全体表示

[ リスト ]

比較対象が碧鱗札になってしまうので
パーティーでの枠やユニットの質を考えると
どうしても微妙に思えてしまうのですが…
使い途の無い戦闘スペル枠をアイテムのオマケで使えて別の効果を発揮すると考えたらリザードマン以上に使えるという判断だったのでしょうかね?
さて、そんな今日のカードは
マグネリアの光塵
アイテムの消耗品で
タイプ魔法工芸品
対抗消耗品限定の効果
敵軍ユニット1体が使用中の消耗品の効果を1つ選んで消失させる。
普通対抗の効果
マグネリアの強化光塵
アイテム1枠スペル火1枠消費
種族錬金生物の自軍ユニット1体に
攻撃力+5または防御力+5を付与する。

はい、アゾールの黒い旋風のアイテムキャンセルアイテムです。
が、今回は錬金生物強化の併用ではありますね。
ただ、錬金生物のデックとリザードマンのデックは性質が大幅に違っていて
錬金生物は基本的に6レベルユニットがアイテム1〜2枠
で装備品を着けて防御力を大きくして細かいダメージ対抗や2D〜2D+α〜3D程度のダメージ対抗の出目の良くなさを期待して対抗の必要性を減らして
で、2レベルユニットがモンブランがアイテム2枠な他は基本的にアイテム1枠で(錬金バードマンデック等ではレッド・ホークっていう例外もあるものの)
何とか約2〜4対抗を基礎値で乗り切って戦うっていうスタイルなのに対して
リザードマンは44で組んで
即時召喚が利かないユニットだとアイテム1にスペル2枠
即時召喚が利くとアイテム1枠に特殊能力辺りでして
8リミットだとアイテムで2対抗してスペル対抗にDualを使うか
アイテム対抗でスペル枠も消費して残りのスペル枠で1枠対抗の戦闘スペルを使う
とか言う感じで柔軟に動いて、時に手札を全て使った多段対抗も出来る
だから、リザードマンの碧鱗札は強いと思うのですね。
翻って、錬金生物。
防御力が5上がる即ち、即時召喚不可ユニットに用いる頑強の薬と同様の効果は
防御力が2上がる装備品の内どれかを身に付けた防御力7のユニットが使うと単体でバードマンや牛の先攻パンチに対抗を確実に対抗を吐かせられる(神獣やツァンレンは14点以上スタートがあり得るので隊列にも工夫が必要かも)っていう点は偉いものの
枠が少ないのにこの程度っていうのがガッカリですね。

閉じる コメント(1)

牛の猛攻を止めるアイテムって考えたら悪くはありませんが、
ウッカリトマホーク(牛先攻パンチ錬金頑強牛トマホーク錬金キャンセル牛粉塵)はどうにも枠の関係上防げないので
大して変わらない気がするんですよね。
で、攻撃力アップの効果は極稀に使う程度で
本陣をどうしても殴り倒してしまいたい時様なオマケでしょうかね。

2014/3/6(木) 午後 1:13 [ ななさつ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事