浅尾拓也・最新情報

【浅尾拓也ファンサイト−ASAO☆STYLE】のブログです。

全体表示

[ リスト ]

 先週(2009.7.28〜2009.8.2)の浅尾投手は、4試合に登板しました。

 ☆7月28日vs.巨人 (東京ドーム)
結果投球回数打者被安打奪三振失点(自責点)
13000(0)

 ☆7月30日vs.巨人 (東京ドーム)
結果投球回数打者被安打奪三振失点(自責点)
13010(0)

□中日・浅尾が月間最多ホールド=プロ野球(2009.7.30)
 中日の浅尾拓也投手は30日、巨人15回戦(東京ドーム)で、7月のホールドが11となり、セ・リーグの月間新記録をマークした。 
(時事通信 http://www.jiji.co.jp/)

 ☆8月1日vs.ヤクルト (神宮球場)
結果投球回数打者被安打奪三振失点(自責点)
106303(3)

□ヤクルト苦手の浅尾が逆転被弾(2008.8.2)
 中日の浅尾が沈没した。八回表に1点を勝ち越したが、その裏無死一、三塁から、内野ゴロと逆転2ランで一挙3失点。ヤクルト戦はこれで4戦4敗。防御率は10・06。「調子はそんなに悪くなかったんですけど、チームに迷惑を掛けてしまった」。背信の右腕は被弾の理由を見つけられず、浮かない表情だった。
(デイリースポーツ http://www.daily.co.jp/)

 ☆8月2日vs.ヤクルト (神宮球場)
結果投球回数打者被安打奪三振失点(自責点)
28040(0)

□中日が延長戦制す(2009.8.2)
 中日が4時間を超える熱戦を制し連敗を2で止めた。3-3の延長十一回に2死満塁の好機をつくり、荒木が走者一掃の左越え二塁打を放った。4番手の浅尾が7勝目。ヤクルトは延長十一回に3二塁打で1点差としたが届かなかった。
(デイリースポーツ http://www.daily.co.jp/)

 ヤクルト戦では、2戦登板しましたが、1日の試合では逆転さえしまいました。
 しかし、翌日(2日)の試合では2回を投げ4奪三振のナイスピッチング。7勝目も手にしました。

 では、いいニュースを。
 7月30日の登板でしっかりと抑え、セリーグの月間ホールド記録を作りました。

 そして、現在(2009.8.3)のセリーグホールド部門1位です!!
 この調子で、ホールド数のタイトルをとってもらいましょう!!


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事