ハーレー カスタムショップ [コールドターキーエーエス]静岡

ハーレー & ather バイク カスタム カルチャー&ライフ ブログ リペア & リビルド

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全136ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]




本日は 寒い death・・・

最高でも 10℃ 昨日より 7℃も低い・・・

明日は 最高 19℃と また暖かくなるようで


イメージ 9


各部 修繕等 御依頼で入庫の 91’XL スポーツスター
中学の 同級生 G氏


イメージ 10


ガスタンクは ホンモノの 木張りです
オーナー G氏 自身の製作。 流石 職人です。




イメージ 11


カスタマイズの 御依頼で入庫の 14’FXDWG ダイナ・ワイドグライド

綺麗です。

イメージ 12


イメージ 13


委託販売 御依頼で 引き上げて参りました 99’最終 EVO ダイナ
思い出深い車両が 戻ってまいりました。 が、ヤレテます・・・


イメージ 14

現状 把握の為 各部チェックしながらの 掃除。

半日以上 かかりましたが・・・・


イメージ 15


磨き上げてはいませんが ここまで復活
エンジン始動まで 進めて行き、消耗 要交換部分の見極め後
価格設定と 進めていきます。



では 作業近況報告です。

継続車検取得 御依頼で入庫の 99’XL883 スポーツスター

イメージ 1


イメージ 2


各部チェックと 平行して整備。

全オイル 及びフィルター、フルード等 交換。
ベアリング類 消耗、磨耗等での 交換部分は無く 良好

以前 修繕した オイルタンク・ラインも再度確認、合わせてシート下 配線類 修繕。

基本整備を終え 試乗 スピードメーターに不具合
ODO 及び スピードのみ 異常が・・・・

リキャブレーションを施し 本日は雨の為、明日 再度 試乗予定です。
高さが異なりますので 構造変更です。



オイルタンクからの オイル漏れ 修繕中の 93’XL1200 スポーツスター

イメージ 3

前回は オイルタンク廻り バラシ 現状確認まで記述。

イメージ 4


93年までの XL スポーツスターの オイルタンクは
タンクと バッテリーケースとの マウント部分 構造上 強度が無く・・・

振動により クラックが入り オイル滲み、漏れを 誘発します。

他店さまでも ググると 同内容、事例が多々でてきますね

89’〜93’ 94’〜96’ 97’〜03’と EVOスポーツでは 3品番あり
外見 形状は ほぼ同様ですが マウント部等の 改善が行なわれています。



イメージ 5


左 : 97’〜03’用   右 : 83’〜93’用 オイルタンク

バッテリーケースの マウント形状が 改善され、より強固で、4点留めに増えてます。

オイルポンプへの ラインと、
カムカバーから オイルタンクへの リターン 2箇所 
フィッティング位置が異なりますので オイルラインは 要交換。


イメージ 6

左 : 97’〜03’用   右 : 83’〜93’用 バッテリーケース

XL 79’〜96’ と 97’〜03’ バッテリーの 外形サイズは 同じです。
端子の 位置は異なります。

ドレンホースの 位置も異なります。

*今回は 02’用が 入手できましたので
そちらに アップグレード 致します。


イメージ 7


上記画像 97’〜03’は オイルポンプへの ラインが
アンダーフレームにまで下りてから 2股で ポンプへのラインと ドレンへと繋がります。

他 年式に比べ、スッキリとしているのですが
スポーツスターの ウィークポイント オイル交換時、
オイルポンプへ エア噛みする事例は この形状のせいでも有ります。

イメージ 8


その為、今回は オイルタンクから T字フィッティングで
ドレンは 〜93’と同様に バッテリーケース下に マウントを造作。

ポンプへのラインは アンダーフレームへと 落とすように 加工しました。


全体像が見えてきましたので
追って 御見積もり等 御連絡致します。



では。
COLD TURKEY A/S Kustom Psycho Works



開く コメント(0)


