あろんがままに・・・

10年前の記事を読み返して現実逃避。

全体表示

[ リスト ]

SBI証券で毎日積立

どうも、あろんです。

当ブログは、過去はともあれ現在は
投資信託を題材にしてやっております。



↑より、SBI証券に口座を開設して、
6/29より投信の買付を始めています。

せっかくなので棲み分けようと思い、
国内株式、債券、REITをSBIに移すため
これまで楽天証券で保有していた、
下記のファンドを解約しました。

(国内株式)
・eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
・ひふみプラス

(債券)
・ノーロード明治安田社債アクティブ
・iFree 新興国債券インデックス

(REIT)
・三井住友・DC日本リートインデックスファンド
・ニッセイ グローバルリートインデックスファンド

上記の損益は-295円とほぼトントン。
そして、下記ファンドを買付けました。

(国内株式)
◇eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)
○ひふみプラス
☆MHAM新興成長株オープン
☆SMT JPX日経中小型株インデックス・オープン

(債券)
○ノーロード明治安田社債アクティブ
☆ひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)
◇iFree 新興国債券インデックス

(REIT)
☆ノーロード明治安田J-REITアクティブ
☆EXE-iグローバルREITファンド


※◇と☆のファンドは毎日積立に設定
(◇は楽天証券から継続、☆は新規)
○のファンドは、一括にて買付け。

イメージ 1
※7/10時点でのSBIのポートフォリオ

国内株式は全体の30%保有に向けて、
すべてTOPIXのインデックスにはせず、
中小型株式のインデックス1種と、
アクティブファンド2種を混ぜました。

そもそも、SBIに国内株を据えたのは、
TOPIXインデックス以外のファンドで、
投信保有ポイントの付与率が高いから。
(楽天だと0.048%、SBIだと0.1%)

債券とREITも一部アクティブ銘柄に。
株式ほど予測が難しいわけでなく、
ノーロード明治安田とひとくふうは、
信託報酬もインデックス並みだし、
過去成績も比較的順調ということで。

あと、国際REITはニッセイ銘柄から、
ETFを買い付けるEXE-iに乗り換え。
こちらの方が信託報酬以外のコストが
安く、トータルコストも低いようで、
国内REITも混じってるけどいっかと。

で、買い付けたい額の1/100ずつ、
毎日積立に設定してみました。

最近、相場が若干暴れているので、
一喜一憂したくないよねってことで、
精神衛生上は非常に良いですね。
楽天証券も毎日積立対応を望む!
(現状はつみたてNISAでのみ可能)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事