ここから本文です
酒井塗装工房
他人には参考にならない私の加工記録。

鉄道模型市とバスコレ

みなさま、こんばんわ。
今日は、模型でいつもお世話になっているnoirさんと浅草で行われた鉄道模型市に行ってきました。

でも、その前に、地元の駅の端で撮影している人が数名いたので、20歳前後と思われる男の人に「何が来るのですか?」と、聞いたら「古い特急車両です」と、言われたので、651系でも(651系も私は古いとは思いませんが)来るのかと思い、待っていたら、これが来ました。

イメージ 1
何ってことはない、ただの185系。

毎週末ムダに走っている我孫子駅始発の臨時踊り子号です。

古いと言えば、古いか・・・。

数年前なら、連休になれば何かしら臨時列車が走っていましたが、今ではほとんど設定されませんね。

さらに、波動用車両の整理も進み、まず珍しい車両なんて来やしない。

撮り鉄の方も、こんなもんを撮りにわざわざここまで来るとは、暇人なんだなと、つくづく思います。

///の185系なんて、散々撮ったでしょ?と、言ってやろうと思いました(1回撮れば十分でしょう?)

さて、肝心な模型市ですが、開場11時から45分間は入場料1000円払いますが、今回は、わざわざ1000円払っても欲しいものは無いので(早く入場すれば、もちろんお値打ち品や希少品があるかと思いますが、模型始めたばっかりのガキでもないんだから、もうそんなに買うものもないですよ)12時頃会場に着きました。

で、開場での戦利品ですが、

イメージ 2
ペアーハンズのブースで買ったジャンク品のキットです。

東武鉄道の建築限界測定車(JRでいうオイラン列車)ヤ1のキットです。

たしか、正規品のキットは10000円くらいしますが、ジャンクで1000円でした。

私は東武鉄道の車両には全く興味ありませんが、パッケージの裏には、

イメージ 3
保障なしは、当然ですが、「成人向け、18禁」と書いてあります。

18禁にする理由でもあるんですかね?(笑)

完成したら何かエロいものでも見えるのか?(笑)

