ここから本文です
徒然 あさやんの史記と四季
輪廻転生 因果応報 色即是空 空即是色 仁義礼智信誠孝

書庫全体表示

 
ハワイ/ハワイロングステイ・移住

自然と暮らす。女優・相楽晴子のハワイ生活

実力派女優として期待されていた相楽晴子さんが休業して渡米。ロスでの出産、子育て、ハワイへの移住を経て、あふれる自然の中でエッセイの執筆や写真撮影を楽しんでいるという彼女に直撃インタビューいたしました。
執筆者:上野 元
ハワイ暮らしを実現した日本人へのインタビュー、今回は、80年代後半から10年間にわたって実力派女優として活躍した相楽晴子さんの登場です。1995年にロスへ移住。結婚、出産を経て、8年後の2003年からはハワイ生活をエンジョイしている彼女にお話をうかがいました。

女優を休業して渡米、結婚、そして出産

キネマ旬報賞などの受賞暦を持つ実力派女優、相楽晴子さん。
<1985年に『スケバン刑事2』でデビュー。『ADブギ』や映画『どついたるねん』など、数々のヒット作品に出演して演技力について高く評価されていた実力派女優の相楽晴子さんが、突如休業して渡米したのは1995年の暮れのこと。(相楽さんの過去の作品集はこちらを参照。)

1992年にロスで撮影した写真集『MOTHERS』の現地コーディネーターをしていたゲイリー・ヘインズ氏との運命の出会いから遠距離恋愛が始まり、その後は3年間、ファックスや電話での交際が続いた末の決意だったそうです。

「日本語のできるアメリカ人の友人に英語の手紙を添削してもらいながら、ずいぶんと英語の勉強をしました。やはり伝えたい思いがあると、人は必死になるし、よく覚えますよね。とにかくインターネットもない時代のことなので、たいへんでした。」

キャリアも積み重ね、いよいよこれからという時だっただけに、俳優の世界に未練はなかったのでしょうか。

http://img.allabout.co.jp/gm/article/53959/harukophoto.jpg
現在のご主人と出会うきっかけとなった写真集『MOTHERS』
「中学を卒業すると同時にスカウトされてデビューして、進学もせずに夢中で働いてきましたから、正直、疲れてもいました。小さい頃に父をなくし、家業を閉めた時に残った借金がありまして、母も兄も、そして私も、その返済のために働かずにはいられない事情があったんですね。」

普通の青春時代を過ごすこともなく20代も後半に入った頃、気がつけば、お腹の中にはゲイリー氏の子供を身ごもっていました。つわりもひどくて仕事現場でも迷惑をかけそうになり、これはもう生活に区切りをつける以外にはないと、決断もできたそうです。

ご主人の仕事を手伝い「裏方」の世界を体験

http://img.allabout.co.jp/gm/article/53959/harukov2.jpg
今は笑い話だけれど、ロスでの生活は正直つらかったという相楽さん。
マリブのビーチでふたりだけで挙げた結婚式。でもこの後のロス近郊での生活は、正直苦痛でしかたなかったとか。もともとアメリカに行きたいと考えていたわけでもなく、たまたま好きになった人がロスにいただけという理由での渡米。英語もできず、アメリカ生活に親しめる素養を積み重ねてきたわけではなかった彼女には、言葉や文化の違いというハードルはとても高かったようです。

「病院で会計に現金をだまし取られそうになっても、文句のひとつも言えない自分の語学力のなさ。はがゆいなんてものではありませんでした。レストランでは注文を取りに来てくれないような差別にも遭遇しましたし、冷たい街の印象になじめなくて、いつも家に閉じこもっていましたね。」

そんな中で、彼女は仕事として、ご主人のアシスタントを務めていました。ゲイリー氏は日米の撮影クルーなどのコーディネーター。そして彼女は、日本の制作会社や広告会社との窓口として交渉ごとのすべてを担当していました。

「でも、やはり相楽晴子という名前で電話に出たりすると、先方もマスコミの方なので意識されてしまったりしますから、あくまでもハルコ・ヘインズという名前を通してました。で、現地入りしたスタッフと会ってから、え!?と驚かれたりして(笑)。苦情を言ってた方が、妙に恐縮したりするので、おかしかったですね。」

テロ事件を機にハワイへ移住。行かず嫌いだったハワイへの移転は、彼女にとって幸せな選択だったのでしょうか? 次のページへ。

9.11事件後、ハワイ移住を決意

http://img.allabout.co.jp/gm/article/53959/harukogary.jpg
テロ事件をきっかけにハワイ移住を決意した相楽晴子さんとご主人のゲイリー氏。
続けようと思えば、日本とロスを行ったり来たりしながら続けられないこともなかった女優業。が、幼少時、ひとりで家計を支えていた母がいつも家を留守にしていて、寂しい思いをした記憶が蘇り、生まれた娘には同じ思いをさせまいと固く決めた晴子さん。

