ハーレー カスタムショップ [コールドターキーエーエス]静岡

ハーレー & ather バイク カスタム カルチャー&ライフ ブログ リペア & リビルド

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全135ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]



無駄に デカイ車が やってきますww


イメージ 1


イメージ 2


じっさいには 働くクルマたちなので 無駄ではないのでしょうが デカイです・・


イメージ 3


我がクルマも 幅 2m 長さ 5mと 本来デカめなのですが
ちっちゃく感じますわ・・・


さて ショベル FLH 現状を アップです。

メッキ剥離と サンドブラストに 去年出したエンジン類が
未だ 上がってこず・・・・

出来るトコから 進めています。

まずは リア・フェンダー造作

イメージ 4


造作の為 位置だしする為に 前回 リアサスを交換し
その後、2次ドライブ・チェーンも 交換です。

あと半コマ 摘めたいトコロですが 半コマは摘められません・・・・
現状 この位置しかありません・・

スプロケの T数を 変更するかもしれません。


イメージ 5


リブ有りの ラウンドフェンダー 幅 広めをチョイス。

オーダーは シーシーバーなので 長めの位置を 仮出し。

全体のバランス 見る為 フロント・フェンダーも 仮載せ・・・・

イメージ 6

イメージ 7


21インチ対応の フェンダーですが

オーナー御要望の このファイヤーストーン・・思った以上にハイトが高すぎて

19インチなのに 外径のRが 全く合いません・・・

さて どうしたものか・・・・思案部分が また増えました。



イメージ 8


フェンダー造作の為 オイルタンク また下ろします。

部分加工があります。


テールと ナンバーを シーシーバーにマウントの為
すこし大きめの Rに 鉄棒 手曲げ。


イメージ 9


4速のスイングアームは 通常でも 長さが短く タイト・・・

益して タイヤのハイトが 高過ぎる為 かなり 困難。

スイングアーム自体に ウェルドナットで フェンダーをマウント。

チェーンラインの 逃がし加工。


イメージ 10


強度と クリアランスを保てるように
こちらも アンダーブラケットに ウェルドナットで マウント

プレスの リブ・フェンダーの利点は 
リブ内側に 配線を這わせられるコト。

イメージ 11


キャリパーの逃がし、パット交換時の 利便性を考慮し
シーシーバーの エンド・マウントは アクスル・アジャスター部を 追加造作としました。

理由は多々ありますが この位置がベストと考えます。


イメージ 12


リア・フェンダー 造作 7割完了。

のち テールランプ、ナンバーブラケット、配線逃がし等の加工と進みます。

再度 下ろしたオイルタンク。

イメージ 13

イメージ 14


使用するバッテリーに合わせ 追加造作。

フレーム側のマウント部も 新規造作。

イメージ 15

シート下は ソロシートのため 見えてしまうので

極力シンプルに ビッタリと バッテリーをマウントできるように
オイルタンクを造作

前後しますが オイルタンク バッテリー部 造作の前に
配線の引き直しを 行なっています。

ブレーカーや リレー類を どこに配置するかを 先に思考するためです。


イメージ 16


メーターダッシュは 2ライトをチョイス。

伝送系 ブレーカーは ダッシュマウント底面に リベッターにてマウント。

配線は 純正に添う カラーで全て引き直し。


イメージ 17


イグニッション・キーは ブラス製 アーリースタイル

らしさを出す為 配線チューブは 編み込みのアスファルトコート。
カッコよいですが 正直言うと けっこう手間です。

ヘッドライト パネル内側に 極小のウインカーモジュールを配置。
プッシュ・スイッチで ウインカーを動作させる為、リレーではなく モジュール。


イメージ 18

メインの 30Aサーキットブレーカーは コイルマウント内側にセット。

スターター系リレーは マウントステー下部にセット。

脱着 交換が容易で さらに見えずらい位置にしました。


イメージ 19

タンク下、シート下の配線 引き直しは ほぼ完了です。

後 ハンドル ミニスイッチ加工 配線中通しや
前後ウインカー、テール、ホーン等の配線と 続きます。


イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

ガスタンク 仮載せ。

ショベル FLH 現状報告でした。

COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works


この記事に

開く コメント(0)