イメージ 1


パンヘッド・リジット

無事 継続車検、構造変更 取得です


イメージ 2


御預かりした納税証明書が 昨年度のものだったコトに
予約当日 気付くという失態・・・・

構造変更の為 オーナーさんの所轄である ○○陸自へ出張途中
○○市役所に 再交付に廻るという 遅延


しかし 無事 取得

納車整備 完了次第 御連絡致します

後日、詳細画像等 BLOG HPにアップ致します。



では 2次ドライブベルト交換 御依頼の車両。
作業工程をアップです。


イメージ 3


HARLEY-DAVIDSON ’04 TC88 FXST
ハーレー ソフテイル・スタンダード

全オイル交換の 同時 御依頼で 各部チェックしながら 進めます。

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


ドライブシャフトに 振れ 噛み 皆無すんなり脱できるクラッチシェル

クラッチ板も 走行距離 相応の経年劣化程度で ○


イメージ 7


イメージ 8


インナープライマリー 脱の為には
リアタイヤ前方の ガード(泥除け)までを外さなければ スターターを脱できない。

イメージ 9


イメージ 10



全オイル交換も 同時 御依頼頂いているので
オイルタンク 外してしまった方が 作業は楽ですが 工程が増えてしまうので 外さずに。




イメージ 12


イメージ 11


2次ドライブベルトの 擦り傷は 上記画像 スターターの ジャンピンジャックに
干渉によるもの。

純正の ケブラーの粉塵・・・・

フロントプーリー 32T,リアプーリー 70T,ベルト 135T,
本国アメリカ仕様の セットアップです。


イメージ 13


ベルト交換時は スイングアームの シャフトを抜く必要があります。

スペーサーが外せる程度に ずらせばよいです。

この車両のように ストックのエキパイ車両は 
エキゾーストに シャフトが干渉するので
リアのみ 脱の必要があります。


リアドライブベルトは
ケブラー素材のものや ケブラーより強度のある カーボン製や
炭素繊維が練り込まれたものなど 様々あります。

高い耐湿性 柔軟性、磨耗の少ない耐久性をうたう物
振動を抑え駆動廻りの負担を軽減とか 破断しにくい ロングライフとか

正直 どれが一番優れているのかは ワカリマセン


今回は BDL / Gates PCCをチョイスしました。


イメージ 14


仮組します。

ベルト自体の伸びは 思いのほか無く・・・

干渉した原因は 張り調整が 緩く 遊びが生じたのか
リアサス ロワリングに際し プリロード量が低かったのか・・・・

過度なロワリングは 上記の症状を誘発します。

その為 当店では −1インチ程度しか 推奨していません。
プーリーの T数変更等で対処は可能ですが。


それらの点も考慮し 各部チェックし 決定させていきます。



イメージ 15


ベアリング 遍磨耗等 ありませんでしたが
ここまで開けた序に Cクリップ、各シールも 交換します。

仮組を再度 バラシ 逆手順で 組み上げていきます。

イメージ 16


組み上げ 及び 全オイル およびフィルター交換 完了

本日 試乗も終えました。

後程 御連絡致します

COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works


開く コメント(0)

近況ブログです。



イメージ 1


まるで 初夏のような陽気

バイク日和だねって声かけたら 花粉が酷くて 乗れません・・って
あァ・・・

BLOG 2週間以上も 更新せず・・新作アパレルも 造らず・・・申し訳御座いません。

近況を ランダムに。


イメージ 2

イメージ 3


ロッカーボックスカバー ポリッシュ加工 XL1200 スポーツスター 納車してます


継続車検で 御預かりの ’02 TC88 FXSTD デュース

イメージ 4

イメージ 5

消耗部分 一連交換で 継続車検 取得

磨き上げて 納車してます。


継続車検で 入庫の ’93 XL1200 スポーツスター

イメージ 6

オイルタンク 付近からの オイル漏れと
スピードメーターが動かないとの事で 各部チェック始めてます。

後程 現状 記述致します


全オイル交換と 2次ドライブベルト 交換の御依頼 ’04 FXST TC88 ソフテイル

イメージ 7

御見積もり 御出しし 作業準備に入ってます。

順次 行いますので 今しばらく御待ち下さい・・・・・



エンジン 腰上OHをさせて頂き、
慣らし運転中の ’97 XL1200S スポーツスター(画像 手前)


