ここから本文です
Kawasakiの古い単車に乗って
青い空を駆ける白い雲のように

書庫全体表示

W1SAのクラッチ調整

前回の続きですが、クラッチレリーズレバーのメッキが仕上がりました。いよいよ組み込みです。このレバーにナットの付いた部品を挿入します。

イメージ 1
 
するとこんな感じになります。ナットの内側にスクリュークラッチアジャストと呼ばれる頭がマイナスのスクリュー状の部品があります。これがクラッチの重要な部品。

イメージ 2


 調整方法はナットを緩めマイナスドライバーを締め込むのですが重みを感じた所で四分の一緩めます。

イメージ 3

ギアオイルはモチュールの10-30。今回は添加剤のZOILを入れてみます。ZOILは50ccはWのギアオイルに、400ccはZ1に入れました。

イメージ 4

レバーはメッキで綺麗になり一緒にカバーも綺麗になりました。

イメージ 5


少し走ってみたのですがギアがすんなり入っていき、スムーズな操作となりました。
ますます良いWになっているようで嬉しい限りです。


検索用
 W1 W3 ミッション 再メッキ クラッチ調整 クラッチ不調



  • 顔アイコン

    調子も良さそうで。
    そろそろシーズンインですね。

    [ コウ ]

    2016/3/28(月) 午前 11:30

    返信する
  • 顔アイコン

    > コウさん
    本当は冬の間にやっておくべきでしたがガレージが寒くて今頃となりました。この手の掛かるW1でどこか遠くへ旅したいものです。

    トモ

    2016/3/28(月) 午後 9:05

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事