あろんがままに・・・

10年前の記事を読み返して現実逃避。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全251ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

どうも、あろんです。

当ブログは、過去はともあれ現在は
投資信託を題材にしてやっております。


上書庫にて、楽天証券が提供している
ロボアドバイザーによるラップ口座、
『楽ラップ』運用の件を書いてます。

2017年7月から50万円でスタートし、
一時的に100万円に増資したものの、
自分でポートフォリオを組んで、
手数料を安く運用した方が良い…。

とはいえ、ネタとして撤退せずに、
少しは残しておくか…ということで、
2017〜18年の利益確定分と分配金の
75350円を原資ということにして、
当時の楽ラップの含み益を足して、
昨年7月から再スタートとしました。

それから1年経過しての成績は…?

イメージ 1

101605円⇒101236円ということで、
-369円という中途半端な微減に…。

いや、この1年はイマイチな相場で、
伸びてないのは仕方ないんだけどね。
普通の投信と比べたらどうなんだろう?
いくつかのファンドと並べてみました。

イメージ 2
(各月末のみ抽出)

全世界株の推移と比較的近いけど、
楽ラップは国内株の比率が3割超で、
それが足を引っ張ったのかなと…。
(全世界株の国内株比率は1割未満)

それにしても、こうして見てみると、
国内株の低迷っぷりがひどいねぇ。
落ちるのは他と同じでも回復が悪い。

それから、Slimバランスの安定感!
昨年末の急落時も-5%程度に留まり、
今年7月末で先進国株並みの騰落率。
REITや債券高騰の恩恵もあるけど、
それを言うなら楽ラップにもあるしね。

というわけで、ホント微妙な感じで
オススメする気にもなれない楽ラップ。

一応、今までの利益確定分の残りカスで
運用しているという体裁にしていて、
75350円を元手に運用してきたけど、
なんか中途半端だなぁ…っていうのと、
利益確定分がまたある程度入ったので、
8月から元手を10万円とすることに。

J-フロンティア分配金:9163円
投信利益確定分(税引後):7145円
個別株利益確定分(税引後):1244円
個別株配当金(税引後):3349円
ETF利益確定分(税引後):4224円
================
25125円⇒24650円を楽ラップ増資へ

この1年はいい成績ではなかったけど、
手数料的な目減り感はなかったので、
単純に比率のせいであることを信じて、
元手10万円が今後どうなるのか?
あんま期待せずにほったらかします…。

投資は自己責任の程、よろしくです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

どうも、あろんです。

当ブログは、過去はともあれ現在は
投資信託を題材にしてやっております。

なお、ヤフーブログの終了予定に伴い、
今月中にはブログ移行の予定です。


2019年第33週目の成績ということで、
先週末から全体で-1.81%のダウン、
含み損-145.7Kから-307.4Kに増幅…。

先週末にナンピンを決行したんだけど、
1週早かったなぁ。いや、まだ下がる?


ポートフォリオ


※投資額欄の青字は前週から増減資
 リターン欄の黄背景はワースト3
イメージ 1

楽天全米以外の株式ファンドはすべて
含み損に転落してしまいました…。

先週末に売却したSlim国内債券の
利益確定分が5024円だったのと、
密かに仕込んでいたVIXのETF
(国際のETFVIX:1552)
の利益確定分が4224円だったので、
それまでの待機資金と合わせて、
10000円を楽ラップ増額としました。

楽ラップはキリ良くしたかったので、
投入10万円で打ち止めるつもりです。
忘れ去るぐらいほったらかしたいので、
上のリストからも外そうかな…。

リターン前週末比トップ3
〔声0妥J-REITアクティブ(+3.03%)
▲團テ・ゴールド(+1.57%)
ひとくふう世界国債(+0.66%)

リターン前週末比ワースト3
ニッセイ外国株式(-3.07%)
DIAM外国株式(-3.08%)
ヽ敕形簡導式(-3.27%)

3週連続トップ3銘柄は変わらず。
ワースト1は楽天全米だったけど、
とうとう景気後退が始まってしまう?
いや、一旦上げてからになるのかな?

