楽ラップ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

どうも、あろんです。

当ブログは、過去はともあれ現在は
投資信託を題材にしてやっております。


上書庫にて、楽天証券が提供している
ロボアドバイザーによるラップ口座、
『楽ラップ』運用の件を書いてます。

2017年7月から50万円でスタートし、
一時的に100万円に増資したものの、
自分でポートフォリオを組んで、
手数料を安く運用した方が良い…。

とはいえ、ネタとして撤退せずに、
少しは残しておくか…ということで、
2017〜18年の利益確定分と分配金の
75350円を原資ということにして、
当時の楽ラップの含み益を足して、
昨年7月から再スタートとしました。

それから1年経過しての成績は…?

イメージ 1

101605円⇒101236円ということで、
-369円という中途半端な微減に…。

いや、この1年はイマイチな相場で、
伸びてないのは仕方ないんだけどね。
普通の投信と比べたらどうなんだろう?
いくつかのファンドと並べてみました。

イメージ 2
(各月末のみ抽出)

全世界株の推移と比較的近いけど、
楽ラップは国内株の比率が3割超で、
それが足を引っ張ったのかなと…。
(全世界株の国内株比率は1割未満)

それにしても、こうして見てみると、
国内株の低迷っぷりがひどいねぇ。
落ちるのは他と同じでも回復が悪い。

それから、Slimバランスの安定感!
昨年末の急落時も-5%程度に留まり、
今年7月末で先進国株並みの騰落率。
REITや債券高騰の恩恵もあるけど、
それを言うなら楽ラップにもあるしね。

というわけで、ホント微妙な感じで
オススメする気にもなれない楽ラップ。

一応、今までの利益確定分の残りカスで
運用しているという体裁にしていて、
75350円を元手に運用してきたけど、
なんか中途半端だなぁ…っていうのと、
利益確定分がまたある程度入ったので、
8月から元手を10万円とすることに。

J-フロンティア分配金:9163円
投信利益確定分(税引後):7145円
個別株利益確定分(税引後):1244円
個別株配当金(税引後):3349円
ETF利益確定分(税引後):4224円
================
25125円⇒24650円を楽ラップ増資へ

この1年はいい成績ではなかったけど、
手数料的な目減り感はなかったので、
単純に比率のせいであることを信じて、
元手10万円が今後どうなるのか?
あんま期待せずにほったらかします…。

投資は自己責任の程、よろしくです。
どうも、あろんです。

当ブログは、過去はともあれ現在は
投資信託を題材にしてやっております。




上記事にて、楽天証券が提供している
ロボアドバイザーによるラップ口座、
『楽ラップ』運用の件を書いてます。

2017年7月から50万円でスタートし、
一時的に100万円に増資したものの、
自分でポートフォリオを組んで、
手数料を安く運用した方が良い…。

とはいえ、ネタとして撤退せずに、
少しは残しておくか…ということで、
2017〜18年の利益確定分と分配金の
75350円を原資ということにして、
当時の楽ラップの含み益を足して、
昨年7月から再スタートとしました。

それから約半年経過していますが、
昨年の10月以降の株式下落等もあり、
楽ラップ開始最低金額の10万円を
下回る額で推移している状況です。
(下落しても5万までは運用継続可能)

イメージ 1


上記は昨年末までの資産推移だけど、
最新(2019/1/25現在)は下記です。

イメージ 2

まだまだ10万円を回復してないけど、
引き続き見守っていくことにします。

楽天証券に口座開設の直後であれば、
キャンペーンで楽ラップの優遇があり、
やってみるのも悪くないかと思うけど、
キャンペーンが終わってしまえば、
手数料が比較的割高(1%以内)だし、
通常投信にある保有によるポイントが
対象外ということで、旨味がない!

そうは言いつつ、辞めはしませんが、
正直オススメできるものではないです。

ブログ検索ワードで『楽ラップ』で、
うちに訪問される方がいるようなので、
状況を書こうという気になりましたw

投資は自己責任の程、よろしくです。

楽ラップは10万から

どうも、あろんです。

当ブログは、過去はともあれ現在は
投資信託を題材にしてやっております。




上記事にて、楽天証券が提供している
ロボアドバイザーによるラップ口座、
『楽ラップ』運用の件を書いてます。

楽ラップのキャンペーンに乗っかって、
去年の8月から始めてみましたが、
はっきり言ってあまり旨味がないわな。

・つみたてNISA
・通常の投資信託(特定口座)
・確定拠出年金(企業型DC)

この3つである程度の戦略を持って、
低い手数料で運用しようとしてる一方、
約1%の手数料(通常の4倍前後)で
ロボットにお任せして運用するなんて、
最初は良かったけど、今は無意味!

