、総会当日。
 10:00からの開会礼拝に向けて、
 テキパキと受付作業が進みます。
 

イメージ 8
 開会礼拝の時刻が近づきます。
 出席者がどんどん増えてきました。

 そして10:00。開会礼拝を始めます。
 今回、筆者が司式者を務めました。


 開会礼拝での司式者の祈り  
 
 わたしたちの生きる意味と死ぬ意味の一切をご存じであられる、まことの主なる神様。
 わたしたちは、2019年度のいま、日本基督教団京都教区第83(合同後第53)定期教区総会のために、この礼拝堂に集いました。

 会場を提供くださった京都丸太町教会の皆様に感謝し、主のねぎらいを願います。

 去る2018年度において、京滋における76教会・伝道所はそれぞれの礼拝と宣教の歩みをして参りました。そして教会・伝道所だけではなく、キリスト教主義学校、幼稚園、保育園、施設、病院、様々な地域活動、人権活動などを含めて、すべての宣教の場において、主イエス・キリストが私たちを導かれたこの1年間を思い起こし、心より感謝申し上げます。

 京都教区の活動が、それらのすべての枝によって構成され、養われていることを感謝し、そして教区の活動が、そのすべての枝に豊かなぶどうの実りをもたらすものとして、神様に育てられますように心から請い願います。

 聖霊の風がこの教区総会に吹き、人の世に熱と光を与える、聖書の御言葉がわたしたちの心に輝く教区総会となしてください。
 そのために開会礼拝説教にあたられる教師を最善に用いてください。

 わたしたちが生きる日本社会、そして世界は、人間の罪が支配し、人間が人間を支配し、人間自らが神に代わろうとするありさまを見せています。
 
 その苦しみの時代、社会のなかで、神に創造された人間の尊厳を回復する、神様の福音の言葉とわざのなかを、私たちが喜びを持って生きることができますように。

 この祈りを、教会と世界の主、イエス・キリストの名を通して神様にお献げいたします。
                                     アーメン。


 
 今回の総会の、開会礼拝の聖書箇所は、
 マルコによる福音書6章41、42節でした。
 
 「イエスは五つのパンと二匹の魚を取り、
  天を仰いで賛美の祈りを唱え、パンを裂いて、
  弟子たちに渡しては配らせ、二匹の魚も皆に分配された。
  すべての人が食べて満腹した。」 

 この箇所に基づき、心のこもった説教を、
 「主が与えてくださった糧」と題して、
 膳所教会の大山修司牧師からいただきました。
 ありがとうございました。


 以下、筆者は、総会中は多忙のため、
 写真撮影はごく限られたものです。

 下の写真は、総会後にある方からいただきました。
 ありがとうございます。

イメージ 19




イメージ 14
 総会1日目の昼食時。
 京都丸太町教会の皆様の手作りカレーをいただきました。
 サラダも付けてくださり、おいしく、感謝してご馳走をいただきました。

 この日、なんと、130名分をご用意いただいたのです。
 ご奉仕いただいた皆様に、心より御礼申し上げます。
 ありがとうございました!

イメージ 9
  夕刻、議事が終わって17:00から協議会1。
 陪席要請した日本キリスト教団総会議長と質疑応答。
 様々なご意見がフロアから出ました。
 
イメージ 10
 18:00すぎに休憩に入り、夕食の時間です
 京都教区が関わる「バザールカフェ」による特製弁当です。
 今回は、野菜を多くしてあっさり目に作っていただきました。
 みんなで美味しくいただきました。スタッフの皆様に感謝!

イメージ 23
 夕食後に、挨拶やアピールの時間があります。
 上写真は、確かネパール・ワークキャンプの案内かと思います。
 美味しい「チャイ」(ネパールのミルクティー)を出してくれました。
 京都教区のアジア宣教活動委員会は、ネパールに青年たちを、
 ワークキャンプとして派遣する活動を長年行っています。