アセットアロケーション


資産クラス比率目標
国内株26.00%20%
先進国株47.61%50%
新興国株13.16%10%
国内債3.11%8%
先進国債2.34%2%
新興国債2.63%2%
国内REIT1.82%2%
海外REIT2.34%2%
コモディティ0.76%4%
その他0.22%-
※投信アプリ『answer』より算出
 『その他』は短期金融資産(現金等)
 グローバル3倍3分法は分析対象外

2019年投資方針・メモ

・楽天カード投資で毎月5万円買付⇒楽天ポイント月500Pゲット
・楽天証券での投信保有分10万円につき楽天ポイント月4Pゲット
・つみたてNISAは楽天証券にて3銘柄をカード投資で積立中
・楽天ポイントでSlim全世界ACを買付
・楽天ポイントと同額の現金でSlimバランスを買付
・これまでの利確分(90000円+α)を元手に楽ラップを運用中
・SBI証券でグローバル3倍3分法を毎日2000円ずつ積立中
・新生銀行で毎月5000円積立中(ステージ優遇のため)
・企業型確定拠出年金で月4万円+α拠出中(節税を兼ねる)
・個人型確定拠出年金のiDeCoはやっていない(企業型と併用不可)
・目標アセットアロケーションは下記の通り(±5%以内に収めたい)
 ◇国内株:20%
  (現状より割合減らすため買い控え&一部売却予定)
 ◇先進国株:50%
  (うち米国株ファンドを15%にして、米国:米国外=40:10に)
 ◇新興国株:15%⇒10%程度に変更
 ◇債券+REIT+コモディティ(金):20%
・原則、保有している投信は売らずにホールド(入替はあり)
・基本的にインデックスファンドを買付、一部スマートベータも物色
・株式アクティブファンドは全体の10%程度に抑える(現在保有のみ)
・債券/REITのアクティブファンドは低コストであれば買付
・原則1銘柄の投資額は50万まで(同一指数に複数銘柄投資)
 ⇒1銘柄に集中投資できるほどファンドを信用していないため
 ⇒とは言え、確定拠出年金は選択肢少ないため例外
・2019年中に投資総額10Mの大台に乗せたい

投資は自己責任ってことでm(0_0)m

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

どうも、あろんです。

当ブログは、過去はともあれ現在は
投資信託を題材にしてやっております。

なお、ヤフーブログの終了予定に伴い、
今月中にはブログ移行の予定です。


2019年第32週目の成績ということで、
先週末から全体で-1.78%のダウン、
+13.1⇒-145.7Kの含み損へ転落…。


ポートフォリオ


※投資額欄の青字は前週から増減資
 リターン欄の黄背景はワースト3
イメージ 1

この急落のタイミングを狙い打って、
下記の資産を動かすことにしました。

(全売却)
・Slim国内債券(30万)
・ニッセイワールドセレクト(安定型)(2万)

(5万買い増し)
・Slim先進国株式
・Slim新興国株式
・楽天米国高配当株式
・楽天新興国株式
・たわら先進国株式(ヘッジ)
・iFreeNYダウ

(10万買い増し)
・EXE-iグローバルREIT

REITはマイナスになれば買い増し!
と思って買い増しに踏み切ったけど、
約定した日は反発してしまったので、
結局+3%超のタイミングで買付…。

なお、売却ファンドの利益確定分は
約5200円で、楽ラップに投入予定。

リターン前週末比トップ3
.團テ・ゴールド(+4.79%)
△劼箸ふう世界国債(+0.79%)
L声0妥J-REITアクティブ(+0.70%)

リターン前週末比ワースト3
ひふみプラス(-2.81%)
iFreeNYダウ(-2.93%)
iTrustインド株式(-3.39%)

先週に続き、債券・J-REIT・金強し。
特にゴールドは上がり過ぎでは?

ワースト1はインド株なんだけど、
買い増しのチャンスも資金が…。
REITの方に振ってしまったからなぁ。
まぁ、まだ下がるかもしれないしね。


アセットアロケーション


資産クラス比率目標
国内株25.82%20%
先進国株48.04%50%
新興国株13.22%10%
国内債3.04%8%
先進国債2.28%2%
新興国債2.60%2%
国内REIT1.75%2%
海外REIT2.32%2%
コモディティ0.73%4%
その他0.20%-
※投信アプリ『answer』より算出
 『その他』は短期金融資産(現金等)
 グローバル3倍3分法は分析対象外

