ハーレー カスタムショップ [コールドターキーエーエス]静岡

ハーレー & ather バイク カスタム カルチャー&ライフ ブログ リペア & リビルド

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全120ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



暖かいんだか 寒いんだか・・・

晴れてるんだか 曇りなのか 雨 パラつくし・・・

な、季節の変わり目 変な陽気。


こんな ものを 入手しましたw

イメージ 16


コロナ・ビールの イルミネーション

ビールと ライムが 灯るんです

メキシカ〜んな アイテム

早速 2階に つけましたが どー考えても 電球 切れたら交換できない仕様なので・・・・

時々しか 灯せませんね・・・


近況 BMW,GSX1300R 隼、XLスポーツスター等


イメージ 1


セルが 回らず エンジン不動とのコトで
レッカーにて入庫の XL スポーツスター


イメージ 2

オールド・スクール的な
XL スポーツスター 不動の カスタム・スタイルですね

ヘッドライト、ウインカー、テール、ホーンは 問題ないが、
セルのみが スターターリレー カチっと言うものの セルが回らないという症状。

単純に スターターリレーの不良と思いきや・・

イメージ 3

イメージ 4


断線しかけてます・・・・

切りっぱなしの ブラブラしてる配線も 有ります・・・・

絶縁が キチっとされてない 配線も有ります。

スターターへの 必要量の電流が 流されない症状が、原因ですね。

配線修繕、バッテリーチャージャーへの コネクターの位置変更等で
完了です

追って 御連絡致します。


イメージ 5

1987 BMW R100RSは、前後タイヤ交換。

METZELER LaserTechの 予定でしたが、
メーカー欠品・・・入荷予定 未定とのコト。

BRIDSTONE Battlax に変更です。

Front  90/90-18 BT45HF   Rear 400-18 BT45HR

イメージ 6

こんなものも 造作しました。
ガソリンのフィルター・ブラケットです

ボルトで 脱着可能です。当然です。


イメージ 7



エキゾーストは 2 in 1 レフト側 一本出し造作しましたが、

左右2本出しの エキゾースト・ステー等も造作です。

イメージ 8

イメージ 9

センタースタンド、サイドスタンドの エキパイの受け部分も 造作完了。

大枠 造作は完了です。
が、オーナー TAKUくん グリップと ミラー 更に変更予定とのコトw



作業工程 ずっと載せられてなかった GSX1300R 隼

6インチ・オーバー スイングアームに、240mmワイドタイヤ化。

イメージ 10


正直 様々な クリアランス等の問題で、
作業 難航しております


イメージ 11


リアフェンダー インナーは、
バッテリー 及び ECM コンピューター受け部は、ストックを加工し 使用します。

後ろ半分は、社外 アルミ製を加工し 使用します。



イメージ 12

イメージ 13


強度を 増させる為、追加ステー等 造作で フィッティング

隼の ワイドタイヤ化は、タイヤ・センターが 大きく ズレます・・・

フェンダー等に 干渉せぬ様、リンクアームで、ロワリング調整しながら

最良の、ラインを探します。



イメージ 14



イメージ 15

仮フィッテイングは 完了。

ロンスイの為、クリアランスを、確保する為、
テールライトは、リフレクター部分を切除

単純に これで、ナンバーの位置は 4cm 上がります。
タイヤとの クリアランスが 4cm多く 確保できたワケです。

ナンバー下に リフレクターを移動します。
ナンバー灯が 切除された為、追加で、ナンバーボルト兼 ナンバー灯を追加します。

全ての リアまわり、仮フィンティング 終えたのち、
加重を掛け、干渉等ないか チェックし 先に進みます。

まだまだ 御時間 頂きます


COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works


この記事に

開く コメント(0)


イメージ 1


今週末 4/23(SUN)は、
JOINTS CustomBikeShow 2017

エントリーしてた頃って 何年前だろ
久々 軽く走りがてら 遊びに行こうかと 話してたのに・・・・・

町内会の 会合・・・・

その為 イベントには行かず、店 営業します。

しますが、13:00〜14:00辺りまで、外に出てます
御了承下さい。

さて 近況WORKS.

