鉄砲夢物語

鉄砲のことを中心に、その他趣味ことなど日々の出来事を綴ります

初撃ち

今年の初撃ちは千葉市若葉区小間子町にある「千葉県総合スポーツセンター射撃場」でスタートしました。
準備を整え射撃を開始したところ、電子標的の故障でいきなり凹み・・・
寒さ対策としてストーブを用意したけど風が強くてほとんど役に立たず。
それでもみんなで和気あいあいと楽しい射撃でした。


イメージ 1




イメージ 2




イメージ 3




イメージ 4




イメージ 5



この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

手元に何本か残る「ドットサイト」・・・・・
本州の猟で一番使ったのがこの「SIGHTRON」の「MD−30」で、「ハーフライフリング銃身」を取り付けた「レミントンM870」や「ブローニングBAR」といったライフルに装着した。
高価な「AIMPOINT」のドットサイトも購入して使ったことがあったけど、人に貸したらそのまま却ってこなかった。
あらためて同じモノを買おうかと思ってけど、よくよく考えると「解像度」が要求される「スコープ」とは違うし、夜間の猟が認められていない日本では暗視装置が内蔵された「ドットサイト」を使う必要もないのだから高価なモノは必要なし。

自分的には手頃な価格で、耐久性なども「AIMPOINT」に勝るとも劣らない「SIGHTRON」の「ドットサイト」で十分だと思っている。
フィールドで風雪や雨などに晒される狩猟の道具など銃を含めて所詮「消耗品」に過ぎないのだから・・・

たまに射場などで「ドットサイト」で狙ってワンホールにならないとカリカリしている射手を見かけることがあるけど、そこまでの集弾を求める意味が分からないし、動く獲物を対象とする狩猟においてそこまでの精密さを要求する必要など全くないと思っている。

まずは距離50メートルの監的で真ん中にマジックペンで直径15センチくらいの黒円を描いた大きな紙(カレンダーの裏紙など・・・・)を貼って、依託によるボアサイティングを行う、着弾を確認したらドットのサイトを調整して黒円の真ん中に寄せていく。
それが終わったら、次は標的までの距離を100メートルに変えて50メートルのときと同じように大きな白紙を貼って今度は「スモールボアライフル射撃競技用50メートル標的」を白紙のど真ん中に貼る。
さすが100メートルでは弾痕が確認できないので、「監的スコープ」を見ながら標的紙の黒円に収まるよう調整する。
大体、イノシシやシカは標的紙の何倍も大きいんだから10点圏に中らなくても黒円に収まればそれで十分なのだ。
以上が自分のドットサイトの調整方法。
あとは「ランニングターゲット(移動的)射撃」を中心とした練習を行い、ドットの中で光る赤い点がどれくらいの狙い越しで撃てば中るかを感覚で覚えれば大体獲物にはあたるはず・・・・・なんだけど(笑)

イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3




イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6




イメージ 7





この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

スリング

ハンター射手にはピンとこないと思うが、「ポジションシューティング」において正確に命中させるためには切っては離せないのが「スリング」
「スタンディングポジション(立射)」では使用しないものの、「ニーリングポジション(膝射)」と「プローンポジション(伏射)」では射手の体(腕)と銃をこのスリングで繋げ、極限までに銃を静止させる。


イメージ 1



イメージ 2



構えた銃を安定させるためにはスリングの微妙な調整が必要となることから、ポジションシューティング用のスリングにはミリ単位で長さを調整できる仕組みが施されている。



イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



これらのスリングは「フリーライフル」用で、「ハンティングライフル」の場合はストックなどの改造を施したうえ、ポジションシューティング用の射撃コートを纏わなければ使用できないが、ハンティングライフルにおいては「ミリタリースリング」を装着することで、ある程度は銃を固定することが出来るので、使用が許されている「猟友会系」の射撃大会などにはお勧めだと思う。



イメージ 6
(ミリタリースリング)



この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

調整

フリーライフルで最も気を遣うのが「バットプレート」と「チークピース」の調整。
僅か数ミリ長かったり短かったり、数センチ高かったり低かったりで結果は大きく変わってしまう。
ハンティングライフルの場合はそこまで命中精度を求めないので、撃ちやすいように自分の体へ適当に合わせればいいけど、競技用は如何に10点圏に中てていくかを追求するわけだから、弾はもとより銃にもかなりシビアなセッティングが要求される。
ポジションシューティングを続ける限り、姿勢と銃のセッティングには永遠に悩み続けるんだろうな・・・・(笑)


イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今年最後の射撃!

