as0*0*jpのブログ

原則として毎日二回配信しています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1


【心に刻んでおきたい言葉】


 
社員教育に莫大な資金と時間を投資している会社がある。




そのような会社ではいまだに年功制を継続している。




経歴が古い人が実力も上と評価するのは自然の姿と考えているのだ。


 
〜人財<その31>〜



**********************************************


 
【本文】



 
■年功制を蔑視すべきではない!■



 
今でも年功制を継続している大企業がある。



 
その一つがデンソーだ。



 
経歴の古い人が全ての面で優れていると考えるのは確かに問題がある。



 
それゆえ、デンソーでは抜擢制人事制度と併用して年功制を維持していると言う。



 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



 
例えばブロ野球の世界では入団時はアマチュア時代の実績を参考に契約金や年棒が決まる仕組みになっている。



 
だが、育成契約の選手でも昇格して一群で活躍すれば瞬く間にドラフト上位指名の選手やベテラン選手を追い抜くことができる。



 
会社ではスポーツ界のようなドラスチックな制度はなじまないのではないかと思う。



 
会社としてしっかり教育訓練を積むから経歴の古い人が実力も上になる確率が高いと見るべきで、抜擢制度と併用する年功制度は妙に納得感が得られる制度なのだ。



 
=コンピテンシー宣教師=
     
 **********************************************

彩愛コンサルルビアのHPは 
                         
http://saiaiconsul.web.fc2.com/index.html        

  **********************************************




           

 今年の一月の話だが、堺市であおり運転をし、運転手の胸ぐらをつかんだ僧侶が遅ればせながら書類送検された。



警視庁長官が宮崎事件を受けて「あおり運転は極めて悪質な行為で刑法の適用を含めて取り締まりを強化する」と大号令をかけたことによる。



==========================================



【本文】




■ 仏につかえる僧侶までもがあおり運転する時代! ■




僧侶の車が繰り返し急ブレーキをかけてあおったうえ、袈裟を着たまま車を降りて被害者に「降りてこい、こらあ」などと怒鳴る様子がドライブレコーダーにとらえられていた。




僧侶は「ついカッとなって」と釈明しているとか。




この事件が明るみに出て驚いたのはお寺関係者。




とりわけ檀家の人たちだ。




「なんだ、なんだ、うちのお寺の僧侶じゃないか」。




坊主のくせしてやるもんだ。




檀家関係者や地元ではこのうわさで持ち切り。




このくそ坊主、きっと穴があったら入りたい気持ちだろう。




仏につかえるとは真っ赤なウソ。




昔の坊主は表向きは、精進料理しか食べていないように振舞っていたが、今の坊主は生魚も大好きだ。




いわゆる生臭坊主だ。




さすがに袈裟は付けていないが、キャバクラにも行って堂々とホステスを膝の上にのせて楽しんだりしている。




それは許せるが、あおり運転は許せない。




檀家の人たちにどう申し開きをしたのだろうか。




= コンピテンシー宣教師 =
     
 **********************************************

彩愛コンサルルビアのHPは 
                         
http://saiaiconsul.web.fc2.com/index.html        

  **********************************************

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事