イメージ 2

エンジン不動
かかっても 走りが ボコ付くとの事で、引き上げにて入庫の

HARLEY-DAVIDSON 1997 FXDL
ハーレー ダイナ・ローライダー

イメージ 3

現オーナーさんに 販売させて頂いた当初は、
ビキニカウルで、S&Sエアクリも ブラック・パウダーコートだったのですが、

販売前の姿に 戻りましたww
アウターチューブは、クローム加工、前後フェンダーは リペイントされました。

この車両の 詳細ページは

イメージ 4


原因は、コイルの経年劣化。

完全に 死亡ではなく 熱を持ち始めると 症状が出てきます。
大事をとって 交換です。

この車両、点火は ダイナS 独立点火

前オーナー様の時から 気がかりだった コイルのマウント位置。

ブラケット自体がラバーマウントで、
ラバーの劣化も有り、かなり揺れる・・・・

ノロジーのプラグコード 長さがキツメで 現オーナーさんも
何度か コードが抜けかけてた事もあり・・・

コイル交換に伴い マウント方法も 思考します。



イメージ 5


エンジン・サイド センターに ブラケット 新規造作で、移設しました。

当店では よく行なう マウント位置です。

Vツイン・エンジンの センターに コイル持ってくると
メカメカしさも 倍増で、又 他がスッキリとし 個人的に 大好きです

エンジン自体が ラバーマウントの ダイナですので、
配線等 特に 考慮して、製作、設置します。

暖かく成ってきましたから、
キャブの リセッティングも 行いました。

今週末 納車予定です


続いて、ぼちぼち 進んでました
1987 BMW R100RS.

イメージ 6


イメージ 7


ほぼ 形と成って参りました

現状の製作箇所を ランダムにアップします。

イメージ 8

ヘッドライトの マウントステー
ネック・チューブに ダイレクト・マウント新規造作。

イメージ 9

ライト付けたら 全然見えませんがね・・・

イメージ 10


スピードメーター ブラケット
トップブリッジ下に マウントするよう 新規造作。

イメージ 11

クラッチワイヤーの クランプも兼ねてます。

ライトステー、メーターブラケットは、シルバーにて ペイント。


イメージ 12

う〜ん・・判りずらい画像ですが、
手前は リアサスのリザーバータンクのマウント

奥は、バッテリーケース。

既存の ケース・ブラケットを使用し、バッテリーの揺れ防止の為の
脱着式 マウントを新規造作。

イメージ 15





イメージ 13

イメージ 14


以前の ブログに詳細 載せてます エキゾースト廻りと、
シート廻りの造作。

ウインカー・ブラケットは、アルミ棒から、造作。

イメージ 16


配線類 ほぼ完了です。

イグニッションを切っても たまにヘッドライトが消えない症状・・・・
ヘッドライト・リレーの不良です。

30年前の リレーですからね・・・
できれば スターター、ウインカー、ホーン、ヘッドライト 全てのリレーを交換したい所ですが・・・

明日か 明後日には 入荷予定です。

イメージ 17

キャブレターのマウントも 造作。

前回 シリンダー、ヘッド等の ペイント記述しましたが、
他の 梨地の部分(ケース等)も 汚いです・・気になります・・・

オーナーTAKU君に ポリッシュしなよと 依頼しましたが・・
やりませんね

イメージ 18


持ち込まれた時は こんな状態・・・・

塗装が 剥がれ落ちた 梨地のエンジンは、機械っぽくて 有りなのですが

他を綺麗にしていくと やはり汚い

イメージ 19


エンジン ケース等も 半艶 ブラックにて リペイント

合わせて リア・ダラムブレーキのケースも リペイントしました。
グっと 絞まりましたね。

コントラストの フィン部分は、ガンバッて フル・ポリッシュにまで 仕上げてくださいな。
キャブも 軽く磨いておきましたが、キャブもポッシュになると

カーなり質感 上がりますよ

別途 請求で良ければ ワタクシが行ないますがw


イメージ 20


ミラーと、トラップの ボルドは 入手できましたか

前後ホイールも 塗りたいね・・・・
ビキニカウル 付けたいな・・・・

近況というか 毎度 報告ブログでした。

COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works


この記事に

開く コメント(0)


