〜東京レトロ散歩〜

♪春に誘われたわけじゃない だけど 気づいて I've Been Mellow♪

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

 東武線の曳舟駅から200メートルほどの水戸街道沿いに「鳩の街商店街」という小さな商店街がある。

イメージ 2

 戦災を免れたため、商店街には今も古い建物が数多く残る。
 
 ここは、昭和33(1958年)4月に売春防止法が施行されるまで、「特殊カフェー」と称して売春が行われていたいわゆる「赤線地帯」だった。
 空襲で焼け出された赤線「玉ノ井」の業者が、戦後すぐに1キロほど離れたこの地に移転開業したのが鳩の街の始まりで、最盛期の昭和30年には108軒、329人の女性が従事していた。

イメージ 3
 
 特殊カフェーは表通りには許されず、商店街の東側の路地に集中していた。
 
 商店街から一歩路地を入ると、タイムスリップしたかのように今も当時のカフェーの建物がそのまま残っている。
 
 特殊カフェーの建物は上の写真のようにタイル貼りの外装や建物の角の円柱、呼び込みのためのバルコニーなどが特徴で、これは当時、一般家屋と区別するための警察の指導によるものだった。

イメージ 4
 
イメージ 5
 
 どちらの建物もタイルが印象的な元カフェーの建物。
 
イメージ 6
 
 角のアールが一般家屋にないカフェーの特徴。
 
イメージ 7
 
 太い円柱が印象的な元カフェー。
 よく見ると2階はバルコニーになっている。  

イメージ 8
 
 側面の円柱部分はタイル貼りだったのだろう。

イメージ 9
 
 最近、壁をパネルで化粧直しした建物。
 鮮やかなタイル貼りの円柱はそのまま。

イメージ 10
 
 カフェー街の中心に残る当時の面影を良く残す建物。
 右側のドアがカフェーの入り口。

イメージ 11
 
 今年の8月に火災で焼けてしまった元カフェー。

イメージ 12
 
 色鮮やかなタイルが当時のまま残る貴重な建物だっただけに残念。

イメージ 13

 鳩の街の様子は当時、吉行淳之介の小説や永井荷風の戯曲に描かれ、昭和30年には 森繁久彌 、高峰秀子主演の映画「渡り鳥いつ帰る」で映画化された。

イメージ 14

 かつては赤線として賑わい、女優・木の実ナナが生まれ育ったことでも知られる鳩の街商店街。

 今は、静かに時の流れを見つめている。

この記事に

閉じる コメント(23)

渡り鳥いつ帰るのビデオ、買ってもってます・・何回見たことか・・
最近、仲良しの写真ブロガーさんがここら辺にはまって、ほとんど毎週撮りに行ってます。10枚目の写真の建物、まだOFF LIMITの文字が残ってますよね・・・

2009/10/6(火) 午前 1:08 むにゅ 返信する

アバター

今となっては本当に貴重な建物なので行こうと思いつつもここもまだ行けていないんですよね・・・
OFF LIMITの文字は実際に見てみたいですね!!

2009/10/6(火) 午前 2:33 ruins-rider 返信する

Youerikaさん
2枚目の写真のお店はレトロな写真館ですが、これなんか何も造作しないでまんまオシャレなカフェになりそうですね。
子供の頃、最初の内風呂は丸い檜風呂で、次がタイル貼りの風呂でした。
「となりのトトロ」で家族が入るお風呂もレトロなタイル貼りでしたね。
確かにタイルには昭和の郷愁を感じます。

2009/10/6(火) 午後 3:03 aroma 返信する

白いカラスさん
このスチール写真の映画は昭和30年制作の映画です。
森繁さん42歳の時の作品ですね。
森繁さんと満州でいっしょだったラーメン屋の親父さんはご存命なのでしょうか。
森繁さんも入院中と聞いていますが、一日でも長生きしてほしいものです。

2009/10/6(火) 午後 3:11 aroma 返信する

母屋さん。
ホントですねぇ。
このままモノクロ映画のロケに使えそうです。
この路地に立っていると、自分も昭和30年代の東京にいるような錯覚を覚えました。

2009/10/6(火) 午後 3:14 aroma 返信する

むにゅさん
ホントですかぁ。すごいなぁ。
かなりレアな日本映画ですが、ビデオをお持ちとは!
OFF LIMITの文字探したんですが、見つからず、場所柄、あまりウロウロもできなくて…
今考えると、窓の下のグレーのモルタルに描いてあったんですよね。
悔しいのでリベンジします(笑)

2009/10/6(火) 午後 3:28 aroma 返信する

ruins-riderさん
そうなんですよ!
OFF LIMIT見たかったんですが、もともと赤線跡の住民の方は興味本位で来る侵入者に敏感な上に、何しろ路地が狭くて、カメラ持ってウロウロしていると怒られそうで…
まだまだ修行が足りません(笑)

2009/10/6(火) 午後 3:38 aroma 返信する

まさしく、今!レアな街でしょうか!
首相肝いりで再建されれば・・いいのに!(笑)
「警察の指導」・なかなか粋な計らいですね・
Rにタイル!当時の署長が誰か・知りたいものです!

