ハーレー カスタムショップ [コールドターキーエーエス]静岡

ハーレー & ather バイク カスタム カルチャー&ライフ ブログ リペア & リビルド

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索


台風12号 皆さん 大丈夫でしたか

西日本豪雨災害 復旧・復興に向けての最中なのに・・・・・

当方の自治会でも 義援金の募集を行なっており
組長であるワタクシも 微力ながら お声掛けをしております。

御回復を お祈り致します。




またまた サボりぎみのBLOGです・・

近況を。

イメージ 1


カムカバーからの オイル滲み 修繕を終えた XL1200・・・

一般道 10キロ弱の 試乗確認し 御出しさせて頂いたものの
納車後 またも オイル滲み・・・

今度は フロント・シリンダー EX側 プッシュロッド 下部からの漏れ・・・


ロッカーカバーが ずれていたり
何年か放置されていた事への疑問もあり バラシます。


タンク脱、マフラー脱、キャブ脱、インマニ脱、コイル脱、エンジンマウント脱


イメージ 2





ズレている リア・ロッカーカバーからは オイル漏れ・・・・


イメージ 3






イメージ 4

キャブ インマニの ガスケットは この有様・・・・


イメージ 5


ヘッド 両EX側は カーボン てんこ盛り・・・・


こんな状態でも 2次エアの吸い込みもなく 排圧のバラつきもなく
圧縮落ちも 規定値内で 一見 まともと思えてしまう車両。


納車整備時 独立管にて 排圧や オイル上がり、下がりの症状もチェック済みなのに・・・


あれこれ思考するよりも
バラシたほうが 早いです。


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


ガスケットは 全て メタルに変更されてました。

MLSタイプ 現在では 一般的ですが 賛否両論あります。

現在ガスケットは 同形状で 様々なメーカーから
様々な素材のものが リリースされています。

MLS,銅、コンポジット、エラストマー等 素材も違えば 厚みも違う。


単純に言えば
純正採用のものより 薄いガスケットを使用すれば 圧縮比が上がります。

厚いものを使用すれば 下がってしまいます。



カタログ上では 厚みと、組み付けトルクを掛けた時点での 厚みも記述されています。

やみくみに 何がいいとは言えません。
ケースbyケース 適材適所というコトです。


イメージ 9


漏れのあった プッシュロッド下部の ラバーリング 劣化がみられます。
当然ですが・・・・




イメージ 10

イメージ 11

ヘッド 燃焼室の カーボン 左右でかなり異なりますね・・・・

イヤな感じです


イメージ 12


シリンダー内 傷あります・・・・・歪みも有ります。

ここまでは、オーナーさんには 現状確認して頂き、
御説明させて頂いております。




イメージ 17



イメージ 13

イメージ 14


ピストン スカート部 結構 深い傷・・・・

しかしケースや シリンダーには その形跡がない・・・?




両ピストン カーボン剥離すると・・・・

イメージ 15


上部 傷だらけ・・・・・

なんなんでしょうか・・・・カーボン 落とすのに ガリガリ 削ったのでしょうか?・・・・・


しかし これら現状は プッシュロッド・カバーからの オイル漏れの 直原因とは成りませんし、
オイル上がり、下がりの 明らかな症状は 未確認です。



イメージ 16


どうにも 負に落ちない・・・

現状 原因というか この状態になる経緯を 模索してます。

平行して 修繕方法を 思考してます。




イメージ 18


イメージ 19

イメージ 20


トライクは フロント・タイヤ交換でした。

フェンダー 両キャリパー 両ローター脱からの タイヤ交換。

作業 完了しております

が、明日は 当店 ガス管工事の為
通常営業しておりますが、工事車両 多い為、出庫 および 御来店の おクルマ
駐車は 不可かと思います。


御了承下さい。

COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works


開く コメント(0)



本日は 町内会の 神社の御祭りで

組長である ワタクシは 朝 7時から 準備の為 出かける筈が・・・・

すっかり忘れていて・・・・

昼過ぎ 子供達の 御輿を担ぐ 掛け声を聞いて 気付いたという・・・失態


さて 近況。

イメージ 1

ブレーキランプが 前後共 点かないとの事で
お越し頂いた ハーレー スポーツスター XL1200

テール バルブ確認するも 切れてない・・・

接点グリスアップすると
フロントは 正常に リアのみ 点かない。


イメージ 2

リアブレーキ・スイッチへの 配線 直結で、動作確認OK.

