全体表示

[ リスト ]

 今日はオマーン戦を見ながらご飯を食べ、そしてtwitterでtweetしながら、観戦するはずでしたが、そんな余裕すらなく、とても精神的にやられてしまいました・・・。つい2時間ほど前にようやく落ち着いた感じです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛犬のことです。我が家にはもう14歳になる犬がいます。犬というより、もう弟と言っても過言ではありません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その愛犬が最近、発作により何度も死にそうになっています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
外に出て吠えすぎたりして過呼吸みたいになりはじめます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2週間前くらいはすごかったです。何度かそういう症状があったのですが、心臓らへんをさすってあげたり、市販の酸素ボンベみたいなのを口からあげれば復活していましたが、その日は違いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一向に症状がよくならず、一度は死にかけました。ふっと、一瞬めを閉じたんです。その日は午前中でしたが自分も両親も家にいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一番犬をかわいがってる母は発狂して、犬の名前を呼び続けました。父は何度もがんばれ、がんばれとさすっていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
不思議なことにこういう時、自分は至って冷静でした。というのも、もう犬としてはかなり高齢ですし、もういつその日がきても自分だけは冷静でいようと・・・・・いわゆる別れの覚悟がいつでもできていまさいた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、かすかな呼吸で彼は生きていました。かかりつけの獣医さんに連絡を取り、家に駆けつけてくれる直前に、彼は呼吸を取り戻しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
獣医さんにいろんな治療を施してもらい、その日はずっと寝ていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
翌日も自分が夕方までポルトガル語の授業を受けに京都へ行ってる時にも、近所の人に吠えたのが原因でまた同じ発作が起きました。その時は母1人で、さすがにそのときはもう覚悟ができていたらしいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
帰りに大阪駅で電話した時、いまそういうことがから切るねっと母に言われ、家に帰るまでとても落ち込みました。いくら覚悟はできていたとしても、見とることができなかったのはすごく残念だと・・・。できたらまだ・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バス停から急いで走って帰ると、まだ生きていました。しかも、また呼吸が戻ったらしいです。獣医の先生もまた来てくれて、今度は昨日とは違う治療を受けたらしいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それからしばらくは家族はかなり神経をとがらせていました。興奮させないようにしたり、窓の外をよく見るのでまた吠えないように窓の半分にすだれをかけたり・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、もう散歩は行けないので庭で排便をさせていました。最初は慣れない様子でしたが次第に慣れてきたようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しばらくは、いつもと普通に生活してました。お昼や晩御飯の時はいつものようにテーブルへ来て、おかずをくれくれと来ていましたし、よく寝ますし、いい年していたずらだってします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
基本的に何か興奮させたり吠えさせたりするきっかけさえなければ、前の発作が嘘かのような生活を送ってました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ところが今日の夕方、母が庭に連れ出したところ苦しくなって、いつものようにまたぜえぜえ言い、苦しくなって家に入ってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
酸素を上げたり、獣医にもらった薬なので対処はしましたが一向によくなりません。おとといから遠方へ出かけていた父も丁度帰ってきて、3人で対処しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
酸素のスプレーを口からあげても、今日はなかなかよくなりませんし、母もできる限りの対処をしました。後は胸のあたりをさすってあげることしかできません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もう、さすがに今日でダメだな・・・。母もこんなに苦しい思いをさせながら死なせていくのはかわいそうだと、涙ぐんでいました。ただ、自分と両親が見ることができただけで、自分は良かったと思っていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「また先生(獣医)呼ぼうか?」と母に言いましたが、断りました。これ以上またいろんな薬を入れられるのはかわいそうだから、次の時は獣医は呼ばないと前回の一件で決めてたらしいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家族3人でその時がいつ来てもいい。とりあえず家族で見送ろうと・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし、彼はしんどいながらも呼吸をぜえぜえしながらも目をぱちぱちと動かせていました。こちらの反応までしたんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
交代でさすってあげ、発作から3時間以上経った時。ふとした異変に母が気付きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
下が赤くなっていたのです。犬は病気や体調が悪くなると舌が紫色になります。発作が起きてからも舌をだらんと出して紫色だったのはだんだん元の赤色にもどっていたのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして22時半くらいになんと呼吸が戻ったのです。まだぜえぜえしてはいましたが、(とても言葉での説明が難しいですが・・・)呼吸の調子が良くなっているのが分かったのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんなことってあるの・・・?母はぽツンと言いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もしかしたら、必死の胸へのさすりが効いたのかもしれませんが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕は思います。彼はまだ苦しいながら、必死に生きたいんだと・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今までもそうでした。ここまで死にそうになりながら呼吸を戻したのは彼の「まだ生きたい」という気持ちだったと思うんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もしかしたら、このまま寝たきりになるかもしれませんし、明日起きたらどうなっているかわかりません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも、もうこれ以上、強い薬を与えるのはつらいだろうし、その時が来たらできる限り家族全員で見送ろうと思ったいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、強く思ったのはペットの犬でも、彼らは「生きたい」という強い気持ちを持っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近、理不尽な死を遂げる事件が多いです。ニュースや新聞で見ていても「○人死んだのか。」で恐らく終わってる人が多いと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
震災だってそうです。もう、数字だけ見てもただ「気の毒」という気持ちしか実際浮かんでこない人もいるはずです。自分もそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも、亡くなった人たちだって必死で生きたったんです、きっと。次の日や今日やこの先も。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
twitterのRTで最近見た誰かの言葉で「あなたが死にたいと言った今日は昨日生きたいと言って死んだ人の明日」という言葉が今深く心に感じます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だからより、自分で命を経つことは絶対にあってはいけない。身近にこれほど必死で死にそうになりながらも生きたい人(犬)がいるんですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
奇跡かもしれないけど、これは奇跡じゃない。まだ彼は生きたいんです。生きたい気持ちがすごく強いんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
だから彼が本当にもうしんどくなったらそれはそれで無理に獣医を呼んで薬を与えることなく自然にそのままにしようと家族で決めています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
覚悟はもうできています。だから残りを無理せずに、自由に生きてほしい。そう思っています。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事