久々の快晴

汗ばむ程の陽気 完全に 走り日和

ですが・・・・・

イメージ 1


本日 午前中〜昼過ぎ 不動車両の引き上げでした

海沿い 150号 バイクなら最高ですが
ヘルパーの まーkunと 男2人 クルマってね

イメージ 2

イメージ 3

引き上げ 車両は、
HARLEY-DAVIDSON 2015 XL883N

アイアン883 スポーツスターです。

高年式車両 レンガ柄の壁前だと まるでディーラーみたいwww

パーツ入荷は 金曜日 午前中です。
作業完了後 改めて御連絡致します


アップしてませんでした 1999XL883
エキゾースト廻りです


イメージ 4



以前オーダー頂いてた エキゾーストは、
何ヶ月経っても 納品されず・・・・

代替で入手したものは、現状の ミッドハイ・ステップに 完全に接触どころか 組み付け不可

オーナーさんの御意向は、
2in2で、ブラック

こちらのスポーツスター ハンドル、カウル、シート、ホイール、メーター等
殆どのパーツは オーナーさん自らのチョイスですので、

それらに見合う形状を模索。



イメージ 5


ちょっとレーシーな クラブ・スタイルに したいなと
御用意したのは、フロント側は、スポーツスター用 スラッシュカット。

リア側は EVO ソフテイル用の エキパイ

カフェ・スタイルというか この取り回しで、
メガホン系の サイレンサーを、若干ショート目に 組み合わせたいなと。

現状では、ブレーキペダル 踏み込んだ時 干渉します・

また、ブレーキフルードのタンクに 近い為、熱での問題も生じますから

イメージ 6


イメージ 7



カットして 15mm 延長加工。

現物合わせ 全体を見つつ進めます。

ステーも 当然 現物合わせ 新規造作。

純正 マウント部分は 全くの無加工で、新規造作 これ大事

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


イメージ 11


ブラックと シルバーの コントラスト

エキパイは、耐熱 半艶で、サイレンサーは マッド・ブラック

サイレンサー・エンドや、クランプは クロームをチョイスして 質感を上げます。

イメージ 12

イメージ 13


完了です

いつか タンクと、ビキニカウル ペイント御依頼下さいね〜www

マッドブラック・ベースに 艶消しシルバーでの ラインなんて めちゃくちゃ似合いそう

前後ウインカーの配線等は、
スッキリと サービスで、引き直ししておきました。

この先 一週間 気温は 20度超えと 暖かいですが、
曇り/一時雨 の日 多いですねェ・・・・

御都合 宜しいとき 御こしください

近況でした。

COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works


この記事に

開く コメント(0)



イメージ 1


3階建ての、我が店舗 兼 住居

移転して 早2年が過ぎましたが、
いまだ ちょこちょこと リノベーションというか イジってますw

本日は 突発的に 以前から気に成っていた
2階 窓と窓の間の空間に、レタリング

窓枠サッシも 同色 赤で、リペイント。

イメージ 2


[ SINLESS LAG/Comrade ] の文字入れました

う〜ん 良い感じと 自画自賛

さーて Works


イメージ 3


1999 XL883 スポーツスター パパサン

進行状況 アップします。



イメージ 4


8インチ アタックバー
純正の スイッチケースで、配線中通しの 御依頼。

正直 アタックバーの 配線中通しは キツイ作業です。

溶接箇所が多く、角度も90°よりも、内側に入ってますからね・・・・
しかも 純正の配線の数・・・

ミニスイッチ化すれば、配線の数も、外径も細くできるのですが・・・

イメージ 5


配線完了の画。

判りずらいですが、ジョイント部分のみ 外に逃がしてます。
配線を通す為のホール加工は、計8ヶ所

強度を確保できる ギリギリの小径で。

イメージ 6

続いて デジタル・スピードメーター化。

汎用パーツの為、車体側 配線と、メーター側を確認しながらの作業です。

また 最短で収められる様、思考しながらです

イメージ 7

メーター 取り付け、配線完了。

ミッションから メーターパレスを拾っている車両ですので、
リアタイヤ外周等を測り、メーターのキャリブレーションを行います

グリップは、コントラストカットの、チーズホールに変更。

アクスル、スロットルワイヤー、Fブレーキホースは既存使用。
クラッチワイヤーは、ロングに変更しました。

イメージ 8


イメージ 9

チョークノブの交換も 御依頼頂いておりましたので
キャブを外します。

しかし、チョークを僅かに 引いた状態でないと
ボコついて まともに走れない状態・・・・・

かなり暖気し 暖めれば 少しはマシな状態と成りますが・・・・

つまり ガスが薄い。
インテーク辺りから 2次エアーを吸っているのでしょう。

スロージェットの 詰まりや、ミクスチャーの Oリングの劣化でも
同等の症状が出ますので、キャブOH インマニのガスケット交換です

イメージ 10

イメージ 11

インマニ ガスケット 完全に硬化して、ガス 漏れてますね・・・

全て修繕完了で、本日 継続車検も 取得致しました

*基準に満たない テールランプ交換、リフレクター追加あり。

ハンドル交換により、高さが変わりましたので、構造変更致しました。



イメージ 12



ずっと 御待ち頂いてたエキゾーストですが、
代替え品 入庫しましたが、ハイステップ純正のミッドコンを 数センチアップされている為、
ステップに干渉し 使用不可です・・・・

