あろんがままに・・・

10年前の記事を読み返して現実逃避。

全体表示

[ リスト ]

猫も杓子もeMAXIS Slim

どうも、あろんです。

当ブログは、過去はともあれ現在は
投資信託を題材にしてやっております。


インデックスファンドを始めるなら、
eMAXIS Slimの先進国株式で!という
投信ブログばかりで何か面白くないw

たしかに、信託報酬は最安の0.109%、
さらに他が値下げして最安になれば、
即座に追従してくれるというので、
安心して保有し続けられるであろう…。

そもそも、インデックスファンド運用に
面白みは無用というのもあるけどw

私は今、先進国株式ファンドでは、
下記の3種類を保有しております。

・ニッセイ外国株式インデックスファンド
・eMAXIS Slim先進国株式インデックス
・iFree外国株式インデックス(ヘッジなし)

いや、厳密にはDC専用のヤツとか、
楽ラップに組み込まれているヤツとか、
為替ヘッジありのヤツも持ってるけど、
それは今回抜きにして、この3種類で
運用成績を比べてみようかと。

イメージ 1
(昨年12/29付を起点としたチャート)


これは今年に入ってからの値動きで、
やはりeMAXIS Slimが頭一つ出ている。

ニッセイより0.11%↑ということは、
私が昨年末に50万で買ったニッセイは
仮にスリムを買い付けていた場合より
0.11%×50万で550円の損なのか?w
ニッセイは2月にやらかしたしなぁ…。

しかし、ニッセイは最近、信託報酬を
最安に下げた(すぐにスリムが追従)
ので、例えば2ヶ月分の値動きは…?

イメージ 2
(6/29付を起点としたチャート)

…あれ?スリム一体どうしたんだ?
値下げを発表したニッセイよりも先に
値下げを敢行したにもかかわらず、
ニッセイどころか値下げしていない
iFreeにも負けているではないか…。

まぁ、たかが2ヶ月ちょっとの成績で
長丁場のインデックスファンド運用を
語るべきではないんだろうけど、
ホントにeMAXIS Slimで大丈夫なの?
というのをそろそろ見極めたいよね。

先進国株式以外にも、全世界株式や
米国株(S&P500)、8資産バランスも、
他ファンドと比較したらどうなるか。
それは別の機会にしたいと思います。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事