ふくしま観光情報☆福島市観光案内所職員ブログ♪

福島県福島市の観光・イベント・飲食店の情報をアップしています。

【県北】伊達・桑折・国見方面

[ リスト | 詳細 ]

福島県の中央南北地帯を「中通り地方」と呼びます。
福島市のある場所が県北地区。福島市周辺の情報をお伝えします。
記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

二本松のちょうちん祭りの昨日、上司のお宅に招待されました。
帰りに頂いた手土産の揚げまんじゅう。前にも紹介しましたよね!
すごく美味しい揚げまんじゅうです。まだ食べたことのない人は挑戦してください。

花月堂花屋
二本松市竹田2丁目7-7 0243-22-0748

お店までの目印は、安達高校近くの県道354安達太良線(塩沢温泉)です。

開く コメント(6)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

二本松神社例大祭と言っても、どんなお祭りだろう?と思うかもしれませんね。
二本松のちょうちん祭りと言うと分かると思います。

二本松のちょうちん祭り ミニ知識

●太鼓台の数…7台。本町・亀谷・竹田・松岡・根崎・若宮・郭内の7町。
●太鼓台主任…拍子木で指示を出しながら太鼓台の指揮をとる。
●高張り提灯…字紋の入った大きな提灯を竹の先に取り付けてある。境界線にもなっている。
●太鼓台の提灯の数…各町で異なるが一台に約300個。もちろんローソクを使っている。
●ローソク…ローソク1本で約2時間灯りをともせます。一晩の曳き回しに一台に150本位使用される。
●すぎなり…天辺の提灯。この部分が可倒式になっていて信号線などの障害物があるとき倒す。
●屋根係…ローソク交換、すぎなりの操作、踊るようなパフォーマンスも見ものだ。
●提灯枠…取り外しが可能。昼の曳き回しには提灯枠を取り外してお祭りが行われる。
●囃子方…太鼓台の中心に乗り込む。構成は大太鼓、笛、小太鼓3つ、鉦。
●ワッパ係…太鼓台に舵は付いていない。横車を押して方向を変える。一気に回転させる技術は凄い。

二本松ちょうちん祭りの曳き回し経路

【10月4日】提灯祭り
亀谷ロータリー(17:50)→根崎交差点→竹田坂(19:40)→亀谷坂下→二本松神社→松岡→若宮→警察署→駅前広場(24:00)
【10月5日】本祭り
二本松駅(8:35)→ほまれ会館→二本松神社→根崎交差点→竹田坂(13:40)→亀谷ロータリー→解散(14:50)
【10月6日】4町合同(若宮・松岡・本町・亀谷)・3町合同(竹田・根崎・郭内)
[4町] 亀谷坂(17:40)→二本松神社→ほまれ会館→解散(20:30)
[3町] 霞ヶ城公園箕輪門(17:45)→郭内ロータリー→竹田坂→根崎交差点→解散(20:30)

さて、昨日は7町の太鼓台が揃った提灯祭り。
福島駅18:10の電車に乗り込み、いざ二本松へ!
二本松駅に到着すると乗客のおよそ半分が降りて祭りの人ごみの中に…。
駅から15分ほど歩いた郭内に上司のお宅があります。(実は招待されました)

手ぶらでは悪いと思い、ミスドでドーナツを買いお土産にしました。(結構喜んでました)
3階建てのお宅にお邪魔すると猫ちゃんがお出迎え。
2階へ案内されると、先発隊は宴の真っ最中。後発隊5人も20分遅れで参戦。
奥様の手づくりおもてなし料理の数々をご馳走になりました。
オードブル、お刺身の盛合せ、春巻きと生野菜、きんぴらごぼう…など。

お酒も飲みました。二本松の銘酒である大七 生もと奥の松 さくら吟醸。ビールにワインどんどん出てきました。

肝心な提灯祭り、太鼓台を見るのを忘れていた!
気が付くと竹田坂を上り終え亀谷坂下に先頭の本町太鼓台が着いたと情報が入った。
今年も祭りのメインを見逃してしまったので、午後9時頃までそのままご馳走になってました。
最後には、お赤飯と二本松の郷土料理ざくざくもご馳走になりました。ご馳走様でした!

ご馳走になった上に、花月堂の揚げまんじゅうと缶ビールのお土産もいただいた上司宅を後にして、太鼓台を探しました。亀谷ロータリーに本町太鼓台を見つけ二本松神社付近で待機。この本町には、日ごろ職場でご一緒するYさんがお住まいです。本町の役をしていらっしゃる方で連絡を取ってみると「今、家に寄ってたからすぐ行くよ」という事で、神社前で合流。目の前で本町太鼓台の写真を撮ったり、樽酒をご馳走になりました。

駅前交差点では、福島駅で働く清掃会社の方々とも鉢合わせ!(世間は狭いねー)
バラバラになった仲間とは、2人を除いて臨時列車の車内で再び合流しました。
帰りの電車も乗車率150%で混雑気味。電車の接続も悪く、庭坂行きは数分の差で接続しませんでした。
僕は駅からも近いのでゆっくり帰宅しました。

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

イメージ 1

二本松神社例大祭
二本松のちょうちん祭り 10月4日(夜)・5日(昼)・6日(夜)

 【提灯祭りの由来】

  今から約360年前(寛永20年)丹波光重公が二本松城主として入府、「よい政治を行うためには、領
 民にまず敬神の意を高揚させること」と考え現在の栗ヶ柵に二本松神社をまつり領民なら誰でも自由
 に参拝できるようにしたのが、提灯祭の始まりといわれております。

 【現在の祭り】

  現在は10月4・5・6日の3日間が祭礼日。4日は宵祭り、午後5時に7町内の太鼓台が市内の中心部に集合、二本松神社の御神火で一斉に提灯に火がともります。1台に300余の提灯をつけ7台の太鼓台が情緒豊かな祭り囃子の調べに合わせ市内を練り歩くさまは壮観です。

◆二本松観光協会ホームページ http://p133.pcsn.co.jp/~nihonmatsu/

◆二本松のちょうちん祭りホームページ http://www.h3.dion.ne.jp/~paint/

開く コメント(2)

 和歌山県日高川町と「焼き鳥長さ世界一」の座を競ってきた川俣町は26日、日高川町が更新した記録を120上回る12達横鍬の記録を打ち立てた。
 「世界一」の座をめぐっては、日高川町が特産品の備長炭とホロホロ鳥、川俣町が川俣シャモの知名度を高めようと考えた交流イベントとして、両町間で挑戦状を交わすなど盛り上がりを見せていた。日高川町は14日、川俣町が持っていた10辰竜録を破り、新記録を樹立。川俣町は再度、記録更新準備を進めてきた。(福島民友新聞より)http://www.minyu-net.com/

開く コメント(0)

★ 福島県内、雷雨で被害 ★


※国道115号 がけ崩れで不通


  
7日午前7時前、相馬市山上字下中井塚の国道115号で、山側斜面高さ約35mの地点から、

  約6立方メートル大の岩石約20個が落下した。道路が陥没したほか、川側の車線が幅約20m

  にわたり損壊し、ガードレールなどが崩れた。

  現場付近は同日午前8時30分から全面通行止めとなり、復旧のめどは立っていない。

  【福島民友新聞 8日紙面より】


  迂回路情報

  福島県相双建設事務所HPより

開く コメント(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事