ぶらりぶらり見て歩記

最初の目論見とは異なり、最近は寺社巡りが主になりました(^o^)

全体表示

[ リスト ]


四月の下旬、13時ごろ曇り空の福島空港に着いた。

そこからリムジンバスで郡山に行き、14時ごろ着いた。

1年前からの郡山在住のSの誘いで、名古屋のTやKと共に三春や郡山の桜見物にやって来たのだ。

名古屋組は新幹線を乗り継いでやってきた。

:)は数時間も新幹線に乗り、更に東京で乗り継ぐと言う発想がなくて、飛行機で行ったのだった。

しかし、よく考えてみると待ち合わせ時間や空港とのアクセスを考えたら時間的にはそう変わらなかった

気がする。

郡山駅まで出迎えたSの車で桜めぐりをする。

お互いに開花状況を気にしたところだったが、いずれも満開であった。

晴天だったらと思ったが、多くを望みすぎてはいけないだろう。

生えている場所は田園地や、山間地で、種がこぼれて自然に生えたか、植えられたにせよ、開発の波に巻

き込まれず生育を重ねることができた巨木であった。




イメージ 1

                                上石の不動さくら
郡山市 推定樹齢約350年〜400年の紅枝垂れ桜 桜の側に不動堂があることから不動桜の名が付いた。




イメージ 2

                               五斗蒔田さくら
郡山市 推定樹齢約250年の枝垂れ桜




イメージ 3

                                地蔵さくら
郡山市 推定樹齢約370年〜380年の紅枝垂れ桜 桜の側に地蔵堂があるので地蔵桜と呼ばれている。




イメージ 4

                                 三春滝さくら
三春町大字滝 推定樹齢1000年以上のエドヒガン系の紅枝垂れ桜
小さな紅色の花を無数に咲かせ、滝が落ちるように見えることから滝桜の名が付いた。
岐阜県本巣市の根尾谷薄墨桜、山梨県北杜市の山高神代桜と共に日本三大桜に数えられるそうだ。




イメージ 5

                                 三春滝さくら
反対方向から

閉じる コメント(1)

岩手に有る私の寺には同様な桜が生えていますよ。

しかし、山の上までの山道は整備する予定は有りません。

山道整備費用及び維持費が無いからです。

整備したら観光収入が上がりますが、それ以外の経費が発生するからです。

御神木を行為的にからして伐採して転売を考える業者等もいますから公開しない決定を出しました。

2014/5/4(日) 午前 11:31 [ - ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事