全体表示

[ リスト ]

トゲトゲアタック! ケータイ投稿記事

自ら死して敵たる召喚術師にショックを与える(手札を1D枚奪う)古の大技。
そんなものはもうなくなった。
しかし彼は上手な拷問を覚えたのだった。
(過去にあったダークエルフ拷問隊は特殊能力拷問の効果が防御力ダメージのみで通常の拷問の目的の1つである情報収集には何ら寄与しなかったのだが
ブロック1&2で拷問に耐えた相手から情報(手札)を引き出す獄吏が登場した)
そして体も鍛え上げて、再び帰って来た。
今日のカードは
サボテンマン
土属性の2レベル3/3
歩行のプラントで
常備能力は無し
普通タイミングの行動完了型特殊能力
トゲトゲアタック
敵軍ユニット1体に1Dダメージを与える。
効果適用後、ダメージ対象の敵軍ユニットが死亡しなかった場合、
敵軍プレイヤーの手札を1枚ランダムに破棄する。

はい、上手な拷問(って言っても特殊能力名はトゲトゲアタックなままですが)を覚えてマッシブになった挙げ句
勢力構築も可能な立派なプラントになって帰って来たサボテンマンですね。
後攻時は立派な防御力3の盾になり
先攻時はワンチャン、パーティーが苦手な中型以上を狙いに行き
外しても手札を奪って行く
っていう、どうでもよい2レベル盾ユニットから使われると限りなくウザく感じる特殊能力です。
ダメージが出ても対抗が要るし、ダメージが足りなくとも手札を確実に奪い
ダメージを耐える対抗をすると、生き残るの代わりに
手札コスト無しの特殊能力による防御力パンプ以外では確定で2枚分の手札を吸うっていうウザい事この上なしな特殊能力になりますね。
普通タイミングにしか特殊能力が使えずに歌姫がいるか自軍配置な秘密の花園の上で隊列先頭でないと枠も無いので
割り切って盾兼用の嫌がらせとして扱う必要こそありますが
基礎値は十分なので邪魔にはなりませんし
楽しく使いたいですね。
勿論、従前の死亡して1D枚のハンデスな脅威のユニットだったんで
基礎値なんかよりそっちを頼りたかったっていうのも
まぁ、わかりますが今の環境(例えばエナジー・ドレインでも固定で1、2枚しか補充が利かない)では急激な手札操作、山札操作を戦闘単位でやられる
っていう危険性を排除に走っているので望むのは難しいですから
楽しく使い易いユニットであるだけ割り切るのが良さそうですからね

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事