ここから本文です
フランスは思うに、自由平等の気ちがい病院というべきで …… これがフランスの短所であり、長所であり、困難であり、幸福である。

書庫全体表示

Qui étiez vous à dix huit ans Salvador DALI

イメージ 1UN SUR CINQ
15 mars 1978 - 10min 52s



12


さて、「18歳の時、あなたは?」のコーナーです。


こちらもまた少し前に『アン・シュル・サンク』ではじまったワン・コーナーですが、フランシス・カレット Francis Carette 君が著名人を訪問しては、どこまでも追い詰める、といった内容です。

前回はメニー・グレゴワール[1]をお届しましたが、常日頃、私たちが話題にするとともに、多くを語りかけてもくれる“心の若さ”についてを垣間見ることができ、非常に驚かされるところがありました。

そして今日、ご覧いただくのもまた驚くべきものであります。フランシス・カレット君が突撃したのは、なんと、あのサルバドール・ダリ。
インタビューが非常にショッキングな内容であることを、申し添えておきます。

それに、断言いたしますが、巨匠〔ダリ〕は分かりやすく説明してくれるような方ではありません。いつものことですが。しかし、今回は特に、もしも皆さんの中にとりわけ耳の良い方がいらっしゃるのならば、非常に分かりやすく聞こえるのではないでしょうか。それもそのはず、フランシス・カレット君が、いやむしろ、サルバドール・ダリとフランシス・カレット君、映像に写る二人が互いに互いを助け合っているからです。

とにもかくにも、ご覧ください。フランシス・カレット君によるルポルタージュです。


[1] Menie Grégoire 1919年生まれのフランスの女性ジャーナリスト、作家。


イメージ 2




1921年(17歳当時)のダリ






フランシス・カレット(以下、若者)


先生! 僕たち、あの〜〜 その〜〜


いま! 「18歳の時、あなたは?」っていうテーマでシリーズを制作してるんです。だから僕たち、先生のポートレートを作りたいと思ってて、それにシュルレアリスムぽいところもキープしたいな、なんて思ってたりもして。



サルバドール・ダリ


だが、先に申しておくが、誰も理由もなく、わしに文句は言えぬのだぞ。



若者


おっしゃる通り!

でも、僕たちどうしても、このシリーズのために先生のポートレートを作りたいし、それに少し話し……



サルバドール・ダリ


やるぞ!



若者


えっ? 何っ?



サルバドール・ダリ


さあ! まず最初に、だ! ダリは……



若者


先生! ちょっと待ってよ! カチンコ! だって……



サルバドール・ダリ


だって、何だ?!



若者


だって、始めるんだったら……



サルバドール・ダリ


待て!待て!待て! もう説明しとるだろが! もう始まっとるだろが!



若者


ダメ、ダメ! 先生、待ってよ! あった! じゃあ行くよ! シーン1! サルバドール・ダリ!

(カチンッ)

さて、っと。
18歳の時の先生って、どんな感じだったんですか?



サルドール・ダリ


ああ。だが、まず最初に言わねばならんがな。
まず話さねばならんのは、5歳の時、わしがどうだったかということだ。



若者


は、はい。物事の順序ってやつですね?



サルドール・ダリ


ちょっとした年代記だ。



若者


はい。



サルドール・ダリ


5歳の時、ダリは……



若者


先生! 待って! 上着を着けなくっちゃ! テレビの前のみんなに笑われちゃうよ……



サルドール・ダリ


おい! 続けるぞ? わしゃ続けるぞ?


若者


上着を着けて、っと。



サルドール・ダリ


5歳の時。(上着を着終えたコレット君に向かって)ご苦労!



若者


はい! で、5歳の時?



サルドール・ダリ


5歳の時、わしはキュイジニエール(女性料理人)になりたかった。キュイジニエ(男性料理人)ではないぞ。キュイジニエールだ。そして、10歳の時、わしはナポレオンになりたかった。



若者


えっ? 本当?



サルドール・ダリ


爾来、わしの野心は大きくなる一方だ。
そして、18(歳)にならんとする時、わしは決めたのだ。「サルバドール・ダリ」になることに!



若者


が、画家に!



サルドール・ダリ


お前さんたちの、“控え目だが、自慢の召使い”、にな。




イメージ 3
(君主制ダリ) イメージ 4(説明不可能)

イメージ 5(未解明)   イメージ 6(惑星ダリ)



若者


先生。18(歳)ん時って、もうセックスしてました?



サルドール・ダリ


あー、まだだ。まだだ。まだしとらん。わしは遅いのだ。
マスターベーションの見地からしても、わしがマスターベーションしたのは、22(歳)の時だ。



若者


えっ! 本当?



サルドール・ダリ


だからわしは、半端なく、遅いのだ。



若者


何歳ん時……



サルドール・ダリ


すべてのものが。いや、わしが「セックス・アピールの亡霊」というタイトルの有名な絵を描いたのもそのためだ。エロチックなあらゆるものが、恐ろしくわしには怖かったのだ。



若者


えっ! そうなの!



サルドール・ダリ


それに!(杖を振り上げるダリ)



若者


(びっくりするカレット君)おっと!



サルドール・ダリ


一つ! わしは宣言しておくぞ! 誰も信じはせぬがな。
わしはガラ以外の誰とも、セックスをしたことがない!


イメージ 7


セックス・アピールの亡霊
Le spectre du sex-appeal
1934年、板に油彩

松葉杖で支えられた亡霊を、クレウス岬の入り江で、セーラー服を着た子供のダリがこわごわと見上げている。



若者


でも、どうして? 18歳ん時に、エッチしないって?



サルドール・ダリ


ああ。それはわしが、18歳の他のどんな子供たちよりもインテリだったからだ。
わしは奴らを、完璧なまでにアホみたいな奴らと思っておったからな。



若者


じゃあ、ガラさんと知り合うまでは、先生ってエッチしてないの?



サルドール・ダリ


しとらん!



若者


チェリーボーイ?



サルドール・ダリ


ガチの童貞だ。



若者


宗教が原因?



サルドール・ダリ


いや、いや、ちがう、ちがう。エロチックなものへの恐怖だ。わしの大きな恐怖だ。なにせ、わしの本質的、必要不可欠なものは「知性」だからな。その種のあらゆる肉欲的な誘惑が、わしを獣のような人間に貶めるのではないかと思うと、わしは怖かったのだ。



若者


うん、でも…… でも、現時点での問題は、18歳にもなると、こう身体も変化してくるわけだし……



サルドール・ダリ


ああ。そうだ。だがな。打ち明けるが、わしは性的に不能なのだ。その点では非常に助かっておる。だが、そうは言うもの、わしは性的に不能でもないのだ。



若者


どういうこと???



サルドール・ダリ


つまり。これでもな。わしはまだまだ勃起するのだ。きわめて稀なことでもあるし、ほとんど意味のあることでもない。それに、勃起というのはすばらしいやり方で生命力を奪っているのだぞ。軽く勃起して朝目覚めるということほど不愉快なものは他にない。何の役にも立たん。



若者


でも、勃起して、それがインスピレーションを与えるってことがあったり?



サルドール・ダリ


わしは逆だと思っておる!

先にお前さんに話しただろうが。すべてのエロチックなもの、それは子供を作るために自然が仕向けた罠にすぎん。


イメージ 8

陰惨な遊戯(不気味な遊戯)
 Le jeu lugubre (部分)
1929年、厚紙に油彩とコラージュ



12



この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事