この文章を見て「だったら作ってやろう」と、私の心に火が着きました。

1000円だから買ったけど、それ以上の値なら買ってません。

それに、「どうすれば完成させられるのだろう?」と、製作方法を考えるのも楽しいもので、説明書を頼りにしか作れないのでは、モデラーとして長続きしませんね。

こういう経験を積むのも、モデラーとして必要だと思います。

とは、言っても自分も歳も歳ですから、もう技量の上積みは難しいですね。

ちなみに、このキット、noirさんも買ってます。

イメージ 4
本物は、こちら。

RMライブラリー・建築限界測定車の本に載ってます。

ネットで検索したって、本物の写真なんて、ほとんど出てこない。

これが私の唯一の資料です。

何とか、完成させることができればと思います。

会場で、買ったのは、このキットとジャンク車両1両だけで、2000円で買い物が終わりました。

次に秋葉原に行っていろいろと買い物しましたが、今日買った中で新製品のこれを買いました。

イメージ 5
我が超地元を走る松戸新京成バスのバスコレと動力です。

発売を待ってました。

それにしても、京成グループの会社とはいえ、よく製品化してくれたと思います。

と、いうことで、帰宅して、早速組み立てて走らせました。

イメージ 6
イメージ 7
私もバスコレ走行セットは所有してまして、なかなか走らせる機会もないので、久しぶりに走らせました。

動力を組み込んだ際、タイヤとホイールアーチが接触する部分があるので、そこは削りました。

コースは楕円ですが、景色が欲しくなりますね。

見ていても飽きませんでした。

今回は1台しか買いませんでしたが、うちの近所に新京成バスの営業所があるので、ゆくゆくは模型は20台くらい買って並べて車庫を再現したいですね。

とりあえず、毎月1台づつ買うか。

では、また。


この記事に

みなさま、こんばんわ。

次は屋根の加工です。

イメージ 1

北陸の413系はベンチレーターが全て撤去されているので、それを全て外し、取り付け穴をランナー引き延ばし線で埋めます。

イメージ 2
パンタ車ですが、元の屋根のままという訳には行かないので(そのままでは直流区間を走れません)カトーのモハ474のパンタ周りを切り継ぎます。

上の屋根セットは、津田沼にある某店で半額で売っていたので、購入。

トミーの白箱で売っている屋根の方が出来はいいですが、1セット500円は、出せません。

イメージ 3
クーラー取り付け穴の横で切り継ぎました。

ついでにパンタ脇、屋根肩のルーバーも413系には無いので、パテで埋めます。

この後、接合して継ぎ目を仕上げます。

イメージ 4
全ての屋根をきれいに仕上げました。

左の屋根はクハ455-701の屋根ですが、クーラーの位置が元のクハと違い、サハ455の位置に付け直すので、全ての穴を埋めてクーラー取り付け穴を開け直しました。

今日はここまで。

では、また。

この記事に

みなさま、こんばんわ。

次は久しぶりに北陸シリーズです。

鉄コレ717系を見た時、「413系と車体が同じだよな・・・」

これなら、お安く作れると思い、作ってみることにしました。

では、加工です。

イメージ 1
鉄コレなら、IPAに漬けてすぐに色を落とせますね。

さて、何の編成を作るか?ですが、まずは表題の通り、赤い(正確には茜色?)七尾線色と青色を作りたいと思います。

さらに、赤い七尾線色の編成の中に急行形の残党?でもあるクハ455-701と702(サハ455の先頭車化改造車)もまだご健在なので、この車が入った編成を作ることにしました。

と、いうことで、まずはクハ455-701を作ります。

イメージ 2
イメージ 3
早速、形になってますが、ベースはカトーモハ454モーターなし車です。

モーター付きの車体でもいいのですが、それだと車体強度がなく加工がやりずらいです。

運転台の後ろに客ドアを接合し、さらに車体を接合しました。

客ドアとメインの車体の色が違いますが、切り継ぎ位置を間違えたので、再度切り継ぎました。

本物は客窓の部分に方向幕と戸袋窓が設置されたので、戸袋窓の部分は運転台を切り取った車体から切り出して、はめ込みました(白い部分です)

あとは、車体裾の足りない部分は、プラ材を接着して、後で整形します。

イメージ 4
イメージ 5
接合部分を削って整えます。

イメージ 6
イメージ 7
加工したところにグレーを吹いて確認。

問題ないようなので、切り継ぎ加工はこれで完成です。

このあと、写真はないですがトレジャータウンのパーツ(サボ受けや方向幕)を接着します。

イメージ 8
お顔の種別幕の窓は埋められているので、パテで埋めて、こちらもグレーを吹いて確認。

イメージ 9
鉄コレの急行形のお顔はなぜか手すりのモールドが一部省略されていて、すっきりし過ぎているので、トレジャータウンの手すりパーツを使って別パーツ化しました。

塗装の単色に塗るだけなので、先に接着しました。

これで車体の加工は、終わりです。

今日は、ここまで。

では、また。

この記事に

みなさま、こんばんわ。

トミーの115系長野色C編成セットのうち4両が入手できたので、新潟車両センター所属のL99編成を作ってみました。

イメージ 1
加工内容は、いつものように車番のインレタを転写したり、屋根を塗装したりと。

イメージ 2
屋根も手すりは別パーツ化してあり、他は塗装したくらいです。

ですが、これだけで、L99編成と分かっていただけるかどうか?(この編成を見て何をしたいのか、理解できないなら、私との会話は無理ですよ、話になりませんから)

と、いうことで、こちらのインレタを買ってきました。

イメージ 3
トレジャータウンのインレタですが、新潟車両センターの車両の編成番号のインレタです。

転写してみました。

イメージ 4
向かって左の窓の上に「L-99」と転写しました。

しかも、トレジャータウンのインレタに、この編成番号は入っていないので、組み合わせてあります。

字が小さすぎて目が疲れました(目薬、必須です)

と、いうことで、完成です。

試運転は、717系の時に一緒に持って行ったので、石田商店さんです。

イメージ 5

編成中間は、やはり、

イメージ 6
これをやりたいですよね?