2019年投資方針・メモ

・楽天カード投資で毎月5万円買付⇒楽天ポイント月500Pゲット
・楽天証券での投信保有分10万円につき楽天ポイント月4Pゲット
・つみたてNISAは楽天証券にて3銘柄をカード投資で積立中
・楽天ポイントでSlim全世界ACを買付
・楽天ポイントと同額の現金でSlimバランスを買付
・これまでの利確分(90000円+α)を元手に楽ラップを運用中
・SBI証券でグローバル3倍3分法を毎日2000円ずつ積立中
・新生銀行で毎月5000円積立中(ステージ優遇のため)
・企業型確定拠出年金で月4万円+α拠出中(節税を兼ねる)
・個人型確定拠出年金のiDeCoはやっていない(企業型と併用不可)
・目標アセットアロケーションは下記の通り(±5%以内に収めたい)
 ◇国内株:20%
  (現状より割合減らすため買い控え&一部売却予定)
 ◇先進国株:50%
  (うち米国株ファンドを15%にして、米国:米国外=40:10に)
 ◇新興国株:15%⇒10%程度に変更
 ◇債券+REIT+コモディティ(金):20%
・原則、保有している投信は売らずにホールド(入替はあり)
・基本的にインデックスファンドを買付、一部スマートベータも物色
・株式アクティブファンドは全体の10%程度に抑える(現在保有のみ)
・債券/REITのアクティブファンドは低コストであれば買付
・原則1銘柄の投資額は50万まで(同一指数に複数銘柄投資)
 ⇒1銘柄に集中投資できるほどファンドを信用していないため
 ⇒とは言え、確定拠出年金は選択肢少ないため例外
・2019年中に投資総額10Mの大台に乗せたい

投資は自己責任ってことでm(0_0)m

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

どうも、あろんです。

当ブログは、過去はともあれ現在は
投資信託を題材にしてやっております。

なお、ヤフーブログの終了予定に伴い、
今月中にはブログ移行の予定です。


2019年第31週目の成績ということで、
先週末から全体で-2.57%のダウン、
含み益は+237.4Kから+13.1Kに…。

ガツンとやられてしまいましたねぇ。
辛うじてプラスを維持しましたが、
来週も下がりそうな雰囲気ですな…。


ポートフォリオ


※投資額欄の青字は前週から増減資
 リターン欄の黄背景はワースト3
イメージ 1

リターン前週末比トップ3
.團テ・ゴールド(+0.95%)
¬声0妥J-REITアクティブ(+0.71%)
ひとくふう世界国債(+0.51%)

リターン前週末比ワースト3
iFreeNYダウ(-3.78%)
Slim新興国株式(-3.94%)
ヽ敕型袈醜餝式(-4.80%)

アメリカ発信の下落にも関わらず、
今週最も下げたのは新興国株式。
昨日だけでクッソ下がったからな…。

一方、債券・REIT・ゴールドで
為替ヘッジのものは上がりました。

なお、楽天カード投資は今月8/2に
約定したため、今月は安値で買えた?
来週また下がる可能性も大だけど…。


ちなみに、配当・分配金・利確分の
再投資先として運用している楽ラップ。
1万円以上で増減資ができるので、
今週増額して、元手9万円としました。

本当は10万円としたかったんだけど、
まだ貯まっていないので持ち越しで。

J-フロンティア分配金:9163円
投信利益確定分(税引後):2121円
個別株利益確定分(税引後):1244円
個別株配当金(税引後):3349円
================
15877円⇒14650円を楽ラップ増資へ
残りは10000円になるまで現金保持

なお、決して楽ラップを推している…
わけではありません。ただの遊びです。
これも急落後に買付で良かった…。

アセットアロケーション

(8/2付の集計がアプリ未更新につき、
 先週分を掲載、更新次第反映予定)
資産クラス比率目標
国内株26.14%20%
先進国株45.90%50%
新興国株12.53%10%
国内債6.88%8%
先進国債2.19%2%
新興国債2.62%2%
国内REIT1.59%2%
海外REIT1.22%2%
コモディティ0.68%4%
その他0.25%-
※投信アプリ『answer』より算出
 『その他』は短期金融資産(現金等)
 グローバル3倍3分法は分析対象外