イメージ 1


ショベル FLH80 現状をアップです

前回は 各部バラシながらの 現状確認と 加工に出す旨含めの エンジン腰上バラシまででした。

イメージ 2


イメージ 3


メッキ剥離 ブラスト加工の ヘッド及び ヘッドカバーは
未だ 上がってきていませんが・・・・

他パーツ ほぼ入荷した為 出来る部分から 進めております。


イメージ 4



まずは フロント 19インチ化に伴い フロント・フォーク 2インチ ローダウン。

平行して ネック・ベアリング レース含め 交換です。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


フロント・パネルは ナセルから ハイグラ・パネルに変更。

ハイグラの トリプルツリーを使用しなければ
このパネル 綺麗にフィッティングできないのですが・・・・

ハイグラのツリーに変更、使用すると フォーク間の内寸が 1cm弱 狭くなってしまう為
キャリパーとローターのクリアランスや カラーの造作等 手間が増えます

その旨 御伝えして パネル 及びアッパーツリーの加工で
フィッティングさせて行きます。

*現状は 仮組です。


Biltwell チャンプス・ハンドルバー フランダース・スタイルの ショーティライザーは 
ソリッドマウントで 仮組



イメージ 11



イメージ 8


イメージ 15



ホイールは フロント19インチ リアは既存の 16インチで、
タイヤは コッカー/ファイヤーストーンANS

ANS→All Non Skid (どんな時でも滑らない)って名の クロスのトレッドパターン。

乗り心地 悪そう・・・

サビサビの ローターは 面研すると 遍磨耗しそうな程なので
ステン・ポリッシュに 変更。

アクスルの ドレスアップ・カバーは 既存を流用。

ロゴは お決まりの ホワイトレター加工。

イメージ 9

リアサスは フルカバードの 11インチに 変更。

フェンダーレールカバー等 排除の為、
その厚み分、スペーサー造作して フィッティング



イメージ 12


プライマリー ダービカバーや インスペクション・カバー
ポイントカバー等も 変更。

このドリルドっぽい デザインのカバー 初めて使用しましたが
綺麗なのに 古臭さも有る 良い逸品

マスターシリンダーや キックアームのカバー等
極力 アフターのカバー類は 排除しました。


イメージ 10

リア・タイヤも 履き替え、これで 全体のラインが出ました。

続いて オイルタンク。

純正から ラウンド・タイプに変更。


イメージ 13


各部 干渉せず 又、脱着も容易な場所を模索しながら 位置決めします。

4速フレームは スイングアームが短く
タイヤとのクリアランスが かなりタイトです・・・・

まして リアローダウン、ブロックタイヤで フラット・フェンダー化となると かなり厳しいです・・

その為 多くの FLHは キックオンリーで バレルタンク等で
逃げる方法を取りますね。

そんな事を 考慮しながら 位置決め、マウントを造作していきます。


イメージ 14


現状 オイルタンク 後方2箇所は
ラバーマウントで 造作しました。

明日 以降 オイルタンク 前方 あと2箇所 マウントを造作します。

この古びた感じのフィニッシュの バイシクル・キッカーも 良い感じ

あまり綺麗に 造らないでとのオーダーですので
要所要所 こんなフィニッシュのものを 取り入れていきます。

イメージ 16


ショベル FLH 80 現状でした

* シートは 仮載せ。

COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works


この記事に

開く コメント(0)



ハーレー ショベル と パンヘッド 作業現状をアップです

パンヘッド・リジット

セルスターター化と フロント・ドラム化の御依頼車両です。


イメージ 1

イメージ 2


先月 プリモ 3インチ・オープンから BDL 2インチ・オープンへ変更し
借組まで 終えていた車両。

本年度に入ってからの 作業内容をアップします。


既存の リア・フェンダー位置では
新規 セルモーターが フラット・フェンダーに干渉する為、
フェンダー自体を 1cmほど 後方にずらす様、マウント等 加工造作しました



