ふくしま観光情報☆福島市観光案内所職員ブログ♪

福島県福島市の観光・イベント・飲食店の情報をアップしています。

soraのひとり言

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

先日国道13号線をドライブし、米沢にラーメンを食べに行って来ました。
山形の赤湯温泉では、有名なラーメンで米沢支店が米沢総合庁舎近くにあります。

イメージ 1


こちらが、赤湯ラーメン¥630です。ちよっと太めの縮れ麺で、さっぱりとしたスープでした。

イメージ 2


有名な辛味噌ラーメン¥780は、こちらです。(※写真は大盛り)
濃厚なスープでちよっと酸味がある辛味噌が乗っています。

辛いのが苦手な方は、辛味噌を少しだけスープに混ぜるのがいいかと思います。
体が温まりとても美味しかったですよ(^_^)
福島からだと車で1時間ぐらいで着いてしまうので、ドライブがてらにいかがでしょうか?

そら

  赤湯ラーメン龍上海米沢店
  住所:山形県米沢市春日4丁目4-6
  電話:0238-21-8234

福島市の観光はこちら!
(社)福島市観光物産協会HP こらんしょふくしま ⇒ http://www.f-kankou.jp

この記事に

開く コメント(0)

秋田県から岩手県をぐるりと廻り、本日の宿泊は八幡平温泉郷にある「八幡平リゾートホテル」です。
リゾートホテルなので目の前はスキー場でしたが、お風呂は温泉で(単純硫黄泉)。
少し硫黄臭がしました。

翌日の午前中は、ホテル前で「グラウンドゴルフ」をしました。
道具の貸出しも何時間やっても、無料でした(~o~)
良いお天気だったので、奥羽山脈の山々も見えました。

イメージ 1 イメージ 2


チェックアウトした後、昨日夜間通行止めで通ることが出来なかった
「八幡平アスピーテライン」を通りました。
上り口にある、松尾八幡平ビジターセンターと物産館あすぴーてに立寄りました。
桜と雪の回廊観光キャンペーンのスタンプラリーを行っていました。

イメージ 3 イメージ 4

山頂レストハウスから樹海ラインに入り、また松尾八幡平ICに下ってきました。
樹海ラインには所々にミズバショウの花が、たくさん咲いています。

イメージ 5 イメージ 6

帰り道はせっかくなので前沢に立ち寄り、牛の里というお店の「前沢牛」を食べました。

イメージ 7

秋田と岩手を満喫した、1泊2日でした(^^♪
福島県にも、磐梯吾妻スカイラインの雪の回廊がありますよ。
美味しい「福島牛」もあります。ミズバショウの咲いている土湯温泉もあります。
是非、春先の福島も観光してみたいです。

  そら

福島県の観光はこちら!
(社)福島市観光物産協会HP こらんしょふくしま ⇒ http://www.f-kankou.jp

この記事に

開く コメント(0)

今年のゴールデンウィークは、課題図書小学校高学年用の読書感想文で書いた
「マタギに育てられたクマ」の舞台になっている、秋田県白神山地へ行って来ました。
福島飯坂ICから東北自動車道を北上し北上JCTから秋田自動車道に入りました。

イメージ 1


このあたりから高速道路の側道には、「ふきのとう」がいっぱいでした。
てんぷらやふきのとう味噌が好きな私にとっては、山菜取りをしたい心境に駆られました(笑)。

イメージ 2


錦秋湖SAで休憩をとり、ご当地サイダーと横手やきそばを買いました。
(残念なことに保健衛生上の観点から、横手やきそばの上にはシンボルの
目玉焼きは乗っていませんでした)

イメージ 3イメージ 4

今年は東北の桜の時期が遅かったので、角館・桧木内川堤や武家屋敷方面の桜がまだまだ見れました。
秋田自動車道を大曲ICで降りR105を北上し、田沢湖畔を通りました。

イメージ 5


田沢湖の金色の辰子像は有名ですが、湖畔には辰子観音もありました。

イメージ 6


さらにR341を北上し目指していた、阿仁・熊牧場にやっと到着。
着いたときには午後3時をまわっていたので、小熊を抱っこするイベントは終了していましたが、
大きな熊さんがゴロゴロして、エサをもらう姿がとても可愛かったです。

イメージ 7イメージ 8
イメージ 9イメージ 10

その後、田沢湖畔までもどりR341をアスピーテライン方面に向かいました。
ところがこの時期夜間通行止めがあり、途中の「ふけの湯」あたりまでしか行けませんでした。

イメージ 11

宿泊予定の八幡平リゾートホテルまでは、アスピーテラインを引き返し
鹿角八幡平ICから安代JCTを通り松尾八幡平ICまでいきました。
1日目はここで終了。山道なので予定していたより時間がかかったように思います。
まだ雪が残っていたので通行止め区間もたくさんありました。
行かれる際には、よくご確認を。

 そら


   阿仁 熊牧場 
    営業:冬期休業4月29日から開園 P100台
    料金:大人500円、中学生300円、幼児無料
    電話:0186−84−2626

    

この記事に

開く コメント(0)

裏磐梯〜五色沼〜

昨年の9月に裏磐梯のビジターセンター奥の駐車場に車を止めて「五色沼自然探勝路」を
歩いた時の様子です。
全長約3,6kmですが、途中写真を撮りながらゆっくり歩いたので、1時間40分から50分ぐらい
かかりました。

イメージ 1イメージ 2

最初の毘沙門沼では、ボートに乗りました。(30分700円)
天気の良い日だったので、磐梯山がよく見えました。
また、この沼には鯉がたくさん泳いでいます。ハートの模様の鯉がいるのですが、
残念ながら写真は取れませんでした。

イメージ 3イメージ 4

その後、赤沼→みどろ沼→竜沼→弁天沼→るり沼→青沼→柳沼→母沼の順で歩きました。
通常歩くコースとは、反対から歩いたようですが、問題なく歩けました。
左下写真は竜沼、右下写真は弁天沼。

イメージ 5イメージ 6
イメージ 7


上写真は青沼。
最後にたどり着いた、裏磐梯物産館でジェラートを食べて休憩。
また、車まで歩いて戻るのは大変なので、物産館前の「裏磐梯高原駅バス停」からR459を
通り「五色沼入口バス停」まで運行している【森のくまさん号】に乗り、車まで戻りました。
(大人240円)

イメージ 8



これから涼しくなってくるので、もみじ狩りを兼ねて散策してみるのもいいですね。


そら

この記事に

開く コメント(4)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事