ソーシャルメディアで反権力運動が拡大

ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアが社会に浸透し、一般人が自由に情報を発信するだけでなく、一般人同士が直接的に生の情報をやり取りする時代がやってきましたが、これらソーシャルメディアを使った情報の一般化は、国によってはすでに、政権を揺るがすほどの驚異的な力を発揮しているようです。 中近東のイランでは、インターネットを利用した反政府活動やウイルス攻撃が蔓延しており、イラン政府は監視を強化するため「サイバー警察」を発足させました。イランでは、2009年のの大統領選で、不正開票疑惑が国民の間で蔓延しましたが、このときもネット上の呼びかけを通じて政権批判が活発に行われています。 チュニジアでも最近、反政府デモの動きがインターネットを通じて拡大した結果、政権転覆にまでいたりましたが、これをうけてイラン当局も「ネット」への警戒感すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事