あろんがままに・・・

10年前の記事を読み返して現実逃避。

全体表示

[ リスト ]

現在の保有銘柄

どうも、あろんです。

当ブログは、過去はともあれ現在は
投資信託を題材にしてやっております。


保有銘柄がいっぱいになってしまい、
わけわからん状態になりつつあるので、
ある程度仕分けしておこうかなと。

【1軍】(投資額20万以上)
・ひふみプラス
・ニッセイ 外国株式インデックスファンド
・楽天・全米株式インデックス・ファンド
・楽天・新興国株式インデックス・ファンド
・eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
・iFree 新興国株式インデックス
・楽天・全世界株式インデックス・ファンド

【2軍】(投資額1.5〜2万)
・eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
・野村インデックスファンド・JPX日経400
・eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
・楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド
・ノーロード明治安田社債アクティブ
・iFree 新興国債券インデックス
・三井住友・DC日本リートインデックスファンド
・ニッセイ グローバルリートインデックスファンド

【3軍】(毎月100円積立)
・iFree 日経225インデックス
・iFree TOPIXインデックス
・iFree JPX日経400インデックス
・iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジなし)
・iFree 外国株式インデックス(為替ヘッジあり)
・iFree S&P500インデックス
・iFree NYダウ・インデックス

【つみたてNISA】
・ひふみプラス
・野村つみたて外国株投信

【確定拠出年金(企業型)】
・三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド
・DIAM外国株式インデックスファンド <DC年金>

【楽天ポイント積立】
・eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
・三井住友・DCつみたてNISA・世界分散ファンド

【楽ラップ】(投資額50万で運用中)
・ステート・ストリート日本株式インデックス・オープン
・ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン
・ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン(為替ヘッジあり)
・ステート・ストリート新興国株式インデックス・オープン
・たわらノーロード 新興国株式<ラップ向け>
・ステート・ストリート先進国債券インデックス・オープン(為替ヘッジあり)
・ステート・ストリート米国社債インデックス・オープン
・ステート・ストリート新興国債券インデックス・オープン
・たわらノーロード 国内リート<ラップ向け>
・たわらノーロード 先進国リート<ラップ向け>

1軍は最近、iFree新興国株式を追加。
以前はコストがあまり良くないらしく、
iFreeシリーズで唯一敬遠してたけど、
他の新興国株式インデックスと比較で
最近いい感じなので、アリかなぁと。

2軍はバラエティーに富んでいて、
少額ながらも面白そうなラインナップ。
キレイに2万ずつに揃えようかな?

3軍は全部iFreeで、現状300円ずつ。
楽天銀行優遇とポイント獲得対策ねw

その他、独自の方針はこちら。

【目標アセットアロケーション】
・国内株式:30%
・先進国株式:40〜45%
・新興国株式:15〜20%
・債券/REIT:10%
(2018年は新興国株20%程度で、
 以降は徐々に15%にしていく)

【その他方針】
・2018年は1銘柄の投資は50万まで。
・以降は運用成績を比較しながら増額
・運用成績悪くても売らずにホールド
(将来取り崩す際に優先して売却)

・基本的にインデックスファンド
・ただし国内株は成長に懸念あるため
 一部アクティブファンドを運用。
 国内インデックスは基本定額積立。
・伸びが見込めない日本国債はパス、
 代わりに国内社債アクティブ運用。

こんな感じでやって行こうと思います。

これが良いかどうかってのはさておき、
別に他人に指南するわけでもなく、
自分に言い聞かせているだけなので、
投資は自己責任ということで!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事