イメージ 11
 夕食後、協議会2。信徒の方のお話にみんなで耳を傾けました。
 20:45ごろに、1日目の予定をすべて終了しました。

イメージ 12
 翌日の総会2日目は、議事の前に9:00から、
 「准允・按手礼式 礼拝」。

 これは「じゅんいん・あんしゅれいしき」と読みます。
 これは、教団の教師検定試験に合格した人が、
 教団の補教師、正教師の資格を受ける式のことです。

 上写真は、式のあとに、教区から記念品を贈呈する場面。
 
 京都教区では慣例として、補教師には教団「口語式文」を、
 正教師には教団「新しい式文」を差し上げます。
 どちらも、教会の礼拝などで実際に用いる式文です。

 「主よ、わたしたちの主よ、
  ゆるされた喜びに満ち、いま、出かけます。
  あなたの労苦に、加わるために」

 (この礼拝で歌った讃美歌21-92「主よ、わたしたちの主よ」1番の歌詞)
  詞:佐久本正志 曲:鈴木千恵子 ⓒ日本基督教団出版局


イメージ 17
  予定の15:00を10分近く過ぎて、京都教区総会を終了しました。
 終了の定刻を守れず、京都丸太町教会の皆様に大変失礼いたしました。お詫びいたします。

イメージ 20
  総会の前から終了後まで、
 京都丸太町教会の皆様からいただいた、
 無数のご奉仕に、
心より感謝申し上げます。
 ありがとうございました。
 

イメージ 21
 こうして、京都教区総会2019が終わりました。

 
  



 そして、ここから、また始まることがあることを、
 心に思いました。










 「初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。」

            ヨハネによる福音書 1章1節
              (京北教会2019年度主題聖句)
       
         

 









  
 




































 
 


































イメージ 4

<きょうほく・きょうかい>

「虹の架かる教会」京北教会ブログ
   
「2019年5月12日
(日)「教会ファミリーの日」

 
本日の記事は、

この下の、数枚の写真の後にありますので、

ずっと下方にスクロールしてご覧下さい。
 

 
 以下は、過去(2010)のブログを読むときに便利な方法
 (パソコンで見る場合のみです。スマートフォンでは表示されません)
 
 ブログの右の欄の上のほうにある「最近のブログ」という文字を、
 クリックすると最近のブログが出てきます。
 
 右欄の中にある、「教会の四季や日常の歩み」「説教の断片など」
 「クリスマスシーズン」「京都教区の諸教会などへの訪問記」、
 などの各項目の文字をクリックすると、過去のブログを、
 それらのテーマ別に分けて読むことができます。
 
 右欄の、項目の最上段の、緑の字の「すべての記事」を、
 クリックすると、今までの全てのブログを順番に読むことができます。
 
 上記それぞれを開いたときに、ブログ欄外の上のほうに、
 赤く小さい字で「リスト」とあります。この文字をクリックすると、
 各記事の一覧表が出ますので、各記事をクリックして見られます。
 
 右欄のカレンダーの、年と月の表示の左右の三角印をクリックすると、
 年月を移動させて検索することができます。カレンダーの中で赤文字の
 日付けがブログを作成した日で、クリックでその日のブログが出ます。


イメージ 1

イメージ 2

日本キリスト教団 京北(きょうほく)教会
 
     京都市 左京区 下鴨 神殿町 17-3
 
    京都市地下鉄「北山」駅を下車、徒歩約8分

 
   「京北教会ホームページ」を、
 
   このブログとは別に作っています。

イメージ 3

   よろしければ、下記アドレスか上の画像をクリックして、

  どうぞご覧下さい!


   教会ホームページのアドレス
  ↓














 2019年 5月12日(日) ブログ




イメージ 5

2019年 5月12日(日) 
 京北教会 聖日礼拝

  聖 書 マルコによる福音書 3章 31〜35節

  説 教 「まわりの家族と主イエス様」 今井 牧夫 牧師

  讃美歌21   493「いつくしみ深い

        470「やさしい目が」

        484「
主われを愛す
         
 
  礼拝出席者数 33名
   
  礼拝後  ・焼きそばパーティー 31名
        
          教会庭で大きな鉄板で焼きました。

          皆様のご参加・ご協力に感謝!