なので、うちのL-99編成は全部の車両に車体マウントのTNカプラーを取り付けました。

さて、トレジャータウンのインレタですが、大量に余っているので、うちの編成で使えるものを転写してみました。

イメージ 7
弥彦線色のY-1編成と、新新潟色で、N-3編成・・・。

N-3!、????・・・。

N-3編成といえば「なつかしの新潟色」の編成ですが、なんとうちの新新潟色(JKワイパーと言われてますね→「JKワイパー」でぐぐってみてください、キムワイプの親戚です)はN-3編成になっていたとは・・・。

車体にクリヤーを吹いているので、車番は変えられません。

あれだけ編成数あるのに、何でN-3にしたのか・・・。

イメージ 8
左の長野色は新潟に転属した当初ということで、N-33編成になってます。

ちなみに、本物は未更新車なので、入場の際、長野色からキムワイプに塗り替えられ、キムワイプなのにシングルアームパンタ搭載という、異端な編成になっています。

右のキムワイプはWパンタの仕様だったN4編成(本物は廃車されました)になってます。

編成番号は115系のものだけではないので、485系も。

イメージ 9
左の3000番台はR23編成を、右のはもちろん、T18編成です。

右のは製品で特定編成になっていて、車番も印刷されているんだから、編成番号も印刷できないものか?(さよならセットだったらやったかもしれない)

と、いうことで、とりあえず6編成分転写しましたが、目がとても疲れました(自分はもう若くないんだなと、改めて実感・・・)

新潟の車両は、まだまだ作る予定がたくさんあるので、編成番号を転写するのも作業内容に入りました。

最後に、石田商店さんで記念撮影。

イメージ 10
一応、新潟車両センターのつもり。

なつかしの編成は発売されるので、並べられるけど(タイプね)弥彦線色は、そう持っている人はいないだろう(自慢です)

では、また。


この記事に

みなさま、こんばんわ。

イメージ 1

先週、レンタルレイアウト「夢空間」さんで走らせた鉄コレ717系を加工した様子を書いてみます。

イメージ 2
列車無線アンテナと信号炎管はトミックスのパーツを取り付け。

イメージ 3
車両によって、取り付け位置が微妙に違うようでして、一応変えてみました。

イメージ 4
クモハはグリ完113系7700番台?のジャンパー線パーツを取り付け。

TNカプラーを取り付けるとスカートが嵌らないので、加工しました。

イメージ 5
元のパーツは何かの流用なんでしょうね。全く違うので、写真左のように加工しました。

黄色いのはポリパテを盛って成形しました。

イメージ 6
加工後はこんな感じ。

イメージ 7
パンタ周りはパンタを指定のものに交換。

ガイシは白く塗りました。

イメージ 8
末期仕様ということで、JRマークを転写して、クリヤーを吹き、床下はねずみ1号を吹きました。

郡山工場は床下をグレーに塗装してますね。

これで、末期仕様になったと思います。

さらに、この後、連結面を短縮したく、ネットでいろいろと見ていたら、使えそうな加工があったので、やってみました。

イメージ 9
鉄コレ標準のカプラーポケットにカトーカプラージャンパー線付きをはめ込みます。

写真のように加工しますが、カプラーの方は削り過ぎに注意です。

上手く削るとカプラーポケットに圧入で固定できますが、削りすぎると接着剤での固定となります。

イメージ 10
台車に取り付けてみました。

イメージ 11
連結間隔の比較です。

奥が加工前です。

加工前は間隔が7ミリでしたが、加工後は5ミリになりました。

これで十分です。

あとは、ちゃんと走るか?

と、いうことで、久しぶりに石田商店さんのレイアウトで走行してきました。

イメージ 12

編成はモーターなし側3連を先頭にして走らせてみましたが、全く問題なしでした。

イメージ 13
連結間隔も、狭すぎず、広すぎずいい感じです。

カーブもトミーC280カント付きでも、全く問題なかったので、これならどこの貸しレイアウト店に持って行っても大丈夫でしょう。

と、いうことで、まずは717系6連を仕立てました。

今回の鉄コレ24弾は、717系は、ありがたいことに人気がないようで、2500円も出せばヤフオクなら3両落札できそうです。

なので、717系は、うちにはあと3編成分あります。

もちろん何かに加工するので、加工したら日記に書きたいと思います。

では、また。


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事