ここから本文です
Kawasakiの古い単車に乗って
青い空を駆ける白い雲のように

書庫全体表示

記事検索
検索

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

 昨年9月から3か月半地球を西回りで1周し20か国を訪問しました。
その備忘録をアメーバブログで執筆中です。
       https://ameblo.jp/w650-w203/

バイクの記事ある時にヤフーブログで案内します。
今回はシンガポールの様子です。
よかったら見に来てくださいね。
イメージ 1

 ヤフーブログ終了後はアメブロに移行予定しています。

開くトラックバック(0)


石川県能登半島にある輪島市は「ライダーを笑顔で歓迎する都市」を宣言しました。
道の駅を活用し活動を始めたようです。
万年NA様の記事
北国新聞の記事

能登の素晴らしさが多くのライダーに紹介されることは
地元のライダーとして嬉しいばかりです。


イメージ 1


イメージ 2

開くトラックバック(0)

 春となって暖かくなり、それぞれのバイクを走らせた。
ところが我がW1SAのエンジンブレーキが利きにくくなってしまった。
効きが悪い時にクラッチを握って空ぶかしすると普通にエンジンブレーキが利く。

これはキャブレター内部のスロットルバルブが怪しい。

イメージ 2


イメージ 1

 なんだか片減りしたような様子。傷もかなりある様子。

とりあえずシリコンスプレーで様子見をしたのが実は2018年4月のこと。
しばらくは症状は治まり快適に走れたのですが効き目はわずかでした。
昨年は旅行に出かけたこともあってあまり距離は乗っていないが早くも同じ症状に悩まされる。

ここは思い切ってモリブデンコートで再生をしてみますか。
上手くいくのか心配ですが。

開くトラックバック(0)

 Yahooブログが終了するらしい。
私がブログ開設したのは9年前。当時単身赴任の寂しさから人との繋がりが欲しかった。 特に旧車の仲間が欲しかった。ブログを通じていろんな人たちと逢い、楽しくもあった。これは何事にも代えがたい財産です。

 ブログが終了するにあたって、その思いを参考にすると良いかもしれないエピソードをお話しします。
 昨年5月に能登へW1SAでツーリングに出かけた。

イメージ 1

 ここは連続テレビ小説「まれ」の舞台になったところです。今も外浦村の表示。
有名になった場所ではありますが、なんと路線バスが廃止となってしまいました。
 住民の方々はさぞかし嘆き、バス会社に恨み言を言っているのではないかと思っていました。

イメージ 2
 トイレを借りに公民館へ行ったところ、
 
「○○バス長い間ありがとう。感謝しています」

の大きな看板がありました。
これから不便になるというのに。
恨むところか逆に感謝している。

厳しい自然に立ち向かわずしなやかに受け止める
そんな土地柄なのでしょうか。

自分にとってカルチャーショックでした。

能登は優しや土までも
そんな言葉が思い出されました。

私も言おう能登の人たちのように

Yahooブログ長い間ありがとう。
感謝しています。




開くトラックバック(0)

 W1のレギュレ―ターをチリル式(機械式)からICレギュレーターへと交換している方が多いです。
 私もその一人です。以前、W1ミーティングへと向かう高速道路上で硫酸パンチに見舞われて左側マフラーを駄目にしました。そこで開放式のバッテリーをMFバッテリーに交換し、後にリチュウムイオンバッテリーを装着して現在に至っています。
 私のレギュレ―ターは「R-PRO」販売のICレギュレーターです。
ただ、これは生産中止のようです。残念。
イメージ 1


 1月初めにCB750FのICレギュレーターをW1Sに使っている方から
「過充電、気味になるので何か対策を知らないか」と問い合わせがあった。

同じ内容の問い合わせは以前にもあってこれで2度目です。
あれこれネットで調べてみたけど結論が出なかったです。

ICレギュレーターの他車部品の流用は姫路の松居様のブログ記事から始まったようです。
このブログで松居さまは
多分大丈夫だと思いますがCB750F(14A)用だと電圧は一定ですが街乗仕様なので若干充電電流が高いので高速連続では注意が必要です。」
と注意喚起しております。
 同じホンダ製のCBX400(12A)、MVX250でも使えるようです。

他にスズキのK125用を使う方法もあります。
イメージ 3
 
 K125用を使っている方のインプレッションの記事があります。
アンクルエディ様のブログ
イメージ 4

 ここで登場する電圧降下作用するダイオードはW1乗りのEagle様の作成した1点ものになります。オンオフスイッチがあるようなので高速走行時にオン、充電が必要な街乗りでオフにする仕様のようです。
 オンオフの使い分けできれば有効な部品と言えるでしょう。

MFバッテリーは旧車に不向き?
 以下の記事によれば
旧車はアイドリング時にほとんど発電せず、高回転時に電圧を上げて充電し、全体として発電量のバランスをとっている。
・すなわち発電機が脆弱な旧車は高回転時に過充電気味になるということ。
・ICレギュレーターに交換してもMFバッテリーへの充電能力は上がるどころか高回転時に電圧が上がらない分全体としての発電量が下がり充電不良気味になる。対策として十分な充電が得られるような走りをすると良いらしい。
ただリスクもあります。
Amazonでこんなのもあります。
イメージ 5


容量の小さいバッテリーでは過充電気味になる?
レギュレーターのタイプによってはバッテリーの容量(蓄電量)によりON OFF動作を決定するようです。
 そもそもレギュレーターはその車種の専用設計だと思われますので、搭載するバッテリーの容量に合わせて設計しているのでないかと思います。したがって12Aのバッテリー搭載の車種のレギュレ―ターを7AのW1に乗せるのはリスクがあるのではないかと想像しますが、どなたかレギュレ―ターのオンオフとバッテリーの容量(蓄電量)の関係を知ってらっしゃる方いませんか?

流用できるICレギュレーターは少なくなる傾向に
 私の使っているアメリカ製でかつてR-PROで販売されていたICレギュレーターは生産中止となったようです。
 スズキT125用レギュレーターはモノタロウにて、かつて販売されていたようですがこれも販売中止の様子。
 あとはホンダ製のCB750F、CBX400、MVX250あたりだけが候補となるようです。ICレギュレーターに変えようかと考えている方は早めの対策を。

まとめ
 今ではポン付けできるようなICレギュレーターは無くなってしまったようです。
純正のチリル式でも普段は困らないでしょうが、高速走行時の硫酸パンチがが心配ならキャッチタンクが有効ですね。
 ICレギュレーターにしたからと言ってもバッテリーはMFバッテリーでいいとは必ずしも言えませんが走り方で補えます。
 ICレギュレーターに変える目的を自分なりに考えてこの記事を役立てていただければ幸いです。



開くトラックバック(0)

全67ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事