ここから本文です

山猿の思うこと

天下雖平 忘戦必危

書庫全体表示


 

「鉄道遺産の頂点」8年ぶりに指定 建造80年の転車台

 <鉄道遺産の頂点ともいわれる「鉄道記念物」に、岡山県津山市にある「旧津山扇形機関車庫と転車台」が選ばれることになった。建造されて80年余り、現役で使用されている。記念物の選定は2010年のJR北海道の蒸気機関車「しづか号」など3件以来、8年ぶり43件目で、「鉄道の日」の14日に正式指定される。
 1930年に津山駅構内に国鉄が整備した転車台は、直径約18メートルの台から放射状に線路が延び、車両を出し入れして方向転換させる施設だ。36年にできた機関車庫は鉄筋コンクリート構造で延べ約2500平方メートル。17車両分あり、D51形蒸気機関車をはじめ非電化の13車両を収容する。背面がガラス窓で覆われ、蒸気機関車と煙で暗くなる庫内に自然光を取り入れる仕組みになっている。2009年には国の近代化産業遺産にも選ばれた。

 鉄道記念物は国鉄時代の1958年に始まった制度で、87年の民営化でJR各社に引き継がれた。ただ、その後の指定は西日本と北海道の計8件と低調だ。東日本や東海などでは発足後の指定はなく、両社は「現状では指定に向けた計画はない」という。朝日新聞社>
 津山まなびの鉄道館    

 津山扇型機関庫は蒸気機関車の整備や転車の為に逢ったんですが…
 
イメージ 1


イメージ 3


 ディゼル化で態々向きを変える必要が無くなり…
 転社台も不要になり…
 多くの扇型機関庫が壊され…
 現役として使われてるものは津山機関庫のみとなりました。
 扇型機関庫は京都に次いで全国二番目の規模となってしまったようです。
イメージ 2


イメージ 4

 京都のSLの様に動態保存ではありませんが…
 今は珍しくなった車両が保存されていますので、一見の価値はありますよ。

イメージ 5


 SLも…
イメージ 6


 SLは津山駅前にもC11が展示されています。
 現役時代の物ですが…
イメージ 7
 機関庫内の移動時ですが…
 何度か運転台に乗せてもらいました。
 小学生の時、運転士から「お召列車引っ張ったら煙草貰った、恩師の煙草だから構わんからお前も吸え!」って始めてタバコ吸たわw

 今だったらどちらの件も大問題に成ってるでしょうねw
  完璧に時効だろうし彼はかなり前に天国ですから…
 バレても今更問題ならんでしょう。
 彼には結婚式の仲人役も引くけてもらったりもしましたね…

  • 顔アイコン

    恩賜のタバコ!!が初喫煙ですか・・良い時代ですね。
    今の若者は『恩賜のタバコ』の意味も有りがたさも判らないですね。
    S30年頃傷痍軍人会の人が5本入りの箱を貰ったら、県外の親戚にまで配ったそうです。
    機関車・転車台より恩賜のタバコに惹かれました。

    [ 二式戦 ]

    2018/10/14(日) 午前 7:54

    返信する
  • 顔アイコン

    両切煙草でした。
    菊のご紋章が付いていましたね。

    [ テラノ助 ]

    2018/10/14(日) 午後 4:02

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事