2019年投資方針・メモ

・楽天カード投資で毎月5万円買付⇒楽天ポイント月500Pゲット
・楽天証券での投信保有分10万円につき楽天ポイント月4Pゲット
・つみたてNISAは楽天証券にて3銘柄をカード投資で積立中
・楽天ポイントでSlim全世界ACを買付
・楽天ポイントと同額の現金でSlimバランスを買付
・これまでの利確分(90000円+α)を元手に楽ラップを運用中
・SBI証券でグローバル3倍3分法を毎日2000円ずつ積立中
・新生銀行で毎月5000円積立中(ステージ優遇のため)
・企業型確定拠出年金で月4万円+α拠出中(節税を兼ねる)
・個人型確定拠出年金のiDeCoはやっていない(企業型と併用不可)
・目標アセットアロケーションは下記の通り(±5%以内に収めたい)
 ◇国内株:20%
  (現状より割合減らすため買い控え&一部売却予定)
 ◇先進国株:50%
  (うち米国株ファンドを15%にして、米国:米国外=40:10に)
 ◇新興国株:15%⇒10%程度に変更
 ◇債券+REIT+コモディティ(金):20%
・原則、保有している投信は売らずにホールド(入替はあり)
・基本的にインデックスファンドを買付、一部スマートベータも物色
・株式アクティブファンドは全体の10%程度に抑える(現在保有のみ)
・債券/REITのアクティブファンドは低コストであれば買付
・原則1銘柄の投資額は50万まで(同一指数に複数銘柄投資)
 ⇒1銘柄に集中投資できるほどファンドを信用していないため
 ⇒とは言え、確定拠出年金は選択肢少ないため例外
・2019年中に投資総額10Mの大台に乗せたい

投資は自己責任ってことでm(0_0)m

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

どうも、あろんです。

当ブログは、過去はともあれ現在は
投資信託を題材にしてやっております。

ヤフーブログの終了予定に伴って、
続けるならそろそろ移行検討が必要?
来月までにはどうするかを考えねば…。


2019年第30週目の成績ということで、
先週末から全体で+0.95%のアップ、
含み益は+154.2Kから+237.4Kに。

ポートフォリオ


※投資額欄の青字は前週から増減資
 リターン欄の黄背景はワースト3
イメージ 1

リターン前週末比トップ3
,劼佞潺廛薀(+1.72%)
楽天VTI(+1.65%)
3敕VYM(+1.55%)

リターン前週末比ワースト3
iTrustインド株式(-0.29%)
EXE-i グローバルREIT(-0.30%)
.團テ・ゴールド(-0.33%)

今週は米国株が概ね好調でしね。
楽天VTIは含み益10%を超えました。

一方、ゴールドも+10%に達しそうな
勢いでしたが、今週はやや失速。

グローバルREITが不調のようですが、
買い増したいので下がってOKです。

アセットアロケーション

資産クラス比率目標
国内株26.14%20%
先進国株45.90%50%
新興国株12.53%10%
国内債6.88%8%
先進国債2.19%2%
新興国債2.62%2%
国内REIT1.59%2%
海外REIT1.22%2%
コモディティ0.68%4%
その他0.25%-
※投信アプリ『answer』より算出
 『その他』は短期金融資産(現金等)
 グローバル3倍3分法は分析対象外

2019年投資方針・メモ

・楽天カード投資で毎月5万円買付⇒楽天ポイント月500Pゲット
・楽天証券での投信保有分10万円につき楽天ポイント月4Pゲット
・つみたてNISAは楽天証券にて2銘柄をカード投資と100円毎日積立で併用
・楽天ポイントでSlim全世界ACを買付
・楽天ポイントと同額の現金でSlimバランスを買付
・昨年までの利確分(75350円)を元手に楽ラップを運用中
・分配金と確定利益分で待機資金用ファンド(DCニッセイワールドセレクト(安定型))を買付
・SBI証券でグローバル3倍3分法を毎日2000円ずつ積立中
・新生銀行で毎月5000円積立中(ステージ優遇のため)
・企業型確定拠出年金で月4万円+α拠出中(節税を兼ねる)
・個人型確定拠出年金のiDeCoはやっていない(企業型と併用不可)
・目標アセットアロケーションは下記の通り(±5%以内に収めたい)
 ◇国内株:20%
  (現状より割合減らすため買い控え&一部売却予定)
 ◇先進国株:50%
  (うち米国株ファンドを15%にして、米国:米国外=40:10に)
 ◇新興国株:15%⇒10%程度に変更
 ◇債券+REIT+コモディティ(金):20%
・原則、保有している投信は売らずにホールド(入替はあり)
・基本的にインデックスファンドを買付、一部スマートベータも物色
・株式アクティブファンドは全体の10%程度に抑える(現在保有のみ)
・債券/REITのアクティブファンドは低コストであれば買付
・原則1銘柄の投資額は50万まで(同一指数に複数銘柄投資)
 ⇒1銘柄に集中投資できるほどファンドを信用していないため
 ⇒とは言え、確定拠出年金は選択肢少ないため例外
・2019年中に投資総額10Mの大台に乗せたい

投資は自己責任ってことでm(0_0)m

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全251ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事