リア・ブレーキスイッチ自体の 劣化損傷・・交換です。

イメージ 3


ちなみに 左が 純正採用の ウェッジバルブ。

真ん中が 入手し易い 一般的な ウェッジバルブ。

振動対策が なされていないので、破損しやすそう・・・・

球切れは なかったものの 大事をとり
右側のバルブに交換しました。

12V32/3CP バルブ規格3157
*03以降の 純正対応バルブで 23W/8W相当です


本日 出庫


イメージ 4


もう少し 前に座りたいとの御要望 ショベル・リジット チョッパー

使用されてた ラペラのソロシートを ベースに造作です。


イメージ 5


トップ 及びサイド 板金溶接にて 拡張

背もたれ部 6cmふかす為、フォルムのバランスを考え 長くしました。


イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


イメージ 9



元のスポンジも使用し 更に拡張部分 ウレタンにて形成。

この猛暑の中 ウレタン研磨は 正直 イヤdeath


現状 形成 終えて、
シート 張替え 業者さんに出してます

*納期予定 1週間です。



イメージ 10


パーツ入荷に 御時間頂いてます 99 隼

はい・・全ては揃っていません・・・

イメージ 11

左右マスターシリンダー クローム加工

左右スイッチケース クロームに交換。
99に使用の為 配線加工があります。パッシングや ハザードを 殺します。

イメージ 12

なんか 溶かされて 拡張されてます・・・・粗悪・・


イメージ 13

ウインカー スイッチの 可動シブイです・・・・

こちらも バラシ、加工 ないしパーツ交換します


イメージ 14


ハンドルバーに はまらないという・・・・・

こちらも 拡張 加工します・・・

久々 粗悪・・・


イメージ 15

イメージ 16

メインフレーム、ネック部 マッドブラックに ペイント

クロームを 引き立たせる為の 処置です。

イメージ 17

イメージ 18


配線 完了 動作確認 完了です。

この グリップ カッコいい

マスターシリンダー 左右とも リビルド完了し 組み付け。

マスターの キャップは、改めて 探します・・


明日は リアマスターの リザーバー廻りの修繕と 進みます。


現状でした。


COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works



開く コメント(0)



California Diner " JACKAL " DAISUKE氏からの 御紹介で

グーグルMAPの ストリートビューの 撮影をして頂いて

その流れで


イメージ 1


VIRTUAL TOUR /バーチャル・ツアーも 作成して頂きました

店舗 外観から 1F そして 2Fまで
隅々まで 見れますよ

いくつかある →を探して バーチャル・ツアーして下さい

当HP トップページの 上記画像クリックして頂ければ 見れますので 是非。



製作は スタジオハラダ 清水さん

Special Thanxです



西日本 豪雨災害から 一週間・・
今尚 不明の方々 捜索の手の入れない場所も・・・・

お悔やみと お見舞い申し上げます。


COLD TURKEY A/S Kustom Psycho Works



開く コメント(0)




イメージ 1


HP [ MOTORCYCLE ]

