ここから本文です

山猿の思うこと

天下雖平 忘戦必危

書庫全体表示

 NHKと朝日の報道っておかしくないか?

本当に李舜臣の旗?」の声も 韓国「将軍旗」は何がしたかったのか

韓国・済州島で2018年10月11日開催された観艦式で掲げられた、一本の旗が波紋を広げている。黄色の地に「帥」の一文字が染め抜かれた、李氏朝鮮時代の旗だ。

 事前の「旭日旗締め出し」の経緯もあり、日本の外務省は韓国側に抗議する事態に。軋轢のきっかけとなったこの旗は、いったい何を意味していたのか。

■NHK「秀吉と戦った将軍象徴の旗」

  「韓国 観艦式 秀吉と戦った将軍象徴の旗掲揚 当初説明と矛盾も」(NHK)
  「韓国軍艦、豊臣軍破った李舜臣の旗を掲げる 国際観艦式」(朝日新聞)
  「韓国艦艇、観艦式で李舜臣将軍を象徴する旗掲揚」(読売新聞)
  「国際観艦式で韓国「抗日」旗 日本政府が抗議」(産経新聞)

11日の観艦式後、主要なメディアが売った見出しである(いずれもウェブ版)。

 問題の旗は、文在寅大統領が演説を行った駆逐艦「日出峰」に掲げられた。いち早く報じたNHKはこの旗を、

  「豊臣秀吉の朝鮮侵略と戦った将軍を象徴する旗」

 と紹介、「未来の海洋強国への意志を表明したもの」という大統領府の見解をあわせて掲載している。

 今回の観艦式では、韓国政府は各国に「自国と韓国の国旗のみ」を掲げるように要請した。事実上、この要請は日本が自衛隊旗として用い、韓国内で「戦犯旗」などと主張される旭日旗を「締め出す」ためのものと見られており、結局日本は参加自体を見送った経緯がある。

 にもかかわらず、当の韓国が国旗以外の、それも「日本と戦った英雄」李舜臣を象徴する(とされる)旗を用いた――その行為は、日本から見たらまさにあてつけである。
日本の報道まで注目度低く
 ところで問題の旗は、本当に「李舜臣を象徴する」ものなのだろうか――日本のネット上では、そんな疑問の声も出ている。

 そもそも、日本側からの報道が出るまで、韓国内では問題の旗=帥字旗(帥子旗)については、それほど注目されていなかった。同時に掲揚された「デニーの太極旗」(韓国現存最古の太極旗)を多くのメディアが取り上げたのに対し、こちらは、

  「壬辰倭乱(文禄・慶長の役)で三道水軍統制使だった李舜臣(イ・スンシン)将軍が乗る座乗艦に掲げられていた朝鮮水軍大将旗『帥子旗』が掲げられた」(朝鮮日報)

と短く触れられた程度だ。日本側の反発が起こった後の韓国大手紙・朝鮮日報の記事では、

  「朝鮮時代の水軍隊長旗」
  「壬辰倭乱(文禄・慶長の役)で三道水軍統制使だった李舜臣(イ・スンシン)将軍の船にも掲げられていたと言われている」

 といった具合で、李舜臣とのつながりは確かに意識されているものの、日本での報道に比べるとややトーンが弱い。

 「帥字旗」はむしろ、韓国では1871年の「辛未洋擾」を象徴する旗として知られてきた。当時の朝鮮が、来航した米国船を撃沈したことへの報復として、米海軍が江華島を襲撃、守備軍を壊滅した事件である。その際に戦利品として持ち去られたのが、本陣に掲げられていた帥字旗だ。

 その後、韓国側は「米国にある最も代表的な韓国略奪文化財」(中央日報、2007年5月7日付)とみなし返還を交渉、2007年に長期貸与という形で136年ぶりに「里帰り」した。こうした経緯を考えれば、日本だけでなく米国へのあてつけとも捉えられかねない(なお、米国は観艦式に参加したものの、市民団体のデモもあり、式典終了まで空母「ロナルド・レーガン」が入港できないトラブルに見舞われた)。どう転んでもセンシティブな旗だが、韓国政府が事前にどこまで配慮していたかは不明だ。

