朝霞市基地跡地問題

市民の声を反映した基地跡地整備計画を作ろう!朝霞市の基地跡地について、皆で考えてみましょう。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全808ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

初体験! "バッタ追い込み漁"に歓声 給水タイムで熱中症防止

  集合時間の午前9時には気温は35!!
猛暑の中で迎えた第6回朝霞の森虫捕り観察会に白い虫捕り網を持った家族連れがぞくぞく集まった。

 大エノキの木陰で、参加者にお願いしたのは「熱中症対策」。
飲み物を忘れた方などには給水所を設置したので利用案内と20分ごとに給水タイムを設けるので木陰に入り、必ず水分補給をすること。万が一、気分が悪くなった方は遠慮なくスタッフに申し出る事などをお願いした。講師から虫捕りについて説明を受けた後、虫捕りスタート!!

イメージ 1
 
虫かごと虫捕り網を持った子どもたちが一斉に広い朝霞の森広場に広がる。スタッフの皆さんは給水所で冷たい水の準備に大わらわ。子どもたちだけのグループ。親子連れやおじいちゃん、おばあちゃんとお孫さんの人たちと多彩な参加者がバッタや蝶、クワガタ、カナブンなどを求めて汗をかきかき楽しそうに動き回る。

文章よりスナップ写真で虫捕り観察会を見てみましょう!!
 
イメージ 2猛暑の中、集合場所にはぞくぞく子どもたちやパパ、ママが集まってきた。
お孫さんと一緒におじいちゃん、おばあちゃんの姿も。
 






イメージ 3講師としてお呼びした埼玉県生態系保護協会研究員の天野達郎さんから分かりやすく虫捕りの楽しみ方、注意事項を参加者にお話していただく
 






イメージ 4虫捕りはパパの出番です!!
 








イメージ 5ママ! 捕まえたよ
ママも子どもたちと虫捕りに奮闘しています
 








イメージ 6
今回初めて実演されたバッタ追い込み漁
大きな白い布を真ん中に置き、参加者が大きな輪を作り、バッタを中心の布に追い込む
 
イメージ 7白い布の上には追い込まれたバッタなどが跳ねまわります
バッタ追い込み漁 面白かったなー ( ^^) _U~~
 






イメージ 8バッタつかまえたよ!!
子どもたちは得意顔で「成果品」を見せてくれます(^^
 







イメージ 9シラカシの巨木の木陰に設けた給水所は大正解でした!!
 








イメージ 10多くの参加者が冷たい水で喉を潤してくれました(^_-)-
 








イメージ 1120分ごとに設けた給水タイムを木陰でくつろぐ参加者たち
 








イメージ 12虫捕り終了後、虫の生態などを参加型クイズで説明。
「バッタに耳はある。ない」さて答えは
バッタは後ろ足に耳をもっているそうです。早速用意してあった虫メガネで観察しました。
 



イメージ 13これが一番人気かな
自分が捕った虫たちの名前、特徴、育て方などを講師に尋ねる「個別相談会」。
長い列ができます。
講師は丁寧に分かりやすく子どもたちに説明してくれます。
1時間かけて終了。子どもたちも親も納得。よかったね(^_-)-
















この記事に

開く コメント(0)

広域化メリットは50億円 環境負荷の低減など

 市の説明会としては配布資料がお粗末であった。次第を除くとA4ワンペーパーのみ。標題をいれても、この間の経過がたったの11行のみ。これで市民に説明しようとは市の姿勢が疑われる。とても前向きな企画なのだが、こんな印象を持たれてしまうのはとても残念である。

イメージ 1

 午後は用事があり、午前開催の内間木公民館の説明会に出席した。12名の市民が参加。その内7名の方から質問があり、市民環境部長らが答弁した。主な質疑は以下の通り。

広域のメリットについて市は、焼却炉は184トン炉の建設費が166億円、15年間の維持管理費が100億円、計266億円を和光と朝霞の人口割りで換算するとざっくり50億円のメリットが生じるとのこと。ただし、この中には用地買収費は入っていない。
広域炉の運開は10年後を想定。朝霞の焼却炉は昨年の説明会で建替え延長は難しいと説明されたが、10年延長OKとした点について質問。市は耐えられるようにお金をかけて補修すると答弁。
焼却炉の建設、維持管理のみが広域化されるのか。粗大ごみや空き缶、プラスチックなどの資源ごみについては朝霞市の現施設を使用することを考えているが、和光との協議によっては変わる可能性もある。各家庭からの収集作業は現行と同じ体制を考えている。

とりあえず、私たちがかねてから提言していた和光市との広域化についての協議が始まることは歓迎したい。私たちも関心を持ち、しっかりサポートしていきたいと思います。


この記事に

開く コメント(0)

帽子、水筒忘れずに 熱中症対策しっかりして参加を!!

