朝霞市基地跡地問題

市民の声を反映した基地跡地整備計画を作ろう!朝霞市の基地跡地について、皆で考えてみましょう。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全868ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

市民が主権者です 
  市民の力で流れを変えよう!! 

行ってみませんか。
立憲野党4党党首級が勢ぞろいします。
枝野幸男代表(立憲)、志位和夫委員長(共産)、福島みずほ副党首(社民)、国民は調整中
ゲストスピーカー 伊藤 千尋さん(国際ジャーナリスト)

 6・2オール埼玉総行動
  〜埼玉から流れを変えよう!〜

来る6月2日北浦和公園で、
埼玉弁護士会、連合埼玉、埼労連の後援で行われます。
 
参加できる方は宜しくお願いします。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
1.日時 2019年6月2日(日)10時半〜
2.会場 北浦和公園(JR北浦和西口徒歩1分) 
※北朝霞駅発 9:219:33発がお勧めです
3.主催 「安保関連法」廃止! 集団的自衛権行使容認
     「閣議決定」撤回を求めるオール埼玉総行動実行委員会
4.共催団体 15地域連絡会
5.協賛団体 □安保関連法に反対するママの会@埼玉
         □立憲デモクラシーを守る大学人の会@埼玉
         □安保関連法に反対する高校生・大学生の会 VIP埼玉
         □戦争ゆるさない女性のレッドアクションinさいたま
         □九条の会埼玉県連絡会
         □市民が野党をつなぐ埼玉の会
6.後援 埼玉弁護士会、連合埼玉、埼労連

イメージ 1














 

開く コメント(0)

市民ボランティアでクズ駆除 階段補修など行う

 気温がぐんぐん上がり、外気温は30度近くになった24日、朝霞の森定例作業が行われた。気持ちのいい快晴の青空の下に参加してくれた市民ボランテイァは男女約半々の13人。鎌も初めて持つという初参加の方が3人もきてくれた。うれしい限りです(^_-)-

イメージ 1

 当日の作業は盛沢山である。
雨で中止された前月計画されていた生き物エリアのクズ駆除作業。どんぐり見守り隊が行っていた下草刈り、それに老朽化した階段の補修作業。

 イメージ 2前半作業は全員で一斉に生き物エリアの駆除除去を行った。
ツルハシでクズの根を掘り起こして駆除したり、鎌で四方八方に伸びたクズのつるを根元から刈り取っていく。久しぶりに気持ちいい汗が額に浮かびます。

 30分位作業して水分補給休憩。
夏場になると頻繁な水分補給が大切です。モミジハスズカケの巨木の木陰でお茶しながらワイワイガヤガヤ楽しいひと時を過ごします。後半は二手に分かれ、女性組はドングリの森の下草刈り、男性陣は老朽化した階段補修作業を行った。

イメージ 3 園路から生き物エリアに降りる階段の土留め板が腐ってしまったため、板を丸太に変える作業です。腐食した板を取り外し、手際よく、長さ1.2mに切りそろえた丸太をセットし、番線で杭に固定していく(上写真)。なかなか上手に出来上がりました(^^

 作業後は旬を迎えたドドメをみんなで摘んで味わいました。
久しぶりに味わうドドメに誰ともなく「昔を思い出すなー」の言葉が交わされました。

◇フランスに帰国前に記念植樹
 当日サプライズがありました。
イメージ 4朝霞に住んで15年。私たち市民団体とも様々な交流をしてきた前田レジーネさんが夫と一緒に母国フランスに帰られることになった。前田さんは朝霞の森定例作業にも数回参加された。昨年、朝霞の森でもらったドングリが芽を出し、20㌢位に育った。捨てるのは忍びないので朝霞の森で育ててほしいとプランターで育ったドングリの苗木を持参されてきた。
 みんなで相談し、子どもたちが植樹し育てているドングリの森に植えることになった。

元気に育って!! 日仏友好クヌギさん!!







 
 

開く コメント(0)

週末は朝霞の森へ
バーベキュー広場スッキリ(^^

 養蚕が盛んだった頃から子どもたちにとってこの時期は楽しい季節であった。お蚕さんの餌として桑が畑や山、畦など至る所に植えてあった。
 桑にはこの時季、桑の実ドドメがたわわに実る。完熟したドドメはとても甘いのです。子どもたちは摘んでお腹いっぱいにする。手も口もドドメ色になってしまい、「私はドドメを食べました」と周りの人にすぐ判ってしまうのでした。

イメージ 1

 黄金色に色付いた小麦の刈り入れもこの季節です。
子どもたちは脱穀した後の麦わらでドドメを入れる籠を巧みに編み上げます。麦わらの香りのする麦籠に夢中で摘んで入れます。どれだけ摘んだが子どもたちで競争です。

