朝霞市基地跡地問題

市民の声を反映した基地跡地整備計画を作ろう!朝霞市の基地跡地について、皆で考えてみましょう。

全体表示

[ リスト ]

国道バイパス巡り 志木住民が抗議

読売新聞 2008年1月11日

 県が朝霞、志木、富士見市に計画する「国道254号和光富士見バイパス」の第2期整備区間について、志木市内の道路予定沿線の住民代表らが10日、県朝霞県土整備事務所を訪れ、「計画は住民の合意を得ないまま進められており、住民が納得できる説明会を開くべきだ」と抗議した。
 バイパスは全長6850叩E豕外環自動車道の和光北インターチェンジ付近と、富士見川越有料道路の国道463号側の出口を結ぶ。第2期整備区間は、朝霞市上内間木から富士見川越有料道路までの4290辰如県が用地取得中。
 住民団体は「なせ、この建設が必要なのか、納得いく説明がされていない」と反発。県は「説明は十分してきた。引き続き整備を推進していく」と主張し、平行線をたどった。

■国道254号バイパス地下化:志木の住民に県土事務所「改めて説明会開かぬ」 /毎日新聞 2008年1月11日

志木市宗岡地区を通る予定の国道254号和光富士見バイパスについて、地下化を求める4住民団体(田村荘作代表)が10日、上田清司知事に提出した公開質問状の回答を、朝霞県土整備事務所で受け取った。
 住民団体は、昨年11月の事業説明会で同事務所が「平面(地上)案が最も優れた案」としたことに反発。判断の基となるデータの提示や、住民との協議継続などを求めて同12月、公開質問状を提出していた。

 同事務所は「根拠資料を出す」と文書で回答したが、構造の検討に関しては、吉田耕三所長が「アンケートなどこれまで集めた意見を集約して、年度内をめどに県が決定する」と口頭で説明。改めて説明会を開く考えはないことを示した。
 住民側は「昨年の説明会は根拠がなく意味がなかった。今後開かないのは住民無視だ」と批判したが、同事務所は「十分に意見は聞いた。環境や走行性を含め総合的に検討する」とした。【稲田佳代】


■請願審査日程決まる!ぜひ多くの方の傍聴を

12月市議会で継続審査になっていた7件の請願について付託されている委員会の開催日が決まりましたのでお知らせします。
ぜひ、多くの方の傍聴をお願いします。

●議会運営委員会  18日(金)  9時から 2F委員会室
 ・議会改革を求める請願 1件

●総務常任委員会  23日(水)  午後から 時間未定
 当日は午前中、臨時議会が開催される
 ・有害物質調査結果の早期公開を求める請願など6件

閉じる コメント(1)

早く通せよ

下南畑大渋滞だぞ!

2015/5/10(日) 午後 8:49 [ izu*i*15* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事