お婆ちゃん

永遠家族(母と息子そして孫)

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

母を思い出して泣く ケータイ投稿記事





イメージ 1



















矢筈トンネルで片側通行誘導をやってますが、一時間に一台通過程度で暇を持て遊ばせてる

暇だからと言ってその場を離れることは出来ない

そんな訳で色々と思い足してたら母を思い出した

確かに足がふらついていた

当時の写真をみるとよろけ倒れそうな予感する体制

でも毎日、見てる訳だから気付かないんだよ

死んだ人は天国に行くって話しをした

ある人は火葬されても魂は残るって言うてました

土葬ならリンとかあって火玉も有り得るだろうが?火葬と成ると全てが灰になるんだから焼かれて消えてしまうんですよ

形の無い者が行く場所なんてない

もしあるとしたら今ごろは満ち溢れてギュウギュウ詰めになってるでしょう

死んだ人は生きてる人の1000倍は居るんだから
一億生きてたら、その千倍は死人がいるってこと

千倍じゃ無くて一億倍かもしれない

ははははは

この記事に

開く コメント(0)

森ノ御大師様春祭 ケータイ投稿記事




イメージ 1

イメージ 2

3/17(旧3/21御大師様当番

今までは母が行ってため息子の俺は初春参



一応撮影しましたが強雨天の為、半日で切り上げた

お寺の善教寺が来ました

メチャ高い山の上なので豚教寺は汗を拭きながら参ってました

午前中に3寺廻ったそうだ

午後も?寺か行かなきゃならないとか、1寺参金1万円だからもし後3寺合ったら日当6万円〜メチャ儲ける

俺も足不自由にも関わらず山の頂上神社まで登り歩き、汗をかくだろうと予想はしていたので半袖のポロシャツの上に長袖セータを着て行きました

神社に着くと汗を拭きながら半袖で写真を撮りました

傘さしての撮影にピン惚けしてて、まあ〜沢山撮りましたからイイのを選んで載せました

秋祭りもあるそうですから行くだけ行って見ようと思います

今回は金欠病なので百円玉のみの賽銭箱へ
お参りしました


イメージ 3
上は緑景色撮影
下はノーマル撮影

イメージ 4


今年は無駄使いが多過ぎて生活苦しんでいる

今日を持って計画的な生活を実戦して行く

今の俺は二人の息子に負けている

イイ父親で居るためには、金銭をしっかり確保して息子らの急出費時に助けれるように貯めて行きます

借金を2年間でチャラ目標〜チャラ分の貯金も目標してます

今年は既に15万円遊びに捨てました

余裕なんて一切無いのに5月1日の誕生日〜母亡2年目、ここらで老後の生き方に変身しなくちゃ〜母の様に


イメージ 5

イメージ 6
母の知り合い

この記事に

開く コメント(0)

やめた

ブログの編集がワンタッチ不能なYahoo投稿辞めた


無料ふ障害者

この記事に

開く コメント(1)

部屋を増設している


イメージ 1


母の部屋は息子の俺の部屋に改造している。

納屋の土間は底上げして猫も簡単に入らないように改善した。

納屋の度真ん中にあった階段も移動して動物が勝手に上がらないように部屋中へ入れた。

馬小屋を母は物置に使用していたが素人大工で部屋にしている。

母の部屋は狭過ぎて、馬小屋を部屋に完成したら繋げようと思っている。

そしたら狭い部屋も二倍の広さになり、もっと自由な部屋になるでしょう。

家の周囲の模様替えは母が怒るほど変化している。

部落も近新化して子供のころの面影は消えてる。

それに合わせるように後継の孫たちへ住み心地の良い故郷にしてやろうと必死。

新築は息子らの第に任せるしか手はない。

家に毎日居ると母の気持ちが分ってきます。

年老は金に成らない仕事を次々と探してやっているのを見て俺は「アホらし」いと思った。

その金に成らない仕事を探してやってる自分は、母の行動は正しかったことに気付いた。

















この記事に

開く コメント(0)

2013/3/12(火) の母は。

86歳になった母は、足を欠曲げて倒れてから、体調が良くない。


それでも草引きだけは毎日やっていた。


この記事に

開く コメント(0)

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事