イメージ 8

イメージ 9


初回 250km走行後 エンジンオイル交換で御預かり。 

交換後の 帰り・・・・

フロント インテーク側 プッシュロッド下部からの オイル漏れ・・・・


なぜ・・・なんで・・・とは言ってられず
思いつく所を 見直し 手を加え 現状 試乗は 20kmほどですが 漏れ、滲みなし。

1速の ギア抜けのような症状も 修繕。
又、キャブのミクスチャー 点火モジュールの リセッティングを終えて
オーナーさんに 実走行を依頼。

明日 来て頂く予定。



セルスターター化、フロントドラム化等の カスタマイズを終え
継続(構造変更有り)車検取得の為 整備中の パンヘッド・リジット


イメージ 10


整備前の 現状把握の為 火を入れるも

リア ヘッド下部から オイル滲み・・・・

リア エキゾーストからは 白煙・・・

増し締め+添加剤等で 症状は収まったものの 修繕とは言い切れない。



リア ブレーキホースは エンジン下 エキゾーストと干渉してて 破裂・・・・

ブレーキライン 交換。


イメージ 12



イメージ 11


リアキャリパーは センター出しがされておらず
パッド 片ベリ・・・奥側 ピストンが出きってる状態 交換等 等・・・


イメージ 13

車検がまだ 数日残っている現状 実走行をし 持ち込める状態まで来ています。

当方のスケジュールと 陸自 予約状況により 近日中に取得予定です。




イメージ 14


先ほどの ’93 XL1200

スピードメーター インジケータは全て動作しますが 液晶部が不動・・
配線 見直すも 不備は無く メーター自体の損傷です 要交換


オイルタンク辺りからの オイル漏れ。
やはり 御話しさせて頂いてた通り、バッテリーケースの マウント部分の様です。

イメージ 15


イメージ 16

以前 修繕された 溶接痕がありますね・・・

振動により 溶接部に わずかにクラックが 入った為と思われます。


イメージ 17


各部 検証を進めていき 全体把握後 御見積もり等 御連絡致します。

*この車両も フロント プッシュロッド下部から オイル滲みが見られます・・



’99XL883 スポーツスター

こちらも 継続車検 御依頼で入庫です。

イメージ 18


順次 進めていきますので 御了承下さい。


近況でした。

COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Wprks


開く コメント(0)





