すずめファンくらぶ

すずめはどこにでもいるよ。森にも川にも火の中にもいるよ。お手玉の中にもぽこぺんの中にもおおさむこさむの中にもいるよ。

全体表示

[ リスト ]

LUXMAN L80

イメージ 1

トーンに独特の色が乗らず、なおかつ暖かさのある音。
刺激成分を出さない。神経にたいして自然な音色(おんしょく)。
管球のような特性を感じる。LUXMANの原点はこんなサウンドだったんだ。
音楽を再生しながら眠れる。神経質なところがないのが当たり前になってる。
音楽により精神は飛翔してゆくはずなのに、音に疲れてしまってはイケなかった。
L80のあとにビクターのAX-S9を使ったら、生命力は上がったけど生命感が落ちた。
よくまとまって安心感のある音だけど重量級はパワードライブで鮮度まで引き出す。

L-80の出力回路は Bi-poler トランジスタ。80番には三機種あり、L-80はローエンドモデル。L-80VがミドルでL-85Vがトップモデル。高級機にL100というのもある。音質の傾向は共通だと思う。

S/Nはわりと高い感じするけど力量があるわけではないので、balanceコントロールで片チャンネルのみ音出してみると骨格はややぼやけている。
でもこんなにスムーズで聴き易いアンプはここ最近使ったことなかった。これぞアンティックアンプという田舎の自然感で、高域は慣性任せに伸び、低音は制御なく出される。力で抑えつけたところのないのびやかな育ちをした性格は、弦楽の細やかな旋律が空気をかきわけるのに向いている。じっくり聴くとさーさーとノイズは乗ってるけどそれにすら物理的な自然さを感じる。

とはいえ自由奔放でざっくばらんな鳴り方というわけではなく、ロゴス上はかんながらにより秩序が保たれている。色気はそっけないものだけど透過性の高いスピーカー(Apogee等)をニアフィールドで鳴らすとサンデルリング指揮のシベリウスのSym No.6にすごい繊細な音樂の雰囲気を感じられた。これ以上の透明感はなかった。管弦楽は概して、空気をよく読める素の性質が聞ける。SPユニットに耳を近づけるとさーさーと言ってるけど, ホワイトノイズや録音のノイズにすら物理的な自然さを感じる。
自分の購入したL80は店舗で丁寧に整備をされていたものだけど、同じくラックスマンのアンティックアンプ(SQ505X)の整備をされていないものは、さすがに古いので古い音がした。30年前の製品になると整備は必要だと思った。

この記事に


.


みんなの更新記事