ここから本文です
ブログ始めました!
長い間お休みをしておりました。

明日で来年の新卒採用向け説明会が終わりを迎えます。

最終回です。

まぁ予定なのでホントに終わりかどうかは分かりませんが、とりあえず予定回数分は終了です。

説明会の開催と並行して選考も行っていますし、選考が進めば内定出しもしていますので、説明会終了が一区切りだとすれば、選考が全て終わって内定出しも終えるのは6月の末頃になると思います。

ここで二区切り?です。


就活生の皆さんも「6月までには終わりたい・・・」と思っている方が多いと思いますので、5月6月は「佳境」というか「クライマックス」を迎えている頃でしょう。

エントリーしたり、説明会に参加したり、選考を受けたりと続いた就活も終わる・・・終わらせる段階に入っていると思いますが、就活を終わらせられるのは誰でもない就活生の皆さん自身です。

就活を始めるにあたって、終わらせかたを決めて就活に臨んだのであれば終わらせることに悩むことは然程ないとは思いますが、「就活をしながら終わらせかたを考えよう」で就活を始めたのであれば、終わらせるのに迷うと思います。

それでも、素晴らしい運命の出会いがあって「もう・・・ここしかない!」ぐらいの仕事に出会えたのであれば非常に幸運なことで、よくあるのが「ここはココが良くて・・・あそこはココが良くて・・・悩む」となる方のほうが普通なのだと思います。

だから、迷うことは普通だと思ったほうが良いです。


でも、決めなければならない時はきます。

時間は止められませんから、決断の時は迫ってきます。

もしかしたら今まで一番迷う問題かもしれませんが、誰のことでも無く自分のことです。

誰に相談しようが、アドバイスを沢山もらおうが、答えを出すのは自分です。

人生の中で一つの節目となることですので、しっかり考えて答えを見つけて欲しいと思います。

すっかり陽が伸びて、桜の開花が週明けと発表され、リクルートスーツを着た学生の方も多くなり・・・3月です。


昨日は19採用初めての自社説明会を開催しました。

ここ数年心が折れるような状態で過大な期待や妄想を抱かずに当日を迎えましたが・・・違いましたね、息苦しいくらいでした。

今後に期待が持てそうかといえば、持つことは多分ないと思います。

1回1回がドキドキもので、これがあと4回あります。

心臓に悪いまではいきませんが、胃が痛い季節が本格的に始まりました。

更に明日は横浜で合同企業説明会に参加をします。

どれくらいの学生の皆さんがブースを訪れてくれるのかが、また胃を痛くする訳ですが、過度な期待や妄想を抱かずに自然体で臨もうと思っています。


就職活動自体は昨年の夏のインターンシップ、学内ガイダンスから始まって、半年を超える期間すでに続けていると思いますが、まだまだ「絞る」というところまでは進んでいない方が多いのかもしれません。

学生の方に聞いても「広く見ています」という答えが多く、これが本音かどうかは分かりませんが、本音の部分で「絞る」というのは大変だと思います。

合説でも、単独の説明会でも、企業は「良いこと」を強調して話をしますので、社会経験がほぼ無い学生の皆さんは苦労することだと思います。


良い機会です。
おおいに考えてください。

他人の人生ではなく自分の人生なので、おおいに考えてください。

決して悩むのではなく、考えてください。

悩む人は「自分の答え」がいつまで経っても見つかりませんが、考える人は「自分の答え」が見つけられます。

だから考えてください。

どこから考えれば良いのか分からない人は、就職に限っては、働く意志が有るのか無いのか、そこから考えてください。

働く意志のない人が就活をしても、しただけで終わると思います。

本当に働く意志があるのであれば、働くことによって自分は何を得たいと思っているのか、何を得たいのかを考えてください。

得たいものが分かれば、次は得るための手段・方法を考えてください。

何をして得るのか。

ここで考えるのは、何処で得るのかでは無いということです。

何処で得るのかを考える人は就社活動になります。

皆さんがするのは就職活動です。


自己分析をして、業界研究をして・・・という流れで就活を進めると迷路にはまります。

迷路に入らないためには、何をして得るのかを考えることが一番だと思います。


考えること、考えられる時間があることは幸せなことだと思います。


地元志向

昨日は1日のほとんどを幕張で過ごしました。

合説です。

雨と風が強い中、折れそうな傘を支えて帰ってきました。


合説に参加をしていた企業は、ほぼ地元。

ブースは赤を基調としたところが多く、華やかといえば華やかでした。

来場した皆さんも地元志向が強いのか、「千葉」を連想させる企業名が付いたところは溢れていました。

その中で、東京にも神奈川にも埼玉にも千葉にも店舗がある「朝日リビング」は、「幕張(千葉)は準ホームだ」と思っていましたが、最初はしっかりとアウェイの洗礼を受けてきました。

