車屋さんの修理記録簿

お車のことなら何でも http://www.asahimotors.net

全体表示

[ リスト ]

中古車速報です。

2001MY Td5
走行128000km
NOX PM適合
3ナンバー 5人乗り

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


3年ほど前に買い取った車だったのですが、その時点で冷却水のホース破れたまま走行してしまったため、オーバーヒートを起こしエンジン不動となっておりました。ヘッドガスケット抜け程度だろうと甘く考えていたのですが、いざヘッドを降ろしてみるとピストンは溶けてしまっており、かなりの重症でした。もちろんオーバーホールすることも可能だったのですが、他の作業で忙しいと期限のない仕事はなかなか進まないもので、そのまま放置されていました。
 中古やリビルトエンジンを取り寄せようかとも思っていたのですが、この車はTd5でも、2001年モデルですから10Pという型式のエンジンが載っており、2002年までの15Pエンジンよりも絶対数が少なく、リビルトも中古も割高です。しかもエンジン単体は200kg以上ありますから、イギリスからの送料を考えると躊躇してしまっていました。さらに、正直言うと、中古はもちろん、リビルトエンジンすら信用できません。
そんな事情で、その内、暇になったらオーバーホールと思ったまま、3年が過ぎてしまいました。

そんな時、事故で横転してしまった車のオーナーさんから買取の依頼がありました。遠方だったので写真を送っていただいたら、外装パネルで無事な部分は一つもないような状態でした。しかし、当り方が悪くて転がってしまっただけで、フレームは大きなダメージはなさそうに見えましたので、最初は再生するつもりでした。当社の秘蔵する中古パーツを使えば、何とか割に合うコストで再生できると思いました。しかし、詳しくお話を聞くと、中古並行ということもあり、フレームの錆の状態が良くないということで、確かに横転時の写真を拡大してみると、典型的なところにかなりの錆兆候が見られました。錆びているディフェンダーのフレームの目利きに関しては、多少自信があります。錆の状態を踏まえ、修理にかかるコストと、修理した後で販売できる金額を再計算すると、残念ながら結論は再生不可でした。その結論は、実際に車を見た後でも変わりませんでした。というより、検査するとフレームにも僅かに歪みがありましたので、どちらにせよ再生は厳しかったのですが。

そういうわけで、1台のディフェンダーが廃車になってしまうのは残念ですが、おかげで別の一台が路上復帰できることになりました。同じ中古エンジンで、中古並行車から取ったとはいえ、既に日本国内で8年以上使われている車ですので、大きな問題は無いはずです。エンジン載せ替えはスムーズに終了し、内外装も清掃して3年越しで商品化ができました。エンジンも調子よく回っています。

ただ、横転車は16万km弱なので、本来は必要もないのですが、横転するとオイルが燃焼室に入って、バルブにダメージが出ることがありますので、念のため納車整備でシリンダヘッドのオーバーホールを行います。いつものようにクラッチオーバーホール、足回りブッシュ交換、ショックアブソーバー交換、燃料ポンプの交換、ハブ・スイベル・ブレーキのオーバーホールも行います。
更に、タイヤとホイールも新品です。

お問い合わせはこちら
http://www.asahimotors.net/defender/oldcar.php?code=def0207
またはinfo@asahimotors.netまで。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事