ふくしま観光情報☆福島市観光案内所職員ブログ♪

福島県福島市の観光・イベント・飲食店の情報をアップしています。

宮城県の紹介

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

福島県のお隣宮城県蔵王町のえぼしスキー場にスイセンを見に出かけてきました。
残念ながら一番の見ごろは過ぎていましたが、黄色いスイセンが一面に咲いていました。
イメージ 1

出かけた日は、天気が良く遠くの景色をきれいに見ることができました。

イメージ 2

来年は見ごろの時期に出かけたいです。

この記事に

開く コメント(0)

一目千本桜(宮城県)

イメージ 1

一週間前になってしまいますが、お隣宮城県のJR東北本線大河原〜
船岡駅間にある「一目千本桜」を見てきました。

18日に行ってきたのですが、暴風の影響で桜はすでに落下盛んでした…

しかし!約8キロにも渡る桜並木は圧巻の一言!
河川敷には大正12年に植樹されたソメイヨシノがどこまでも続き
美しかったです。

イメージ 2

船岡駅近くにある船岡城址には、昭和45年に放送された大河ドラマ
「樅の木は残った」の樅の木があります。

来年は満開の時期に行きたいです。桜の時期は難しいですね〜


よこ

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

福島市から高速で約30分弱、お隣宮城県白石市の鎌先温泉
湯主一條に泊まりに行ってきました。

鎌先温泉は宮城県の南部に位置する山間の小さな温泉地。
数件の宿と商店が小さいながら程よくまとまっています。

イメージ 2

イメージ 3

バス停は小さな図書館になっています。のんびりバスを
待つ旅も素敵ですね!
レトロすぎる自販機もありました(使われていません)。

イメージ 4

イメージ 5

湯主一條の魅力の一つが、大正時代に建てられた木造建築
(本館)での食事です。
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

歪んだガラスに、木枠、釘を一切使わずに宮大工によって
立てられた現代ではモダンな建物の中で、地元食材を使った
美味しい料理が楽しめます。

10年ほど前に本館をリノベーションして食事処にしたそうで、
以前本館は自炊部でした。
私も学生のころに自炊部に宿泊したことがあります。
冬に宿泊したので木造の建物は寒いやら、怖いやらでした(笑)

お湯は美肌の湯。露天風呂には野生の天然記念物の日本カモシカ
が姿を見せる時があるそうですよ!


■鎌先温泉 湯主一條ホームページ
http://www.ichijoh.co.jp/index.html

■白石市もいいけど、お隣福島市の観光も是非併せて♪
福島市観光協会ホームページ
http://www.f-kankou.jp/


よこ

この記事に

開く コメント(0)

宮城蔵王キツネ村

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

宮城県白石市にある「宮城蔵王キツネ村」に行ってきました。
白石市は福島市のお隣の市で(間に桑折町と国見町があります)
福島駅から下道でおよそ1時間ほどで到着しました。

蔵王キツネ村は外国人にも人気のスポットとなっており、
広い敷地に放し飼いされているキツネの中を散策できます(*^_^*)

園内ではエサを与えることもできるほか、だっこやキツネの
頭を撫でることもできます。

標高が高い場所にあるので、さすがに冬は寒いのですが、
冬毛のキツネの可愛さといったら、たまりませんでした!
もっふもふ!

この日はうっすらと雪が降り、より素敵な景色を楽しめました。
お土産も充実していますし、お土産処はとっても暖かいので
冬でも心配なく楽しめます♪
エントランスでは、なぜかキングコングがお出迎えしてくれます!


(有)蔵王キツネ村
宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3
電話:0224-24-8812
営業時間:9:00-17:00
定休日:年中無休
HP:http://zao-fox-village.com/


よこ

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 11

さる3月4日、福島から南三陸へ車で旅行してきました!
仙台へはよく買い物に行きますが、南三陸町には初めて出かけました。

お目当ては、じゃらんの絶景宿でも取り上げられた「南三陸ホテル観洋」
と、海鮮丼です。

福島でも昔はCMが流れていた記憶のある「ホテル観洋」。この日は
日帰り入浴のみの利用で訪れましたが、全室オーシャンビューで、
もちろん大浴場からも美しい三陸の景色が見渡せます。

ときどきカモメが飛び交い、海苔の養殖をしている小舟が浮かぶ海を
のんびり眺めて、心身ともにリフレッシュしました。

●大浴場の入り口から
イメージ 1

●かわいい脱衣所の番号
イメージ 2

●大浴場脇の休憩スペースからの眺め
イメージ 3


入浴でおなかがすいたので、南三陸町に向かいます!
お目当ては「南三陸キラキラ丼」です。キラキラ丼はその時期一番旬の
海鮮丼の総称で、春夏秋冬4種類の味が楽しめます。

商店街の入り口には「モアイ像」があります。
以前ニュースで取り上げられていましたが、本物のモアイ像です!
世界に2体しかない「目」がついたモアイ像。

仮設商店街である「南三陸さんさん商店街」の中にある「松原」さんで、
今旬のイクラ丼をいただきました(*^_^*)
松原さんは営業時間が過ぎていたにも関わらず、笑顔で向かいいれて
くださって、三陸の人のあたたかさに触れることができました。

臭みがなく、ほんのり塩味がついていて醤油は必要ありませんでした。
イクラの味もさることながら、小鉢のメカブの美味しさにも驚きました。
臭みがなく本当に美味しかったです!

商店街の中には、日用品屋さんやお菓子屋さん、お土産屋さんなどがあり、
お土産に「モアイ像最中」を購入しました。地元のお菓子屋さんが製造して
いる最中で、5個入り1080円(少し高い)ですが、餡をあとから挟むタイプ
なので、サクサク触感ですし、餡子も甘すぎずとっても美味でした!

●商店街の入り口
イメージ 4

●モアイ像
イメージ 5

●「松原」入口
イメージ 6

●南三陸キラキラ丼
イメージ 7

イメージ 8

●モアイ像最中
イメージ 9


南三陸町を走っていて、震災後5年が経過する中で、まだまだ復興が
進んでいない現状に触れました。福島県も海沿いは津波被害、そして
県内では原発被害など、様々な問題が今でも横たわっています。
地域の垣根なく、復興に進んでいく力になれたら、と考えさせられる
有意義な旅でした。

●復興が進む南三陸町
イメージ 10



★南三陸町観光協会公式ホームページ
http://www.m-kankou.jp/

★南三陸さんさん商店街ホームページ
※なぜ南三陸に「モアイ像」なのか謎も解明できます
http://www.sansan-minamisanriku.com/

★南三陸ホテル観洋公式ホームページ
http://www.mkanyo.jp/


よこ

この記事に

開く コメント(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事