ここから本文です
徒然 あさやんの史記と四季
輪廻転生 因果応報 色即是空 空即是色 仁義礼智信誠孝

書庫全体表示

 

西太后の紫禁城 第16話 新政崩壊

吟児(インアル)は自ら希望して珍妃(ちんぴ)の世話係を務めた。政変の後、西太后(せいたいごう)は譚嗣同ら改革派6名を処刑して光緒帝(こうしょてい)の動きを封じ、宮廷内の改革勢力を壊滅させる。瀛台に幽閉された光緒帝は政治に対する意欲を全て失い、ただ冷宮の珍妃のことだけを思っていた。光緒帝は、会うことのできない寂しさを琴を弾く事で紛らわそうとしたが、心に滞る悲しみや憂鬱は全く晴れることがなかった
 
ギャオ
 

珍妃の井戸

ちんぴのいど)は、
浅田次郎 の小説。『蒼穹の昴 』の続編として書かれた

1898年 義和団の乱 が起こり、清朝 の都北京 は騒乱状態になり、列強 8ヶ国の軍隊がこれを鎮圧した。そんな最中に光緒帝 の寵妃珍妃 紫禁城 内の井戸に落とされ殺された。1900年 、「一国の君主の妃が暗殺されたことは、重大な事件であり真相を突き止めなければならない」と、イギリス帝国 の海軍提督エドモント・ソールズベリー、ドイツ帝国 の大佐ヘルベルト・フォン・シュミット[1] ロシア帝国 の露清銀行総裁セルゲイ・ペトロヴィッチ、日本 東京帝国大学 (支那学)教授松平忠永の4人の貴族が事件の当事者に話を聞きながら真相を解明しようとする。
4人は以下の証言を集めるがつじつまが合わず、真相を知るべく光緒帝本人が幽閉されている中南海 の島「瀛台(インタイ)」にのりこむ


 
 

西太后の紫禁城 第17話 運命の境界線

茶水章(チャシュイジャン)が冷宮から運んだ珍妃(ちんぴ)のかんざしを見て、光緒帝(こうしょてい)はますます珍妃への思いをつのらせる。茶水章は二人を会わせる事を決意した。栄慶(ロンチン)を愛し、その身を案じる瑞(ルイ)親王の姫君は、瑞親王に栄慶の捜索と身の安全を約束させる。光緒帝は茶水章の尽力によって密かに冷宮を訪ね、ついに二人の再会が実現した。
■キャスト・スタッフ
出演:スーチン・カオワー、レネ・リウ、チウ・シンジー、ジャン・ウェンリー、チウ・シー、他
監督:グオ・バオチャン

  • 顔アイコン

    むかし 紫禁城に行ったとき 珍妃の井戸といわれる場所をみたことがある

    がどうにも 記憶が鮮明ではない
    蒼穹の昴 珍妃の井戸も 昔読んだが どうにもあまり覚えてはない
    清末期光緒帝の改革の失敗
    宣統帝の即位 ぞくにいう ラストエンペラーである、
    秦に始まり清で終わる中国王朝 満州族の清の末期 西欧列強の侵略がありながら 保守派 西太后の改革の遅れ

    西太后 則天武后 呂薙は 中国三大悪女といわれるが
    西太后の犯した 政治は 列強の侵略を防げず
    清滅亡の遠因となった
    康熙帝 雍正帝 乾隆帝 全盛の清をあっけなく滅亡させた
    女の政治は 悪くいう気はないが 国を滅ぼすという確率が高いのである
    その理由はあるだろう。。

    あさ

    2014/9/26(金) 午後 2:44

    返信する
  • 顔アイコン

    項羽と劉邦 79話 覇王別姫
    ついに項羽の最期の時 漢軍兵士に囲まれた 項羽の壮絶な最期は

    実際いかなる最期であったのだろう。。。

    あさ

    2014/9/26(金) 午後 3:45

    返信する
  • 顔アイコン

    項羽は叫ぶ
    劉邦よ この項羽の屍の飢えに漢の
    いしづえを作れ そして太平の世を作れ
    人間として不精として屈辱と恥辱の中に生きるより
    死して 英雄とならん


    臥薪嘗胆は 屈辱の中に生きて 恥辱をそそいだ。

    あさ

    2014/9/26(金) 午後 3:50

    返信する
  • 顔アイコン

    対局数:7 勝ち:4 負け:3
    勝敗なし:0 勝率:0.57
    今日は集中力が全く足りない
    なにかポカが多い ぼっとしているのだろう
    一局も疲れる ドラマもおもろいのないし
    ギャオで西太后でもみようかな

    あさ

    2014/9/26(金) 午後 9:00

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事