他のものを 御用意致しましたので、
もうしばらく 御待ち下さい


イメージ 13

格安にて 委託販売されていた 2012FLS

オーナーさんが 今一度 乗られるとのコトで
販売前の状態に 戻し作業です・・・・



COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works


この記事に

開く コメント(0)

GMC Siera/C1500,H-D FXST 異音


イメージ 1


新しい おもちゃ

1988 GMC/CIERA、 5700ccの トラックです
現状 車検取得の為の 整備中。

本日の作業は・・・・


イメージ 2


イメージ 3


リアの ショックアブソーバーの マウント・ステーの修繕

いつかのオーナーさんが ベタベタに車高落とす為、
マウント ブッタ切って、位置変更したのでしょうが・・・・・仮付けの様な、ヒドイ溶接・・・

最悪 マウント折れて アブソーバーが落ちても
板バネが有るので 走行は出来ますが、不安だらけなので 補強入れて 修繕です。

イメージ 4

歳ですかね・・・・体が硬くて・・・・

ジャッキ・アップで 腹下 もぐり込んでの 溶接や スムージングは疲れます。

とりあえず 修繕は完了

[ Early’s ]に 車両戻して、リフトアップして、仕上げのスムージングして、
シャーシ・ブラックで ペイントすれば 車検取得と進みます

ドアや ウインドゥの ラバーパッキン等は、
ぼちぼち 又、修復していきます・・・


さーて Works

イメージ 5

1995FXST EVOソフテイル。

異音探しの 旅です。

エンジン内部の異音は、反響したり 他に流れたりする為、外からでは把握しきれません。

音の質や、大きく響く箇所から想定し、腰下 カム周りではなかろうかと。

まずは オイルタンク スラッジだらけでしたので、
エンジン フラッシングをします。

*前BLOG 参照下さい。

エンジンオイルを抜いて、フラッシング(洗浄用)のオイルを入れて、
始動させ、循環させて、エンジン内を洗浄します。そして外部に捨てます。


壊れていない車両でも 定期的に、フラッシングは 御薦めします


エンジンを開けてしまう前に
まずはプライマリーを開け、メインシャフトの ブレを計測します。

問題は無く 一安心。ここでブレてたら クランク割る 大作業と成りますからねェ。


イメージ 6


エンジン ロッカーカバー開けて、
ロッカーアーム外して、プッシュロッド抜いて、カム周り、タペットローラー等 チェックします。

異音の原因は、カムシャフトの ニードルベアリングの 損傷

カム山や タペットローラー、ピニオンシャフト・ギア、ブリーザーバルブ等は、
経年劣化程度で、交換には至らない程度でした。

早期発見 良かったです


カム・ニードルベアリングと、カムカバーのブッシング交換と成ります。

*カム・シム、ブリーザーバルブ シムも 調整の為 合わせて交換です。

イメージ 7


抜けのいいエキゾーストの御蔭かな?
バルブ周りも 程度良好でしたので、OHはせず 進めます。


フラッシングでは とりきれないスラッジ等 有りますので、

オイルタンク 及びオイルポンプ バラシ、洗浄し、作業完了です


*開けた部分の ガスケットは交換です。

ロッカーカバー R&L、アッパー、ロアー、センター、アンブレラバルブ、
カバーワッシャー、カムカバー、オイルポンプ・シール等。

イメージ 8



御待たせ致しました

この車両の詳細は こちら

*ハンドル周り、ヘッドライト、エキゾースト等は 変更されてます。


イメージ 9

ハンドル周り等 カスタマイズ 及び継続車検で 御預かりの 99”XL883

作業 進んでおります。
近日中に 現状 作業工程アップ致します

COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works


この記事に

開く コメント(0)

全120ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事