ここから本文です

あさりのみそしるダイアリー

書庫全体表示

今日、10時、いよいよBS 4K/8K放送がスタートしました!

テレビの新しい時代の区切りがまた1つできましたね。

今回は、BS日テレを除く在京キー局系民放各社とNHKのほか、いくつかの専門チャンネルが4K放送を開局しています。

BS日テレは1年遅れ(前倒しの可能性もあるとか?)で本放送を開始します。
テレビの新しいサービスが始まるタイミングではだいたい在京キー局は足並みをそろえているのですが、今回は珍しく一人出遅れという形になりましたね。地上波のテレビ放送の先駆けでもある老舗放送局にしてはめずらしいです。

NHKは4K放送のほか、8K放送も開始しました。8Kのテレビは現状、シャープが100万円くらいの値段のものを出しているくらいですが、これはなかなか、まだ手の出せるようなものではないでしょう。
あとはパブリックビューイングで高画質・高音質を活かす形になりますね。

高画質・高精細かつ高音質な新しい放送の幕開け。
私も体感したいのですが、あいにくBSアンテナがしょぼいので物理的に受信できません。なので4Kチューナーだけあっても意味がないのです。
テレビは4Kに対応しているのですが、4Kに対応した映像を映したことがほとんどないです。
私が今日開局した4K番組を普通に見るようになる頃には、たぶん違うテレビになっているかも?(ちゃんとチューナーが内蔵されているやつね)

初期モデルのチューナーは、ちらほら不具合が出ているという話もあるとかないとか。
現状、4K撮影された放送番組を地上波やBS2K(従来のBS放送)と同時放送(サイマル放送)することが多い番組編成になると思いますが、ゆくゆくは4Kが主力になり、そして将来2K放送はなくなる・・・かもしれませんね。

地上波の4K放送もいろいろ研究されているそうです。
テレビの買い換えがだいぶ進んだ未来には、地上アナログ放送終了のようなイベントが待っているかもしれません。

まぁ、インパクトはそこまでないかもしれないけどね。


ただ、日本の大多数の視聴者は4K放送を見ることはできないし、視聴環境の導入も鈍足でしょう。
大多数の視聴者がいる中で、私も含めて通常視聴できるBS2K放送の帯域が圧縮され、画質が低下してしまったのはなんとも・・・
物理的に仕方のない話ではありますが、新しいサービスのために大多数のユーザーに犠牲になってもらうというのは少々感じ悪いですよね。

4K放送はチューナーも高く、気軽に導入できるものではありません。4Kテレビがないと恩恵もほとんどないし。

録画の制限も2K放送より厳しいものになっています。
かつて地上・BSデジタル放送はコピーワンス(1回だけダビング(ムーブ)可能)のみでしたが、2007年7月にダビング10が通常の無料放送で使われるようになるという変化があったので、将来緩和されることもないとは言い切れませんが。
というか、それ以前にBDにダビングする場合、主に容量の点で厳しいかも。。


今後の4K放送の戦略というものに、注視していくほかないでしょうね。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事