それでも、終わってみれば健闘した結果は得られたと思います。


「安定した地元の企業で働きたい」

良いと思います。

でも、若いうちはね・・・

40代、50代になって転居するような異動は避けたいという気持ちは理解しますが、どうなんですかね。

感受性って年齢を重ねるうちに落ちてくるもので、刺激を避けたり感じにくくなるものだと思います。

体力も衰えますから。

だから、20代の頃は様々な土地で、色々な人たちと関わりを持って過ごすことが、後の人生にとってプラスになるんじゃないか、とも思います。

それに、ほぼ毎日同じ風景の中で、同じような仕事を、変わらない人たちと・・・
飽きると言っては失礼ですが、変化が欲しくなりませんかね。

どう考えるのかは人それぞれですが、若いうちはそういうものにチャレンジするのも良いと思います。


昨年の新入社員も2人が親元を離れて一人で生活をして、地元ではない場所で仕事をしています。

将来はどうするのかは分かりませんが、今は活き活きと仕事をしていますので、当分は伸び伸びとしていくんだろうと思います。

就活をしていく中で地元志向が強すぎて視界を狭めてしまうよりも、少し広げて視てみると今後の人生が少し豊かになる「種」があるかもしれません。

贈る言葉

多少風が冷たいものの、春が近づいてきたことを「目」と「鼻」で感じています。
「花粉症」です。


今日は2月27日。

あと数時間で就活サイトが一斉オープンされ、オープンと同時に説明会の予約を始めるのだと思います。

私たちも日付が変わった瞬間から説明会の予約はできます。
例年よりも枠を拡大して待っています。


さて、もう少しで「就活生」となる皆さんに贈る言葉ですが、「終わらせかたは決めて臨んだほうが良いですよ」です。

物事には始まりがあって終わりがあります。

人の一生もそう、食事の時もそう、スポーツでもそう、始まれば終わりがあります。

物事を始めると終わりに向かって進んでいきますが、終わらせかたが分からないとか、決めていない方はいつまで経っても続けなければならなくなります。


就活に正解はありません。

探しても無いものを探し続けるのは困難なことです。


ただ、どうしても正解が必要ならば...それは皆さんの中にあるだけです。

正解を持っている皆さんだからこそ、終わらせられるのです。


就活は、他人と比較してとか、親の世間体とかは関係なく、自分が「してみたい仕事」を見つけられれば、それで充分だと思います。

これから始まる就職活動が凪のように無風で進むのか、山あり谷ありでドラマティックに進むのかは100人100通り、1000人1000通りですが、何があっても最後はきます。

最後になって「私どうしたら良いでしょうか...」にならないように、始まる前に終わらせかたを決めておきましょう。

一昨日は「業界研究フェア 多摩」に参加をしてきました。
前回と比べて会場の広さが違うので比較はしませんが、来場された学生の皆さんの
人数からみれば、ブースを訪問して頂いた学生の皆さんの人数は健闘したと思って
います。


さて、明日は「インターンシップ」。
当社初の「インターンシップ」です。
手さぐりです。


「インターンシップ」・・・何をするか・・・同業他社他では「お客様のご要望を
聞いて、お客様に合った物件を探しましょう」というのが多く見受けられましたが、
当社は「リノベーション」を題材にします。

リフォームではなく、リノベーションです。

リフォームは中古を新築の状態に近づけることですが、リノベーションは今新築
として販売されている物件と遜色ないか、もしくはそれ以上の価値を生み出して
いくことです。


このリノベーションを一緒に学生の皆さんと考えます。

一緒に考えた出てきたアイデアは、その物件か、もしくは他の物件に活かして
いきます。


何故、不動産流通・仲介系の会社で「物件を探すことではなく」「物件を生み出す」
ことを選んだのかといえば、「流行り」ということもありますし、「物件を探す
のなら他でもやってるし」というのもあります。

ただ、一番に考えたのは、営業という職種はとてもクリエイティブなものである。
だからより想像できて創造できるものをやってみよう、というのが理由です。


中古住宅のリノベーションですから、お客様は1人、または1組の家族です。

考えるのは1件の家です。

その1件の家を、自分は「どのようか方(方達)に」「どのようなものを」「どの
ようなカタチで」届け、提案するのかを考えてもらいます。


きっと、「家が好き」な人なら楽しいですよ。
興味がある・・・程度の人でも楽しくなりますよ。


考える時間が終わったら実際に「リノベーション済み物件」を見に行きます。

そこで自分が考えたことと「一緒だ!」と思うか、「似てる〜」って思うか、「ほー
なるほど」って思うかは分かりませんが、楽しい時間にはなるはずです。


こういう仕事を当社では「買取再販事業」として、現場で仕事をしている売買仲介の営業担当は日常行なっています。

自分で物件を見付けてきて、交渉して、会社で買い取って、内装のリノベーションを考えて、工事をして、販売をする。

一連の流れの全てをお見せすることはできませんが、一部でも見て感じて頂けたらと思っています。


あと心配なのは・・・天気だけです。

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事