投信初心者や比率調整が面倒な人が
これを利用するのは良いとは思うけど、
もはや俺はその領域に居ないかなと。
でも、ネタとして少し残すぐらいは…。

なので、最大100万投入していたのを、
4月に50万減額、以降も徐々に減らし、
現在10万ちょっとで運用中です。

イメージ 2

一応、楽ラップの最低運用額が10万で、
(下落しても5万までは運用継続可能)
今までの利益確定分で運用しようなと。

ゝ酣の利益確定分:+60500円
↓,波生した配当金:+14550円
今年の利益確定分:+300円 ※概算
こ撻薀奪廚隆泙澑廖+26995円
================
計:102345円(7/27現在)

,鉢△狼酣持っていた一般NISAの
某EFT銘柄が上場廃止になってしまい、
廃止前に売却した分の利益と分配金。

は一部の投信を楽天からSBI証券に
移行しようと思って売却した際の分。
(本当に移行すると手数料が高い)

イメージ 1

というわけで、元金なしという形で、
もともとなかったものと思い込んで
引き続き楽ラップを運用します。

ちなみに、これまで増減額以外では
ロボが何か判断して売買することは
一度もなかったように見えるけど、
今月に入ってから、初めて動きが。

\菴聞餝式の為替ヘッジ比率変更
 (あり↑、なし↓)
∧胴饉匣弔琉拌悒悒奪姑耄変更
 (なし100%⇒あり100%)
9馥盧跳瑤鮨卦買付(0.9%)
REITの国内比率↑先進国比率↓

これは円高を懸念しての変更なのかな?
『かなり積極型』コースにしてるのに、
そんな保守に回らなくても良くね?

しかも、国内債券とか買って間もなく
大幅に下落してるし!とは言っても、
0.9%(約900円)で影響小さいけど。

こんな感じで、楽ラップの動向を
軽い感じで引き続き見て行きますが、
あんまりオススメしないなってことで、
投資は自己責任の程、よろしくです。
どうも、あろんです。

当ブログは、過去はともあれ現在は
投資信託を題材にしてやっております。




上記事にて、楽天証券が提供している
ロボアドバイザーによるラップ口座、
『楽ラップ』運用の件を書いてます。

【取引履歴】
昨年8月下旬:50万で開始
昨年10月初旬:50万増額(計100万)
今年3月初旬:50万減額(計50万)

イメージ 1

4月末の時点では+3万ということで、
増減額はしたものの、50万ベースでは、
8ヶ月で+6%で年+9%のペース?
2〜3月は不調だったものの、上出来?

さて、楽ラップは今後どうしようかな?
というのも、やり続けるメリットが…。

ヽ撻薀奪廛ャンペーンも終わり…
デビュー&半年保持で楽天ポイントが
2500P付与されたけど、毎月11日頃に
顧問手数料というものが引かれていて、
気が付けば累計2500円を超えていたw
別途キャンペーンでもやらない限り、
このままでは通常の投信より損だ…。

楽ラップは保有ポイントが付かない
楽天証券では、通常の投信であれば、
保有10万円につき4Pの楽天ポイントが
毎月付与されるシステムなんだけど、
(楽天銀行との連携サービスによる)
なんと楽ラップは対象外ということで、
今後いくら保有していても、0Pなのだ。

そんなにロボが働いてないようなw
一番最初の買付や増額・減額の際に、
選択肢から選んだ運用コースに則って、
分散投資をしてくれはしたんだけど、
それ以外のタイミングでは何もせず??
動かざること山の如しは悪くはないが、
じゃあロボ任せにする必要ある?w

ぜ分の戦略で投資していける
…ようになったと自負しているので、
お勉強には一応なったとは思うけど、
今後もこれに委ねていく必要はなく、
手数料やポイント還元を考慮しつつ、
自分の手で運用した方が良い!?

あとは通常の投信よりも6時間程
HPでの価格や残高表示が遅くて、
(通常21:30、楽ラップ:翌3:30)
使い勝手があまりよろしくない…。

というわけで、減額していくことに。

【今後の予定】
今年5月初旬:10万減額(計40万)
今年6月初旬:10万減額(計30万)
今年7月初旬:10万減額(計20万)
今年8月初旬:10万減額(計10万)

いっそヤメてしまおうかと思ったけど、
規定最低投資額の10万程度は残して、
以降は基本的に増減額せずに放置!
ぐらいが精神衛生上良いのでは…と。
一応ブログネタにもなり得るしね…。
ちなみに、5月はすでに減額済です。

楽ラップ減額完了

どうも、あろんです。

当ブログは、過去はともあれ現在は
投資信託を題材にしてやっております。




前記事にて、楽天証券が提供している
ロボアドバイザーによるラップ口座、
『楽ラップ』に100万円を投入して、
最近50万を減額した旨を書きました。

ただ、実際減額を申し込んだ50万が、
申請日から何日後にどう戻されるのか?
それがよくわからなかったのだけど、
戻ってきたので、記しておきます。

(3/9時点の状況)
イメージ 1

イメージ 2

3/1(木):早朝に減額申し込み
3/2(金):国内株式と国内REITを売却
3/5(月):上記以外の海外資産を売却
3/8(木):売却分すべて現金枠に組入
3/9(金):現金枠から50万が口座移行
3/12(月):他の金融機関へ出金可能
:

…と言う感じで、8営業日で手続完了。
(実際は明日で完了になるんだけど)
10営業日ってどっかに書いてたけど、
若干早く戻ってきた結果となったかな。

で、50万減額と言ってもなんやかんや
手数料や利益の税金とか取られて、
50万がそっくり戻ってこないのでは?
と思ってたけど、満額戻りました。

楽ラップには、3%程度の現金枠が
確保されていて、月毎の手数料などが
そこから引かれる仕組になっていて、
売却時も現金枠に一旦移した上で、
手数料などが調整されて戻されるので、
現金枠が減額申請額をカバーしてれば、
満額戻るということがわかりました。


楽ラップは1年契約(自動更新)で、
7/31までということになってるけど、
実際はいつでも解約可能なので、
気分で運用することにしておいて、
今回の減額分は通常の投信に投入です。

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事