 6回目を迎えた朝霞の森虫捕り観察会が夏休みに入った22日、開催されます。毎回約200人から300人位の参加があります。白い虫捕り網を持って虫を探す子どもたちの姿は夏の風物詩です。

 どんな虫さんに出会えるかな? 小さかったショウリョウバッタも体調が10㌢位まで成長しています。樹液を求めてカナブンやクワガタもシラカシの大木に集まってきています。エノキの多い朝霞の森には珍しいタマムシも見つけることができます。
 男の子に人気のカナヘビも生息しています。珍しい虫さんを捕まえたら専門家が解説してくれます。今年も埼玉県生態系保護協会から講師をお呼びしています。

 朝日新聞、朝霞市民新報、ぱど、広報あさかでも虫捕り観察会を紹介していただきました。多くの皆さまの参加をお待ちしております。
 
 猛暑が予想されます
木陰もありますが、日向も多い朝霞の森。熱中症対策はしっかりして参加をお願いします。特に帽子、飲み物は必須です。忘れずに!!

イメージ 1












 

この記事に

開く コメント(0)

朝霞市単独での建替3年延期 広域化協議を歓迎!!

 昨年、朝霞市ごみ焼却処理施設(クリーンセンター、下写真)の焼却炉建替計画を財政難などを理由に朝霞市は3年間延期を発表した。

イメージ 1 今年に入り、和光市よりごみ焼却処理施設広域化の協議申し入れを受け、朝霞市も協議を開始することになった。和光市との広域化問題は、「埼玉県ごみ処理広域化計画」中、「ブロック2」として朝霞市と和光市が位置付けられたため、1998年「朝霞市・和光市ごみ処理広域化計画」を策定した。

 4市合併協議で中断したが、2004年より再開。201312月に検討した結果、両市とも候補地がなく、朝霞市単独での建替を決定。工事着工寸前の昨年、財政難などを理由に3年間の延期を決めた。今回、和光市から、和光市への設置を前提とした提案があり、再度広域化を検討することになり、以下のとおり、ごみ処理広域化についての協議開始に関する市民説明会が開かれます。
 
 日時 721()
  1. 10時〜 内間木公民館会議室
  2. 13時〜 市役所 501会議室
  事前申し込み不要、どなたでも参加OKです


イメージ 2
 
◇旧朝霞4小跡地の利活用に関する説明会もあります
 4小跡地への企業誘致をめぐる現在の進捗状況等についての説明会が以下の通り開催されます。
 
 日時 721() 15時〜 市役所5階大会議室

 こちらも事前申し込み不要、どなたでも参加OKです





 

この記事に

開く コメント(0)

インク満タンで1年分 A4カラーで約5000枚印刷可能

 プリンターを思い切って買い替えた。
現在使用していたプリンターはスキャン機能などもあり便利に使っていた。2011年製のため使い勝手はよく、重宝していたが、ここにきてモノクロ印刷がかすれるようになった。ヘッドクリーニングなどを試みたが改善しない。カラー印刷なら問題ない。全てカラー印刷だとインクカートリッジの交換が頻繁になっていた。

 家電量販店で店員さんからプリンターの説明を受け、品定めをする。
今まで使っていた機種の最新モデルなら2万円台である。ここで迷ったのが最近売り出されたらしいエコタンク方式のプリンターだ。「印刷コスト90%カット!!」「A4カラー1.3円、モノクロ0.5円」従来のカートリッジ方式に比べ20倍の印刷性能という。インク満タンにしてA4カラーで約5000枚、1年分にあたる印刷が可能とのこと。

イメージ 1
 
ただし、価格が2倍以上の5.6万円。
ランニングコストを考えれば、印刷枚数が多い人にはお勧めと店員。う〜ん、どうしようかな。頻繁なインクカートリッジの交換が無くなり、エコタンクのお値段も11200円とカートリッジのお値段とそん色はない。

 初期投資は大きいがイング代が節約できそうなエコタンク方式の購入を決めた。そうそう従来型はカラー色が5本必要であったが、エコタンク方式はシアン、イエロー、マゼンタの3色で対応してくれるのもいい。とりあえず、残りのインクを使いきるまでは2台併用で使っていこうと思う。




この記事に

開く コメント(0)

全808ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事