「ティーンエイジャーになれば、嫌でも親から離れていきますよね。だからそれまでは、いつも側でベタベタしていようって決めたんです。」

自宅をベースにできるご主人のアシスタントという仕事は、子育てにも便利なものでした。が、2001年9月11日に起こった同時多発テロ事件は、ロサンゼルスの撮影関係者たちに暗い影を落としたのです。それまでは豊富にあった仕事もパタリとなくなり、つぶれる会社や、日本へ引き上げる知人たちなどが相次いだとか。

8年間住んだロスを後にすることを考え始めたヘインズ一家。ハワイに移ろうというのは、マウイに3年間住んだことのあるご主人のアイデアだったそうです。

「芸能界にいた頃は、芸能人がお正月に来るお決まりの場所というイメージが嫌いで、一度も来たことがなかったんです。でも、来もしないで反対するのも変だし、ということで下見に来たのですが、主人に導かれるまま訪れたオアフ島の西側、マカハの町へ行く道中、豊かな緑やコバルト・ブルーの海、大きな空を見せられたんですね。それでもう、私はすっかりハワイが好きになっていました。」

http://img.allabout.co.jp/gm/article/53959/famhouse.jpg
ハワイに犬が飼える一軒家を見つけて移住。
実はご主人のゲイリー氏の横須賀の学校時代の同級生も、かなりハワイに住んでいたそうです。日本とアメリカの両方の文化の中で育った人々が暮らしやすい、おおらかな文化背景がハワイにはあるからかもしれません。

「ロスの娘の学校も、常にチェーンをかけて警備員が入場者をチェックしたりして、物騒な雰囲気だったんですが、ハワイの学校を見に行ったら、皆、とてものびのびとしていたんですよね。私自身、福島の自然がたっぷりある場所で生まれ育ったので、娘はぜひこの環境で育ててあげたいと思ったんです。」

テロ事件の後、めっきり減っていたご主人の仕事も、ハワイに来れば豊富にあることも分かり、住んでいたロスの家を売って、ハワイに移住することに決定。物価の高さに驚きつつ、カハラとハワイカイの中間に、愛犬が飼える賃貸の一軒家も見つけました。2003年末。新しい生活の始まりです。

アートやカメラ、クラフトなど芸術

http://img.allabout.co.jp/gm/article/53959/harukoart2.jpg
ハワイ移住後、プカシェルやジュエリーなどを自らデザインしはじめた晴子さん
ハワイでの暮らしは、自然とともに生きる暮らし。どこにいても、子供の頃に福島で見ていたような大きな空が広がっていることに感動し、しばらくは空ばかり眺めていたそうです。デジカメで雲の写真を撮り始めると、徐々にアートとしての写真の魅力にはまっていった晴子さん。

「刻々と姿を変える自然の風景に魅了されて、シャッターをのぞく機会が増えていきました。画家だった母の才能を受け継いだのか、自ら俳優としてクリエイティブな環境に身を置いたせいなのか、どんどんアートの世界に興味を持ち始めたんですね。」

ビーチに行ってきれいな貝殻を見つけては、オリジナルの「プカシェル」を作ってみたり、ジュエリー・デザイン他、多種多様な作品の制作を始めました。ワイキキのお店でそれを自ら販売していたこともあるとか。

共通の知人を経由して、ガイドが運営する日本人向けのフリー情報誌『アロハストリート』でフォトエッセイを書くようになったのは、2004年の暮れから。それまでも、大好きだったバリ島のエッセイを旅行会社のサイト向けに書いたり、子育てについてのエッセイを雑誌に連載したりしたことはあったのですが、ハワイについて公の場で書くのはこれが初めてだったそうです。

http://img.allabout.co.jp/gm/article/53959/alohastreetsagara.jpg
現在ハワイ情報誌『アロハストリート』でフォトエッセイを連載中
「写真については本当に素人なんですが、撮りだめた写真から編集部の方と相談してテーマとなる一枚を決めて、フォトエッセイをまとめるというのは、楽しい作業でしたね。自分の写真が雑誌に大きく掲載されるのも嬉しかったです。おかげさまで、それをご覧になった方から、ハワイでの結婚式の写真を頼まれたりして、思わぬサイドビジネスとしての展開もありました(笑)。」

彼女が愛する自然のありのままの姿を映し出した写真の数々は、彼女とご主人が経営している撮影コーディネート会社「Gear-Man Pro, Hawaii(ギアマン・プロ・ハワイ)のホームページ上でご覧いただけます

 

