ほしぞら高原鉄道Yahoo支店

Nゲージ架空鉄道『ほしぞら高原鉄道』の思い当たった事を綴るページです。

全体表示

[ リスト ]

【トレイン・トレイン ブログ『ほしぞら高原鉄道トレトレ支店』より記事移設】

TOMIXが出しているお得?な3両セットシリーズ。
その1つに『EF66ブルートレインセット』というものがあった。自分も購入しており、このセットの機関車であるEF66は既に53号機にされていた。
…それは置いておいて、このEF66は、現行製品のEF66と異なり、使用されているパンタグラフが違っていた。下枠交差型パンタグラフであるPT4811が、このEF66に使用されているのであった。そして、その取り付け用のツメが、旧製品のEF66と合致しているのである。
「これだ!」
菱形パンタグラフから下枠交差型パンタグラフに交換されたEF66は珍しくないし(現に、ブルートレインをメインに列車を牽引していた、今は亡きJR西日本下関車両管理所在籍のEF66は下枠交差であった)、現存のEF66は、鉄道博物館所蔵の11号機は菱形だが、JR貨物で廃車後にJR西日本に譲渡され、梅小路で国鉄色に復元された35号機は下枠交差型。
そして、旅客機の番号をつけた製番2109のEF66が1両、復元で国鉄色+下枠交差のパンタを装備したEF66の番号をつけた車両が1両在籍していることに目をつける。
「35号と42号を下枠交差に交換して、捻出した菱形を使えばいいんじゃないか?」
ここに『ドミノ移植』ともいうべき、作業が実施されるのであった。


TEC-STATIONから、修理に必要な部品を購入…
イメージ 1


イメージ 2
1枚目)大量に取り寄せられた部品。この小箱のうち3箱がPT4811である

イメージ 3

2枚目)菱形パンタを取り外された42号機。
この42号機も、パンタが片方だけ、ケースなし…ジャンク品同様に売っていた車両を購入、復元して入線させた車両であった。製品純正の菱形を装着していたが、ここで交換するとは…入線当初は思うまい。
既に取り付け作業前のため、取り付け予定の下枠交差型パンタグラフが既に準備されている。


イメージ 4

3枚目)下枠交差型パンタグラフを装着した42号機。
菱形パンタグラフとは違う趣であり、少し引き締まった感じもする。
ほしぞら高原鉄道でも旅客専従の機関車に使っているため、割合都合もよく(?

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事