浅田やすおの文京日記

学校職員から文京区議会議員に

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
イメージ 2












 文京区の根津で開催された「ふれあい館まつり2018」は、地域の人たちで運営されています。

 私は、歩く達人友の会の皆さんと一緒に介護予防体操、『子育て支援ーどんんぐり保育園B父母の会』、タオ太鼓道場(和太鼓演奏)観賞などに参加。

 今年も大勢の方が訪れて、活気のある楽しいイベントがたくさん企画されていました。
 伝統工芸体験コーナーでは、アクセサリー作りを体験。
 文京区伝統工芸会青年部の方々に教えていただきました木片と毛糸をつかった「豚」。どうですか?
 
 さて、2月定例議会が始まりました。2018年度予算審査も行われます。
 会派・市民の広場としていくつか予算修正を準備しています。

 一つは、子どもへの医療助成です。
 文京区は、乳幼児、小学生、中学生まで医療費を助成しています。

 しかし、入院時の食事代金(食事療養標準負担額)は、助成の対象になっていません。
 そこで、23,232,000円をこれまでの助成額に追加するものです。

 文京区がこれを助成していない理由は、「保険医療では、入院時の食事療養は療養の給付の対象外」という考え方です。
 私は、入院中の食事は、治療の一環であり助成の枠に入れるべきと考えています。

 子育て支援の観点からも必要です。
 私の調査では、都内23区で、既に14区が助成を行っています。実現を目指します。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事