ここから本文です
浅中PTAの気ままな日記
浅中Pは普段、どんなことしてるのかなーーなんて、ここで分かる!かもね・・・

書庫全体表示

イメージ 1
成人教育部主催の第1回家庭教育学級が行われました♪
図書室にて保護者30数名参加し、参考になる意見や発表が聞けました☆

テーマは・・・
今子どもと向き合おう
〜心を開いてコミュニケーションできる家庭づくり〜

講師は、副校長 木村朱美先生です。
木村先生は教師という多忙な職業と子育てを両立し、
中野第二中学校・主幹教諭から我が浅草中学校の副校長として
今年度より転任して来られました。

今回は、『わが子の健康と自律(自立)について』を題材に
まずは、木村先生よりお話しをいただき
6グループに分かれて、グループ内でディスカッションし
全体で発表を行いました。

イメージ 2

内容は・・・

1.健康については「gift」
教師としてたくさんの子供たちを見てきて思うことがあるそうです。
学校では、本当に問題児だと思う子でも
家庭で身についたちょっとした良い習慣を目にすると
“あ、この子は社会に出て、やっていけるだろうな”と思うそうです。
そんな良い習慣を身につけている子は、社会に出ても必ず誰かが気付いて評価してくれるから。
そんなステキな習慣を子供たちに「gift」していますか?
◎健康について習慣にしている我が家の自慢を紹介しディスカッション。

2.自律については「車間距離」
車を運転する時に当たり前にとる車間距離のように子供の自律を促すには距離が必要。
近づき過ぎると衝突するし、空け過ぎると割り込みされてしまう。
ちょうど良い車間距離をとることが好ましい。
また、人と比べるのではなく、本人比をすることが大事です。
さて、ご家庭ではどんな工夫をしていますか?
◎家庭で自律するために工夫していることを紹介しディスカッション。

1.2.共に参考になる意見が飛び交い、有意義な発表を聞くことが出来ました。
(v^ー°)

おわりに・・・

わが子が大事だと思っていても、
日々の忙しさにかまけて、おざなりにしていることって多いですよね。
家庭教育学級は、そんな日々の生活の小さな積み重ねの
大切さを気付かせてくれる良い機会だと思います。

木村先生、貴重なお話しをありがとうございました(・∀・)!

そして、開催してくださった成人教育部の皆さん
参加いただいた保護者の皆さん、ありがとうございました!
♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪

nkj

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事