★☆★☆★☆Finding TRUE Family★☆★☆★☆

預かりっこEセターのMonifa&Nate、 先住WAN&NYAN Diary

保護猫:〜ティガ〜

[ リスト | 詳細 ]

保護猫 ティガ

2006年10月10日に保護
家族探しを始める前に、まずは体調万全にならなきゃね!
記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]

ティガの綺麗な目♪

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

さてさて・・・

入院させ、一時はこのまま会えないのでは?と心配していた ティガ は無事
退院いたしました!!!

よくがんばったね♪

あの夜、目ヤニだらけで気づかなかったこの子の目の色・・綺麗なブルーグレー♪
子ネコの目の色は大きくなるに連れて変わることがありますが、この綺麗な目を
みていると、本当に助かって良かったぁ〜と・・・

 【クリック♪】                            おたく・・・美形なんじゃないの?

あの夜、メリーさんが見つけてくれて本当によかった、と心から思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ティガの健康状態:

  〇 お腹にコクシジウム発見!!
    治療:コクシジウムの駆虫薬を朝晩2回投薬中

  〇 鼻水と目ヤニ
    治療:朝晩2回のお薬をご飯に混ぜて、服用。
       あとは点眼薬。

  ● 右目の濁り
    重度の結膜炎と目ヤニのため、現在にごりがありますが、
    栄養状態と健康状態の改善で綺麗になるだろうとのことです。

  ● 血液検査結果
    猫エイズ&その他の感染症とも陰性です。
    猫エイズに関しては、また大きくなってからの検査が必要
    ですが、今のところ問題なし!です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

とにかく、 ティガ は食欲もばっちり!
一人で部屋を探検したり、私の指にじゃれ付いたりと日々元気良くなっている、
という感じですよ〜。

 【クリック♪】 私のひざの上にチョコンと座るティガ☆  【クリック♪】  カメラに興味しんしん?!

ティガ は現在、うちのワンともニャンとも接触はNO!NO!
お腹の虫ちゃんを退治して、健康状態が回復し、予防接種が済むまでは、2階の
お部屋に隔離生活です。なのでなかなか ティガ をかまってあげる時間が少ない
状態ですが、我慢してもらわなきゃね (T_T)

ティガの 「家族探し」 も健康回復を待ってからはじめたいと思います。
それまで皆様、そして、この子を是非家族に!と思ってくださった方々・・・
しばしこの子の健康回復を見守りください・・・

どうぞよろしくお願いいたします。

開く コメント(0)

メリーさんの拾い物

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

10日の夜、かなり遅くにみんなでグラウンドに行き、遊んでいました。

そこで、なぜかメリーが端っこのほうで、ピタリと動きが止まり、固まっていたので
「んんっ?」と思い、近づいていきました。そしたら、メリーさんがスッと動き、
何かをくわえ私のところに軽快な足取りで寄ってきたのです・・・

くわえているものを見たとき一瞬私の頭の中はパニックになりました (゚Д゚)アァ!?

だって・・・それは・・・・

子ネコだったんだもん ε≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡Ξ≡ヽ(;゚〇゚)ノアウアウ

一瞬のパニックの次は冷静になり、ふと今度は恐ろしくなった・・・・

「もしタイーナがこの子見つけてたら・・・・ (´Д`|||)

間違いなく、恐ろしい光景になっていたよねぇ・・・よかったメリーが見つけてくれて。

と、今度は一安心 (´д`)ホッ

この間、10分もたたない間だったと思うけど、なんだか色んな気持ちが入れ替わり立ち代り
と来たもんで、どっと疲れた。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

子ネコちゃんの状態・・・

色んな子を保護したけど、この子は本当に状態が悪かった。
家に連れ帰り、まずは家のニャンども&ワンどもから隔離のため、部屋を用意した。
そして、健康状態、怪我などの確認をしました。
・・・目は目ヤニで両目がくっついてしまい、プックリと腫れあがっている。
そして鼻は鼻水でガビガビに固まり、鼻から息はできる状態ではなかった。
口は見たからに、脱水症状で、水分が全然なく乾ききっている。

そっと顔を拭いてやる。
でも全然目ヤニもとれない・・・鼻もふさがったまま・・・
無理に擦り取ると、皮膚や目を傷つけることになるかもしれないので、ちょっとづつ
暖めたタオルでふきとってやると、目ヤニが徐々にとれ、目が開いた。
・・・と思うと、開いた目からはドロドロの膿のような目ヤニが拭いても拭いても流れて
きた。最初に目が腫れてるな、と思ったのは、目ヤニが中で溜まっていたから、ということに
ココで気づいた。拭いても拭いても両目から流れ出る・・・

ある程度綺麗にしてやり、タマタマ居合わせた近所の方から頂いた、猫用ミルクを用意
した。でも、鼻が詰まってしまって、匂いがわからないため、ミルクを飲もうとしない。

脱水症状があるのは確かだったので、急いで近状の自販機に走り、スポーツ飲料を購入。
お湯で薄め、人肌に温めてちょっとずつ、口に入れてあげた。

鼻が詰まっているので、一気に水分を入れると咽喉に詰まらせるので、少しづつ。

あまり飲まなかったけど、ある程度、口元がうっすら潤い、、そのうち疲れたかのように
眠り始めた。

まだ手のひらくらいの大きさのこの子が、なぜ一人でいたのだろう?
こんな小さな体で、目もふさがれ、周りもわからなく、不安だっただろう・・・
お腹すいてただろう・・・
苦しかっただろう・・・

眠り始めたので撫でるのをやめ、離れようとすると、またおきてきて、一生懸命
「みゃ〜みゃ〜〜!!」と声がかすれながらも呼ぶ。

とてつもなくやりきれない気持ちになり、この子を撫でながら涙がこぼれた。

胸が痛くって痛くって、どうしようもない。
でもきっとこの子はもっと辛かっただろう。

そんな事が頭の中を巡りまわって、しばらくまた側にいた。

そして、あたたかいタオルの中で安心したかのようにコクリコクリと眠りについて
くれた。


水曜日、近所にいるジョイ里親さん(元預かりワン)に頼んで、代わりに病院に連れて行って
もらった。

重度の風邪による症状。
ウィルスによる脳神経への初期症状が見られたため、それを考慮に入れた治療と極度の
脱水症状・栄養失調。それに対する治療をあわせて、先生にお願いをした。

土曜日に会いに行ったときは目もパッチリと開き、自分でご飯を食べれるまでに回復して
いた。入院し、集中的な治療をしていただき、今日、退院となる。継続的な治療は通院して
おこなうことになった。

保護当初は、「ここ2・3日が勝負でしょう・・・」 と先生に言われていた。

もしかしたら助からないかも知れない・・・

がんばってもらいたい。入院させて、翌日に “ティガ”と命名した。
名前を貰ったんだもん、これでがんばってもらわなきゃ!との勝手な私の思いからだ。

しばらくは、隔離の状態で、健康状態の改善をします。

そして、無事完治後にはこちらで里親募集をさせていただきます。

どうぞ、皆様、新たな新入り “ティガ” をどうぞよろしくお願いいたします。
詳細、プロフィールはおってまたお伝えします。

【名前】 ティガ
【性別】 たぶんオス?
【年齢】 1ヶ月〜1ヵ月半
【体重】 400グラム(2006/10/14)
【特徴】 茶トラ まっすぐなシッポ

 【クリック♪】  【クリック♪】

 【クリック♪】  【クリック♪】

開く コメント(2)

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事