イメージ 3

既存の バレル・オイルタンクから
御要望の ラウンド・オイルタンクに変更。

セルモーターや クラッチアームとの クリアランスが保て
且つ セルを回せるだけの バッテリーを搭載できるもの。

EVO ソフテイル用を 流用し マウント等 新規造作

クラッチシェル等 仮組し ミッションの位置変更、フロントプーリーの オフセットを決定。


オイルタンクの位置 決定後、
クラッチアームの 造作 及び、クラッチワイヤーの ホールド部分を造作。


イメージ 4



イメージ 5

十二分に 可動領域が保てる位置を模索しながらの 造作です。


フロントプーリー下部にあった フットボードのマウント・・・・

BDLの このプライマリーは
シンプルで良いのですが シンプル故 ベースプレートが無く
又、ショーティな為 位置決めも ちょっと困難で・・・

且つ、プーリーの外径が 大きくなる為 フットボードのマウントに干渉します・・・



イメージ 6

イメージ 7

クリアランス保てる形状に 加工しました。






オイルタンク 上部に ウェルド・ナット 溶接で 
サーキットブレーカー等の マウントを作ります。


イメージ 8

イメージ 9


EVO ソフテイルと 同内容のバッテリーを搭載。

スターターリレーは 交換し易い様に オイルタンク底部にマウント。

イメージ 10


セルスターター・スイッチは 既存の コイル上に 造作。
↓ 見えませんね・・・

イメージ 11


BDL クラッチ フリクションプレートは
新規で組む場合 オイルに浸します。

イメージ 12

イメージ 13



面を慣らし易く シャダー音の低減が 目的です。


イメージ 14


クラッチ板 組み込み、セルでの始動確認まで 終えています。

が、始動後 エンジン ストールします

キャブ オーバーフローします

イメージ 18


不動状態で 積載での入庫でしたから 御預かり時 始動確認できぬまま
バラシ、加工と進めたのですが・・・・

インマニからの 2次エアや キャブのフロート部、又 点火時期等まで
見直す必要があります。


イメージ 15

イメージ 16


作業順序 前後しますが フロント・ネックベアリング、レース含め交換しました。


イメージ 17


イメージ 19

オイルラインは 布編み込みタイプです


昨年末 製作と加工に出した アクスルシャフトと  スプリンガーのアーム
まだ 上がってきません

それらが上がってきたら フロント ドラム化と進みますが
まずは キャブ、点火系等の修繕と成りますので 追って御連絡致します。




イメージ 20

ごめんなさい・・・

BLOG 長くなってしまったので ショベル現状は 明日 ないし明後日アップ致します・・・

COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works




この記事に

開く コメント(0)


明けまして おめでとう御座います

本年も 宜しく 御願い致します


と、言いつつ 4日から 通常営業しております。


年末・年始は 店舗の サビサビだったシャッターの リペイント。

イメージ 1



真っ白に 塗り変えて ちょこちょこ文字書いて、
久々の休日 実際には 働いてる


FOR SALE の車両 準備できました


イメージ 2


HARLEY-DAVIDSON '00 TC88 FXSTSbase

スプリンガーソフテイル・ベースの オールドスクールな スタイリングの カスタマイズ車両

各部チェックも終えました 現状 要修繕箇所は御座いません。

車検 H32 6月まで たっぷり有ります。

詳細ページ 作りましたので御覧下さい。


現状販売 税込¥150万!別途 名義変更手数料 税込¥2.5万で
乗り出し可能です

イメージ 3


店頭にて 現車確認 できます 是非

COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works



この記事に

開く コメント(0)



気付けば もう28日・・・・
本年も 残り数日。

世間さまも 慌しく あァ年末なんだなァ〜と感じます。


委託販売車両の 入庫です

イメージ 8

イメージ 9


ツインカム・スプリンガー ベース。

一通り 手が入った カスタム車

現状 試乗しながら 現状確認( 要 修繕箇所等の有無 )を進めています。

後、オーナーさんと お話しながら 販売価格を決めていきます



イメージ 1


イメージ 2

イメージ 3




御預かり車両に 使用するパーツ類 ちょこちょこ入って来たものの

U.S.A メーカーさんに発注したものは 皆無。


当然ですが 11月末辺りの 感謝祭から クリスマス、お正月と
なが〜い ホリデーシーズンですからねェ。



もう28日 国内の 各ディストリビュータも 業者さんも 明日辺りから 御休みに入る為、
年内の パーツ入荷は ここまででしょう。

作業順序的に 先に欲しいものが 入荷せず
当方も 本日で 年内の営業を 終えたいと思います。

29(土)〜3(木) 御休みを頂く予定です


御預かり車両の現状を。

イメージ 4


ショベル FLH 

年明け早々に ブラスト等 業者さんに出せるよう
洗浄、計測等を終え、マスキングまで 進めています。

前後タイヤも 入荷してますが フロント・ホイールが未定・・・
流れとしては リアタイヤ 履き替え、リアサス交換後 リアフェンダー造作と進みます。


イメージ 5

パンヘッド・リジット

BDL スターター用 オープンプライマリーも入荷し
仮組を始めていますが・・・

イメージ 6


2次ドライブチェーン ダルダルだった為でしょう
チェーンが ヒットして ミッションケース 割れ(損傷)してます・・・・

損傷部分 削り オイルストーンで 最小限の研磨です。


スターター リアフェンダーに ヒットして
組めません。

現状より 1cmは 後方にフェンダーを ずらす必要があります。
追加工と 成りました・・・


イメージ 7


本日で 年内の営業は 終了
と言いつつ 毎年 掃除しながら 何やかんやと 作業してたりしますが・・

確定申告の準備もせな・・・


来年も相変わらぬ 御愛顧を頂けます様 御願い申し上げます。


COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works


この記事に

開く コメント(0)

全135ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事