オトナのオモチャ

天国のハムちゃんたち、ありがとう!
イメージ 1


1979年 山口百恵が起用されたトヨタ コルサの企業広告非売品B2ポスター。

同シリーズは全て篠山紀信による撮影です。

このポスター、非常にレアなデザインなのですが

残念ながら、全体的に日焼けによる退色が少し見受けられます。

40年近く前の物なので仕方ないと言えば仕方ないです。


イメージ 2



ポスターは時代を映す鏡のようなアイテムですが

媒体が紙ゆえに、経年による劣化が激しくなります。

湿気によるカビ、紫外線によるヤケ・・・などなど。

昔は、大切に物を残す・・・という考えが全く無いと言って良いほどでした。

そういう時代からの引継ぎ物のコンディションは千差万別ですが

少なくとも、自分の手元にご縁あってやってきた物は

次に自分が手放す瞬間が来るまではきちんと保管したいなと思う。


イメージ 3


現在、250枚を超えるポスターを所有していますが、

その管理には四季折々、相当気を遣っています。




山口百恵ポスター
トヨタ自動車 FFコルサ
百恵の、赤い靴。



この記事に

ACE COMBAT 7 SKIES UNKNOWN

イメージ 1



1995年から続く大人気シリーズの6年ぶりのナンバリングタイトル


エースコンバット 7 スカイズ・アンノウン

試験的なVRモード搭載なので、まずそこらへんから体験してみようかなと。

酔い止めも買ってきた(笑)

重厚なストーリーモードを堪能し、クリアしたら、

オンライン対戦も少しやってみたいかも?







で、少しウリのVRモードをプレイしてみたのですが、

これはマジで半端ない体験ができます。

コックピットで首を振って目視で敵機を探す感覚が存分に味わえました。

酔い止め飲むのは必須ですが(笑)

全編VR化して欲しいくらい素晴らしい。



この記事に

開く コメント(10)[NEW]

★KIER <DEATH'S WARBRINGER>

イメージ 1


新造形のキアーは躍動感あるポージングです。

大きさ的には同じ1/4スケールのプレミアム・フォーマットですが

旧版の方がかなり大きく見えます。


↓旧版

イメージ 2


新旧並べて展示する人が殆どだと考えると

やはり少し違和感を感じないではいられません。


イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9


この生首持ち上げポーズはサイドショウのお得意でもあり、

過去にもこのポーズで商品化されたウルク・ハイ バーサーカーを想起させます。


イメージ 10


デフォルメの無い、かなり生々しい女体のラインが剥き出しのこのスタチュー、

マスクスタンドや付け替えのデーモンヘッドを考えると

なかなか満足度の高いスタチューだと思います。


イメージ 11



イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14



イメージ 15




↓限定版のデーモンヘッド
イメージ 16



イメージ 17



イメージ 18



イメージ 19



イメージ 20

↑マスク専用台座






イメージ 21



イメージ 22




しかし、サイドショウの最近のスタチューは軽くなりました。

材質がいろいろ変更されてきていると思いますが

あまりPVCを多用しないで欲しい気もします。



イメージ 23






イメージ 24





Limited Edition: 500(Exclusive)
Product Size
21.75" H (552.45mm) x 16.5" W (419.1mm) x 8.75" L (222.25mm)




この記事に

イメージ 1


1980年頃の江崎グリコアイスクリームの

企業販促非売品B2ポスター。

貴重な着物仕様です。


イメージ 2



ポスターに掲載されているパナップのカップデザインが

かなり初期のもののように思えるので、

松田聖子の顔の雰囲気からして、デビューして数年あたりの

ポスターではないかと思います。


イメージ 3



掲載されている4種類のアイスはどれも子供の頃に

たくさん食べた記憶があります。


イメージ 4



中でも、「パナップ」はジャムソースが真っ直ぐ下まで注入されており

当時は画期的で、大変美味しかった記憶が残っています。

発売以来約40年経過した現在でも、まだ商品が存在している

大変ロングセラーのアイスクリームです。







松田聖子 ポスター
グリコアイスクリーム

この記事に

イメージ 1


あまりに移動させるのが困難で、写真撮るのが億劫でしたが

アクリルケースが結構汚れが目立っていたので、その磨きを兼ねて

何枚か撮影してみました。



イメージ 2



イメージ 3



イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6



イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9



イメージ 10



イメージ 11



イメージ 12



イメージ 13



イメージ 14



イメージ 15



大きさの迫力が半端ないので、大満足できるエイリアンアイテムだと思います。

ただ、個人的に思ったことは、同スケールのシネマケットのエイリアンと比較すると

マケットとしての重厚感、塗装のクオリティなどは若干劣ると思います。

色が剥げやすいので、注意が必要かもしれません。






この記事に

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事