2009/10/6(火) 午後 9:19 kyoumade 返信する

5年前に上野の方のビルに住んでた時はお風呂が細かいタイルで風呂場も曇りガラスの扉でしたよ〜あの建物の窓のすぐ下に文字があるんですよ・・・今度、さりげなく見てみてください。

2009/10/8(木) 午前 0:41 むにゅ 返信する

向島と言えば、神楽坂と双璧を為す花街のイメージがありましたが、
少し外れると、こんな裏の世界があったのですね。
華やかに飾られたカフェで春を鬻ぐ女性達…
今想像しても、なんとも切なくなる場所ですね。pochi。

2009/10/12(月) 午前 3:09 [ Kitaro ] 返信する

kazさん
ははは、鳩の街だけに鳩山さんにお願いしましょうか。
円柱にタイルは今となってはレトロな感じですが、当時は最先端の店舗デザインだったのかも知れませんね。

2009/10/12(月) 午後 5:40 aroma 返信する

むにゅさん
タイルのお風呂に曇りガラスの扉。いい感じですねぇ。
かなりレトロなマンションだったんでしょうか
OFF LIMITは、今度それだけ確認しに行こうと思っています。

2009/10/12(月) 午後 5:45 aroma 返信する

あつdesuさん
ちょっと歩くとすぐに向島の料亭街です。
華やかな花街と暗いイメージの赤線が隣り合っているところが、興味深いですね。
ここの女性は吉原や洲崎とちがって、訳ありのふつうのお嬢さんが多かったと聞いています。
それを聞くと余計に切なくなります。

2009/10/12(月) 午後 5:51 aroma 返信する

ちょうど、オフ会の撮影会がここだったんですよ。この草?を押しのけると白いペンキで書いてありますよ。たまたま、鳩の街の遊郭時代に「湯たんぽ屋」さんだったおじいさんと出会って説明しながら案内していただいたのですが、ここ一帯は同じ大家さんで、火事になっても、このままで、立ち退く人もないし、解体にもお金がかかるので、もうずっとこのままだそうです〜

2009/10/14(水) 午前 2:21 むにゅ 返信する

むにゅさん
やっぱり草(植木?)の影ですかぁ。
わからないわけですね。
この裏通りに当時の建物がよく残っているのは地権者が同じ人だからだったんですね。
なるほど納得です。

2009/10/16(金) 午後 5:08 aroma 返信する

この火事になった建物、ここだけですが取り壊されたそうです。
他の建物は無事ですが・・・さっき、友人から連絡がありました・・・

2009/11/15(日) 午後 3:58 むにゅ 返信する

むにゅさん
ご報告ありがとうございます。
さすがに取り壊しですかぁ。
原色のタイルが最も良く残されていた建物なので残念です(T_T)

2009/11/22(日) 午後 9:25 aroma 返信する

顔アイコン

こんにちわ。先週の日曜日、友人と二人でこの界隈を散策しました。向島の駅から鳩の街〜曳舟・京島に向かうと、ちょうど『墨東まち見世2009』というイベントの開催中で、あちこちにアートスポットが出現。
建物をそのまま生かしたカフェやギャラリー、雑貨屋など、「地図がなくても散策可能」の言葉通り、この辺りは路地裏に迷い込むこと自体が発見の連続。余りに年季の入った建物で、入るのに相当勇気を要するような○○医院(歯医者さんもアリ)、いまどき珍しい長屋密集地帯、トタン屋根の平屋民家の群れ…もう、レトロというには渋すぎる町で、友人ともども完全にノックアウトされ、本当に楽しい散策でした。
再開発の名のもとに、同じような無機質な町並みが増えているのは残念ですが、若い人たちの間で、決して小奇麗ではない、渋くてレトロな町並みが逆に新鮮に映り、そのまま利用しようという動きが出ているのは、アラフォー世代としては嬉しい限りです♪このブログも、そういう動きをサポートする役目になるといいですね。これからも楽しみにしています。 削除

2009/11/27(金) 午後 6:28 [ Sea ] 返信する

Seaさん
楽しい散策ができて良かったですね♪
『墨東まち見世2009』のHP拝見しました。
京島のキラキラ橘商店街や鳩の街のレトロカフェを拠点にしたアートイベントのようですね。
今まで見てきたスポットが写真で紹介されいて懐しくなりました。
若い世代が中心となって、新しい視線から下町を見直そうという試みようですね。
早速、メルマガに登録しました。
僕もまだまだ見落としている場所がありそうなので、また行ってみようと思います。
貴重な情報ありがとうございました!

2009/12/1(火) 午前 1:43 aroma 返信する

顔アイコン

?彦東綺譚の世界ですなあ。
こうした粋といかがわしさの境界線のような世界は、女のような潔癖症と、品も遊びも何もない下劣さが蔓延る世の中では、何よりババアどもが許さないでしょうが、大人の男なら煙管片手に散策して見たいもの。 削除

2013/10/10(木) 午後 10:28 [ ひんま ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事