 ドドメを見ると懐かしい子ども時代の思い出が蘇ります。ドドメを一粒摘んで口に含むと独特の甘さが口中に広がりました。
 朝霞の森は、都会で見かけなくなった桑の木があります。初夏の風味を味わってみませんか。

◇バーベキュー広場草刈りしました(^^)/
イメージ 2 夏草が伸びて来た火の使えるエリア、通称バーベキュー広場の草刈りを市の委託業者が先日実施しました。この季節、週末はバーベキューなどを楽しむ人々で賑わいます。スッキリした朝霞の森ぜひお出で下さい。

 シロツメクサが絨毯のように咲いています。








開く コメント(0)

シュロなどが繁茂 倒木、米軍構造物基礎、サイハイラン希少種も

 現在整備が進む米軍キャンプ朝霞跡地へのシンボルロード第1期整備に新たに追加整備が決まったCゾーン(長さ320m、幅30m)の植生などの現況確認の現場調査に同行しました。

イメージ 1

 調査を行ったのは朝霞市主管課と以前から朝霞基地跡地などの自然保護に携わってきた朝霞基地跡地の自然を守る会、朝霞環境市民会議と施工業者の小倉造園の方たちだ。
 調査は朝霞市体育館前の基地ゲート前からスタートし、朝霞保健所方向に向かい、30m幅内の現況を踏査した。

以下、調査で見た基地跡地の状況です。
 
イメージ 2シュロやニセアカシアなどが繁茂している。将来的には伐採が必要だが、今回の散策路整備で障がいになれば伐採していく
 






イメージ 3立枯れ、倒木もいたるところで見られた。危険なものは処理するが、安全上問題なければそのまま残す方向か
 







イメージ 4落ち葉などで埋め尽くされた米軍当時の道路。
このままでもいいのではとの意見も出た
 






イメージ 540年間に堆積した落ち葉などの下にはしっかりしたアスファルト舗装面が出現する。
森に戻すためには剥がす必要があるが、当面はスケボー用などの広場として活用も検討する。
 




イメージ 6基地時代の建物基礎なども残っている。撤去するか。土を盛って築山か、いやこのまま遺構として残すか。費用なども含め検討課題へ
 






イメージ 7
整備区域には希少種のサイハイラン自生地も含まれている。
移植が必要になる。
初めて基地跡地のサイハイランを観ることができました(^^
 
イメージ 8野イチゴ、野ばらなど混じってスイカズラが咲いていました。
マンリョウやマキ、ユズリハなどが実生から育っていました。
 
 




合同現調の結果を踏まえ、主管課においてCゾーンの整備素案を作り、今後整備内容を詰めていく。6月上旬には市主催による第2回目の現地見学会が予定されており、その席上、Cゾーンについての意見交換なども検討されている。
とても楽しみですね(^^♪ 








開く コメント(0)

民意を無視して基地建設あり得ない 東京で辺野古シンポ構想

 起床して朝刊を一読するのが長い習慣になっている。
本日の東京新聞は一面トップで沖縄県の玉城デニー知事との単独インタビュー「こちら特報部」ては「八方ふさがり安倍外交」を載せている。読み応えがある。

イメージ 1
 

  

  


 知事は辺野古新基地建設に反対の立場を示したうえで「政府は期限も工法も明らかにしないまま工事を続けている。当該自治体に説明も行わずに公共事業をすることはあり得ない」と政府の姿勢を批判。「日米、沖縄との協議が現実的に最も早い普天間基地問題の解決策だ」と沖縄県を交えた三者協議に応じるよう日米両政府に求めた。

 さらに知事は「世界的に貴重な生物多様性が残された海域は保全が必要」「国が環境行政でジュゴンを保護すべき」「県の埋め立て承認撤回は認められるべき」等と答え、「沖縄の反対の民意を全国の皆さんに理解してもらえるよう取り組む」と強調し、東京など全国で辺野古新基地建設問題を考えるシンポジウムを開く考えを明らかにしたと記事は伝えている。

 民意を無視した強行的な国の姿勢が沖縄の基地問題をこじらせてきた。玉城知事の提唱に賛成です。もうこれ以上、「沖縄に基地はいらない」「基地を返して」が沖縄県民の心からの叫びだろう。「沖縄に寄り添う」という安倍さん、トランプさんに毅然とした態度でしっかり交渉してほしいものだ。

◆八方ふさがり安倍外交
 もうひとつ気になる記事があった。
「八方ふさがり安倍外交」という特集記事だ。

見出しだけでも
「日米、蜜月演出も米の言いなり?
「兵器爆買い、無理難題押し付けられ」
「日ロ 『経済協力深め領土交渉』戦略ミス」
「日朝 『圧力』一辺倒転換も 成果見通せず」
「国民の利益より『やっている感』優先」
安倍さんを替えない限り、沖縄も日ロ、日朝も進展しないと言えそうである。

イメージ 2
 







 

開く コメント(0)

全868ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事