イメージ 6
   (教会庭の夏ミカンの花)

週報掲載
 <聖書と宣教のことば>
  ──礼拝説教を聴く準備としての、各人の黙想のために──

 
 イエスの母と兄弟たちが来て外に立ち、

 人をやってイエスを呼ばせた。

 大勢の人が、イエスのまわりに座っていた。


 「ご覧なさい。母上と兄弟姉妹方が、

  外であなたを捜しておられます」
と知らされると、


 イエスは、「わたしの母、わたしの兄弟とはだれか」と答え、

 まわりに座っている人々を見回して言われた。


 「見なさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。

  神の御心を行う人こそ、

  わたしの兄弟、姉妹、また母なのだ。」

        マルコによる福音書 3章 31〜35節




  この箇所の少し前、21節では、

 イエス様を身内の人が取り押さえに来ました。


 「あの人(イエス)は気が変になっている」と言う、

 世の人たちの悪い評判の言葉を気にしていた身内は、

 イエス様の宣教を理解していませんでした。


 だから、この箇所のように、

 本当の家族とは「だれか」とイエス様は問うのです。


 神の言葉をともに聴き、

 ともに神の御心に生き、それを行おうとする、

 その一瞬のなかにある、神様と人とのつながり。


 そこから、もう一度、家族を大切にしていきましょう。





イメージ 7
(教会庭にて)





「教会ファミリーの日」礼拝のあとは、

教会庭で大きな鉄板で「焼きそば」を焼いて、

みんなでいただきました。

天候にも恵まれ、美味しくできて皆様に感謝!


そのときの写真は、また後日、ブログ掲載します。






…………と記して、ずいぶん時間が経ちました。

いまは、5月24日(金)の夜10時。


あらためて、写真を選んでみました!



イメージ 8

当日の朝。今は鉄板は裏返して置いている状態です。

天気予報は暑い晴天でしたが、

予想に反して、少し曇り空。

そのほうが、暑くなくて良かったです!


イメージ 9

礼拝後、さっそく、作ろう! 野外で特製の焼きそば。


イメージ 10

点火。みなさま、よろしくお願いします。


イメージ 11

イメージ 14

いい感じになってきました。


イメージ 12

調理、盛付の人もスタンバイ。


イメージ 15

焼くのは力がある大人の仕事ですが、

子どもたち、小さな子がいるご家族、

お体が強くない方々も、一緒に過ごします。

今日は「教会ファミリーの日」です。


イメージ 13

鍋で受けて、調理の机に運びます。


イメージ 16

みなさまが、調理を仕上げてくださいます。


イメージ 17

どなたかが、次々に盛っていくうちに間違えたのか、

この盛り方。みんなで大笑い。

入れ物のふたの方にも、盛ってしまいました。


間違われた方、楽しいひとときをありがとう、です。



イメージ 18

一巡したところで、二巡目に入ります。


イメージ 24

この、ドバッ! とした感じがよいのです。


イメージ 19

焼く人の視線に近いところから撮影。

こんな感じで焼いています。


イメージ 20

この鉄板は特注です。持ち手が付けられています。

ひょっとして世界で一つ、いや、2枚だけの鉄板でしょうか?


イメージ 21

この日は、牧師住居1階を開放して、

みんなのオープンスペースにします。

1年に2回、10月のバザーとこの日。

屋内でも屋外でも食べられます。


イメージ 22

付け合わせに、手作りピクルスを持ってこられた方も。

ありがとうございます! とても綺麗で美味しかったです。


ちなみに、焼きそばにはキャベツともやしがたっぷりなので、

野菜をいっぱい食べることができて、良かったです。


イメージ 23

そろそろ、おしまいです。

さあ、みんなで食べましょう。


屋外のパラソルの下で、あるいは、屋内の涼しい部屋で。

それぞれに好きな場所で食べました。

牧師住居の縁側でも食べられます。


子どもたちは屋内で家族といっしょに食べ、

大人同士の人たちは外で食べる人が多かった?



イメージ 25

焼いている足元の、シロツメクサ。



イメージ 26

教会庭の夏ミカンの花。

小さい白いつぼみが、徐々に咲いていきます。


イメージ 27

どんな楽しいときも、どんな悲しいときも、

自分以外のところから、

見守ってくださっている方があって、

私たちが気が付かないところで、

こうして花を咲かせてくださっているのだと、


「教会ファミリーの日」を思い出しながら、

写真を選んでみました。


みなさま、ありがとうございました。


参加できた方も、事情で参加できなかった方も、

神様につながっていて、守られています。


美味しいものは、また食べられます。


またの機会を、楽しみにして、

変わらずに見守ってくださる神様と人への、

思いを持って礼拝しましょう。

































































全100ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事