五十肩と腰痛で昨年は殆ど銃を撃つことができなかったけど、耐えられない痛みが徐々に和らいだ今年の春に射撃を再開。
改めて「射手手帳」を見ると、今年は「大口径ライフル」と「スモールボアライフル」の射撃が29回(内、試合が6回)、「クレー射撃」を3回行った。
月の平均回数は3回で、数年前の月平均5回には及ばないけど、昨年の銃を構えることすら苦痛だったことを思えば、体のほうはかなり回復した。

そんなわけで今年最後の撃ちおさめとして、名射手の「Nさん」と一緒に「千葉県市原市古敷谷」にある「千葉県射撃場」で大口径ライフルを撃った。

今回特筆すべきことは「レミントンM700」を載せている「マクミラン」のストックに「アンシュッツ」の「バットプレート」を付けられるよう施したこと・・・・
施した・・・といっても別に大したことではなく、既存のストックにフリーライフル用のバットプレートを装着しただけで、銃の全長は所持許可に記載されている長さと寸分違わぬものだから全く違反ではない。(その点は誤解なく・・・・)

フリーライフルを使うポジション射手は理解していることだけど、ハンター射手に何かと多い銃刀法の定義を理解していない所持者や、当局の中にも不慣れな担当者によってはストックの可動部分までを含めた長さを銃の全長と勘違いしている場合もあるので注意が必要。



イメージ 1




イメージ 2




イメージ 3



イメージ 4




イメージ 5



「千葉県射撃場」の標的までの距離は最長100メートルなので、「弾頭」は「シェラ」の「110gr・・HP」に「火薬」は「IMR4064」を「43.5gr」・・・初速「2800ft/s」検討で弾を作った。


イメージ 6




イメージ 7




イメージ 8



弾づくりのレシピは人それぞれ違うと思うけど、自分の銃ではこの組み合わせのグルーピングが最も良いので、100メートルの射撃ではずっとこの弾で通している。


イメージ 9



イメージ 10



射撃開始!


イメージ 11



射撃姿勢は「プローン(伏射)」
ライフル射撃競技は基本的に「スタンディング(立射)」「ニーリング(膝射)」そしてこの「プローン伏射」の三姿勢があるが、最も安定して撃てるように見えても、ちょっとした姿勢の崩れが最も着弾に影響を及ぼすのが「プローン(伏射)」だと「ポジションシューティング」をやるようになって初めて知り、元々「ハンター射手」の自分には意外だった。


イメージ 12



なんせ「ハンティングライフル用」のストックに「フリーライフル用」のバットプレートを装着するのだから姿勢にマッチする銃の設定がが難しい。
とくに載せている「マーチスコープ」において、「プローン(伏射)姿勢」での「アイレリーフ」の調整は困難を極め、目との距離をミリ単位で動かさなければならなかったので、大半の時間は銃とスコープの設定に費やした。


イメージ 13




そんなわけで実射はほとんどできなかったが、何とか最後に11発撃ったのがこれ・・・・・
悪くても9点圏内にすべて着弾させたかったけど、姿勢のほうに気を取られてしまい6点や7点などに飛ばしてしまいバラバラだった。
今日の反省点としては銃の設定と射撃姿勢の取り方は然ることながら、「トリガー(ジュエル)」の調整も必要だと痛感・・・・
来年はじっくり時間をかけて銃を馴染ませていくつもりである。


イメージ 14




年内の射撃はこれにて終了!
新年は「スモールボアライフル」か「クレー射撃」でスタートする予定です。
来年は皆さんとも一緒に撃てればと思っています。


イメージ 15





この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事