ここから本文です
模航研ブログです。

エンジンの整備

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

 会長の依頼でENYA53-4C を整備しました。ギャボックスが錆びていて分解できなくなっていましたが、幸いヘッドの弁座に傷が無かったのでスムースに直せました。

 それにつけても4 ストロークグロー点火エンジンはオーバーチョークですぐノッキングするのでイヤだなあ。

 このエンジンを見ると、弁座側が減っていて、ポペット弁の傘部分は健全でした。この点ではOSのものより耐久性がありそうです。

この記事に

エンジン修理

イメージ 1
 ベンチュリーはサクション仕様。
 スプレーバーはスーパータイガーのものですが、針はM2.6のオリジナルの強化部品ですから、振動で折れることはありません。
イメージ 2
イメージ 3
 低ニトロ燃料で試運転 振動も強力です。
 ディスクバルブの作動確認のために回してみました。圧縮は低めですから、高ニトロ燃料用かと思われます。
 この型のエンジンは1965年の全米大会速度競技でほぼ全員に使われていて、280Km/h ぐらい出ています。無論このままではなく、高ニトロ燃料用に各部を直された物です。

この記事に

エンジン修理

イメージ 1
イメージ 2

 Rossi60旧型のスピンナーナットを作りました。

この記事に

エンジン修理

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
 Rossi60のディスクローター
 TSさんの依頼でロッシ60のディスクローターを作りました。

この記事に

機体完成

イメージ 1
 ファンタムレーサー全7機
イメージ 2
 OS10LA搭載機
 ファンタムレーサー全部で7機になりました。ラジコン祭りなどのイベント会場で、模擬レースができます。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事