このページの 下段には 上記のように

[ Light CUSTOM / MOTORCYCLE ] 現状 01〜04まであります


こちらは 文字通り ライトな カスタマイズや、 

他店さまが 製作された車両の スタイリングが 残っているもの、

修繕 等が メインな車両を 載せています。

各ページに 多くて 10台 載せてます。是非 御覧下さい。


こちら クリックで 下段まで スクロール



イメージ 2


フロント・フォーク オイル滲みで 入庫
1999’XL883



イメージ 3

インナーチューブ 左右共 数箇所 小さな 傷がある。

画像でも 確認しずらい位ですが 爪が 引っかかる程なので
オイル滲みの 原因は ここ。

しかし どーして付いた傷なのかが 不明

ダストシールの カバーが ヒットしたのではと 思いつつも
なぜなのかが 不明・・・


イメージ 4

イメージ 5


要因探しを 進めるものの 正直 確定には至らず・・・

新品パーツにて 組直し。

現状 組み換え作業は 完了しておりますが
引き続き 模索中。

追って 御連絡致します


イメージ 6


もう一台 1997’XL1200

カムカバー 上部からの オイル滲み。

増し締めでは 対応できない程と成ってしまった為 入庫です。


イメージ 7


エキゾースト 外します。

リベット留めされていた ポイント(タイマー)カバー 外します。

イメージ 8


純正モジュール 絶縁体 部分 溶けてます・・・

熱で 溶けます・・・ハーレーの 良くある部分ですが 良くない事です。

配線のリーク 等は無く、すぐ交換では有りませんが
気に留めておいて下さい。


イメージ 9


本来なら エンジン ロッカーカバー前後共 外し
プッシュロッドを フリーにして行きたいところですが

工賃が 嵩みます。

プラグ 外し、クランキングで 極力 プッシュロッドの テンションが下がる位置を出し
カムカバーを 開けていきます。


イメージ 10


わかりますか?

オイル滲みの部分の ガスケットが 落ちています。

亀裂、破れなど無く、ズレています・・・・・


イメージ 11



ガスケットの形状は 同等です。
単純に 組まれた方の 不注意か トルク不足か??

カバー等 全て 焼付け塗装がされています
ガスケットの 接地面、荒れや 傷等ないか 確認し 組み上げます。


本日 組み換え作業は 完了です。
追って 御連絡致します。


イメージ 12


ペイント中 ソフテイル

タンク・サイドに ロゴマークをとの 追加 御注文・・・・

当店 COLD TURKEY A/S の
C と T を ケルティック サンホイール的に デザイン


イメージ 13


サテン・シルパーで ペイント

現状 乾燥中です。

現状でした。

COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works



開く コメント(0)



イメージ 1


EVO ソフテイル カスタム ペイント 現状です!

ここまでの流れを ランダムに アップします。

イメージ 2

イメージ 3


前回まで

パテ形成、サビ止めサフェーサー噴き、ベース色 ブラック塗装

シルバーでの ラップ塗装、捨てクリア噴き、乾燥後 面出し研磨、キャンディーオレンジ塗装、捨てクリア


*キャンディーカラーは 中3日 乾燥させました。

ここから マスキングによる ワインワーク。

イメージ 4


イメージ 5



イメージ 6


イメージ 7


マッドブラックと シルバーでの ラインワーク。

部分的に ブラシにて ボカシ入れてます。

イメージ 8

イメージ 9


タンク上部と リアフェンダー上部には
セルティック文様の ラインワーク!

ここは キャンディブラックで ボカシにて行ないます。

イメージ 10

イメージ 11


見えるか 見えないか 絶妙な?微妙な?グラデーション


現状ここまで・・・・

タンクサイドには CTのマークを 入れる予定。
全体のバランス見ながら 追加ライン入れていきます。



イメージ 12


TC88 00”FLSTF FAT−BOY

継続 車検取得!納車整備 完了です。

御待たせ致しました!


イメージ 13

EVO ダイナ 継続車検の為の 整備中

イメージ 14


イメージ 15


もろもろ 有りましたが・・・
バッテリー端子廻り 修繕、キャブ洗浄 リセッティングにて エンジン始動しました。
( *試乗も 終えています。)

前後 ホイール、ベアリング関連、キャリパー関連 リペア完了。

整備した部分は 平行して 磨き入れてます。

引き続き 整備 進めます。


現状でした。

COLD TURKEY A/S  Kustom Psycho Works



開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事