時給8ドルでアルバイト。文化を通じてハワイに貢献

http://img.allabout.co.jp/gm/article/53959/naturallyhawaiian.jpg
相楽さんがアルバイト中のギャラリー「ナチュラリー・ハワイアン」
実は今、相楽さんはワイマナロというワイキキから45分くらい行った田舎町にあるギャラリーで働いています。なんと時給は8ドル。曙の生まれ故郷でもあり、高い山と清らかなビーチに囲まれ、厳かな雰囲気すら漂う場所。彼女はこの町がとても好きだと言います。

「お店の外観がとてもユニークだったので立ち寄ったら、中は本格的なギャラリーとギフトショップだったんですね。オーナーのパトリックさんとお話している内に、実は絵画教室もやっていて、日本人の生徒もいるんだけど、うまくコミュニケーションが図れず困っているというようなことを言われました。ならば、私が日本語を教えてあげるから、変わりに私に絵を教えて、というバーターをすることになったんです。」

お母さんが画家でありながら、一緒に過ごす時間も少なく、また病気がちだったこともあり、絵を教えてもらう機会はまったくなかったという晴子さん。ハワイに来て目覚めた芸術家マインドを育てる意味でも、絵の基礎技術はぜひ学びたかったそうです。

はじめは絵を学ぶために通っていた彼女ですが、その内、人手も足りないということで、ショップの仕事も手伝うようになったというわけです。

http://img.allabout.co.jp/gm/article/53959/harukoart.jpg
画家に絵を習いながら、アートの世界へより傾倒
「日本だったら当たり前のように陳列台の埃を払ったり、床も隅々まで掃いてお客さんをお迎えするものでしょうが、ここでそれをやると、とてもビックリされて、高い評価をいただけるんで嬉しいですよ(笑)。」

華やかな世界でスクリーンの向こう側にいた彼女が、ワイマナロのギャラリーのお店番をする光景は想像が難しいかもしれません。が、まったく気取ることなく、素顔のままで暮らしている彼女を見ていると、とても自然なこととして受け止められることができます。

「ハワイに来てから、私はやはりこの土地固有の文化の魅力にひかれていきました。娘もフラを習い、地元の公立高校に通っていますが、ハワイの人々に対して貢献できることを何かしていきたいと考えているんですね。彼らの文化を理解し、私なりに表現したり、伝えたりすることが、そのひとつになっていけばと願っています。」

夢は自給自足のアーティスト村暮らし

http://img.allabout.co.jp/gm/article/53959/gardengigi.jpg
家族で過ごす時間が何よりもかけがえのないもの、という相楽さん
もちろん彼女が時給8ドルのアルバイトができるのも、自宅で愛娘とゆったりとした時間が過ごせるのも、ご主人の仕事があるから。そして彼女は、「同士」としてご主人の仕事を支える、大切なパートナーでもあり続けています。

「カメラに向かう立場で過ごした10数年の経験は、彼の仕事をサポートする上で、絶好の機会だったんですね。皆と反対側の現場方向を見てきた私だからこそ、誰がどんな役割を果たし、各人がどう動けばクルーが効率的に、そしてクリエイティブに機能するのか、よく見えていました。」

現在は、アルバイトの他、ご主人を支えながらの撮影コーディネーション、プロデュース業、そして自らの名でエッセイ執筆、ウエディング写真、ジュエリー・デザインなどを職業としている晴子さん。

http://img.allabout.co.jp/gm/article/53959/harukocomp.jpg
エッセイの執筆も撮影コーディネーションも自宅がベース
「もちろん俳優の仕事はとても好きなんですけど、今は家族の側で暮らしたいんですね。だからしばらく俳優業はお預けです。でも、俳優という仕事の良いところは、いくつになっても、その年なりの役柄が演じられるということです。だから私の場合は引退ではなくて、環境が整うまでの間の休業なんです。」

ハワイに来たことは、相楽さんにとって、一家にとって、正解だったのでしょうか。

「自然と親しみながら、肩肘張らずに仕事と家庭を両立させることができるのも、ハワイという恵まれた環境にいるせいだと思って感謝しています。大きな家やたくさんの物質に囲まれた生活とは正反対の暮らしをしていますが、それが私たちにはしっくりくるんですね。」

では、相楽さんの将来の夢は?と尋ねると、こんな答えが返ってきました。

「私ね、夢は自給自足で暮らすアーティスト村みたいのに住むことなんですよ。」

環境破壊や食糧危機が問題となる中、手付かずの自然が残された場所で、自分たちの食糧は自分たちで作りながら、それぞれが創造したアートに囲まれて暮らすという生き方が理想とか。さらに、今後はアジアやオセアニア、アメリカ西海岸、メキシコなど、太平洋を拠点と考えて、さまざまな可能性を広げていきたいと、微笑みながらご主人と語っていらっしゃいました。


【関連情報】

相楽晴子さんとご主人が運営する撮影コーディネーション会社 公式サイト
相楽晴子さん出演の作品集
相楽晴子さんのプロフィール
相楽さんが働くギャラリー&ギフトショップ「Naturally Hawaiian」
 

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事