んっ・・・yahoo!ブログ 本年度で サービス終了

5/9以降 他社ブログに 移行しろ


いやいや・・・又も 手間が増える・・・

過去 記事 消えちゃうとマズいので しっかりと どーにかせな


次から次へと 未知なコトが 増える・・・


イメージ 2


先日 出庫の 最新エンジン M8 ミルウォーキーエイト

この店を始めて 先日 3/2で 丸16年。17年目に 突入
今 乗ってるハーレー ソフテイルも もう 24年目

こんなに ハーレーに 関っていても 次から次へと
新たなコトが出てきて 日々 勉強


この年式 この車種しか うち やらないよ〜 なんて言えたら
楽だし 突き詰められるだろうけど・・・・

言えません。


17年目 日々勉強 精進致します。


ツインクールド・ツインカム トライク 継続車検 完了です


イメージ 3



イメージ 4



リア ライト側 ホイール外すに 一苦労・・・

リアサス フリーにさせるも フェンダーに干渉し・・・・


パッド交換しようにも キャリパー ピストンが戻りきらず・・・・・


一本の矢なら 間単に折れちゃうけど
3本の矢なら 折れないよねなんて

無理クリこじつけて 居合わせた Dくんと Sくんに 回避方法 思考してもらってwww


あっ・・もしかして こうかもなんて 答えを見つけるも

今 よくよく考えれば このトライク 2年前にも 車検整備させて頂いてて
同じ所で 躓いてた


その都度 勉強するも 記憶させなきゃ 意味がない・・

しかし 自分の 過去ブログを見たから 気付き 思い出したわけで
やはり しっかりと 移行せなアカンと 思う。


アメーバ、ライブドア、Seesaa、はてな さてドコがよいのでしょうか


イメージ 1

イメージ 5


フロント、リア共に シンタードメタルに 変更。

フルード類も 全て交換。

ツインクールドなので 今回は オイル類 全て SYN3に 交換。


後付けの ドライビング・ライト(フォグ) 通りませんので 排除。

基本整備 項目、不備は無し。
他 要修繕箇所もなく 雨の合間 継続車検に 行ってもらうも・・・・

ヘルパーで まさかの ヘッドライト 光量足らず ハジカレタ・・・



純正LEDライト ライトレンズが 曇ってしまい 光量が出ない・・・

数時間後 気温が上がり 湿度が落ちると 曇りが取れ クリアに


継続車検は 取得できましたが 同じ状況下になれば また起こりえる症状です・・

対策を考えねば・・


愚痴っぽくなってきてしまったので
今回は ここで終了。

トライク Oさん 納車準備も完了です。
追って 御請求書 御送り致します。


COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works




開く コメント(0)



近況を ランダムに ゆる〜くアップです


トライク 車検整備で 入庫です。

HARLEY−DAVIDSON FLHTCUTG / Tri Gride Ultra


イメージ 2


イメージ 3


トライグライド / ツインクールド・ツインカム 103ciエンジン

1689ccです。

高年式車両は 名前が覚えられません・・・・


その翌日

HARLEY−DAVIDSON FLHXSE CVO
Milwaukee−Eight 114ci


イメージ 1


イメージ 4


ストリート・グライド /ミルウォーキーエイト 114ci  しかも CVO

1846cc
オイル一式交換 御依頼で入庫です。

ミルウォーキーエイト・エンジンは
SYN3 / シンスリー 100%化学合成油 20W−50がメーカー指定です。

ひとつのオイルで エンジン、ミッション、プライマリーが補えるので
楽ではあります。




イメージ 5


イメージ 6


ミルウォーキーエイトの横に パンヘッドと ショベルっていう

なんとも 面白い 絵ずら



イメージ 7

イメージ 8


EVO XL / スポーツスター1200は
ロッカーカバー オーナーさんが 研磨、バフ掛けして来られたもの

本日 組む予定でしたが ごめんなさい・・洗浄のみです



ショベル FLHは
エンジン 組み始めています。


イメージ 9

イメージ 10


ヘッドは サンドブラストで 塗装剥離後
ガラスビーズ 吹き付けて 軽くコーティング

ヘッドカバーは クロームメッキ 剥離処理後
ブラストあてたものを 更に ラフに バフ掛けました。

イメージ 11



セルスターター化 及び フロント・ドラム化を終えた パンヘッド

継続車検の御依頼を 追加頂き、見積もりの為の チェック中。

イメージ 12

ガソリンコック OFFにしても ガス 止まりません・・・

オーバーフローぎみの S&S Eキャブ
原因の一つと言えます。

イメージ 13

配線 引き直し含め 概算ですが 御見積もりできました。

後程 御送り致します。


イメージ 14


この先 天気の悪い日が 続くようです・・・・・

雨だと バイク 外に出せず・・ 手狭な店内・・・・・

晴れてても この時期 花粉の 飛散がスゴク・・・ すぐ真っ白・・・・


花粉症の方には 恵みの雨ですねー


近況でした。

COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works


開く コメント(0)

全136ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事