 12日に外務省は抗議、これに対する韓国の正式な回答はまだ明らかになっていないが、共同通信は13日、「韓国海軍当局者」の話として、「国旗のみ」の要請は外国艦船のみなので、帥字旗の掲揚は問題ない、との見方を伝えている。>

 国旗のみ」の要請は外国艦船のみなので、帥字旗の掲揚は問題ない>
 このような、韓国側の言い分もおかしいが…

 日本のマスコミである、NHKと朝日の超韓国よりの報道には怒り以上の物を感じてしまう。
 秀吉軍を破ってなんかいないんだからね

 
<李 舜臣(日本語読み:り しゅんしん、朝鮮語読み:イ・スンシン、이순신1545年4月18日(明暦: 嘉靖24年3月8日) - 1598年12月16日(明暦: 万暦26年11月19日)は、李氏朝鮮将軍は汝諧(ヨヘ、여해)。文禄・慶長の役において朝鮮水軍を率いて日本軍と戦い活躍したとされるが、党争[注釈 1]の影響でしばしば讒言を受け、また、抗命したことで兵卒に落とされるなど浮き沈みが激しく、元均の戦死で復権したが、露梁海戦で戦死した。死後に贈られた忠武公충무공

豊臣秀吉の死後、日本軍に退却命令が出されると小西行長は明との間に講和を成立させた後、海路を撤退しようとしたが、それを知った明・朝鮮水軍は古今島から松島沖に進出、海上封鎖を実施し小西らの退路を阻んだ。講和後のこの明・朝鮮水軍の行動(ただし明とのみの講和で朝鮮との講和は成立していない)に、小西軍は順天城での足止めを余儀なくされた。この小西軍の窮状を知った島津義弘ら日本側の諸将は急遽水軍を編成して救援に送ることとなり、これに対し李舜臣および明・朝鮮水軍は順天の封鎖を解いて東進し島津水軍を露梁海峡で迎え撃つこととなった。
この露梁海戦では、夜半からの戦闘が長時間続き、日本軍、明・朝鮮水軍の双方が大きな被害を被ったとされる。明・朝鮮側の資料では自軍の勝利を強調しているが、明軍では副将子龍が戦死、朝鮮軍では主将の李舜臣が島津兵の鉄砲の弾丸を受けて戦死した(後述)。朝鮮軍ではさらに、李英男(加里浦僉使)、方徳龍(樂安郡守)、高得蒋(興陽県監)、李彦良、といった将官が戦死した[12]。一時突出した明軍の主将陳璘も日本軍の包囲から危うく逃れている。 朝鮮側は将軍の戦死や損害過多で統制を欠き、作戦行動の継続が不可能となり、小西軍の救援に駆けつけた島津軍は、殿軍を務めて無事にこれを撤退させ当初の予定通り救援任務を完遂した>ウィキペディアより。

 李 舜臣は和睦し日本に引き上げる 日本軍に奇襲攻撃し、体制を立て直した日本軍に 返り討ちになった指揮官っう事ですよ。
  秀吉が亡くなったため和睦してるんだから…
 すでに秀吉軍でない事は朝鮮側も解っていたんだし…
 和睦し安心して帰ろうとする日本軍を襲い返り討ちにあった卑怯者の指揮官を英雄視するのは理解できんが…
 韓国ヨイショの NHKと朝日には呆れかえるわ〜〜


イメージ 1

  • 民放はともかくNHKは解体
    臨時ニュースとか災害時関連報道のみで

    あまのじゃく

    2018/10/14(日) 午後 9:38

    返信する
  • 顔アイコン

    > あまのじゃくさん
    トウシロウでさえ知ってる事を、マスコミ記者が知らんハズは有りませんよね。
    知っててこのような報道するなんて…
    マスコミ人の良心を捨て去ってるとしか思えませんね。

    [ テラノ助 ]

    2018/10/15(月) 午前 9:52

    返信する
  • 顔アイコン

    マスコミ人種は偏差値は並み以上でも社会通念という情緒に欠落した人種です。
    と言っても半島の眼鏡猿大統領と同じ程度の、似非人間。

    [ 二式戦 ]

    2018/10/30(火) 午後 9:56

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事