全体表示

[ リスト ]

まぁ、スキュラに使ったアクア・フュージョンが
スキュラやアクアリウムが使えばおんなじ効果を発揮出来るようになる秘伝の戦闘スペルになったっていう感じでしょうかね
そんな今日のカードは
インディゴ・フュージョン
水属性の戦闘スペルで
タイプ秘伝魔法/呪文魔法
種族アクアリウムorスキュラのユニット以外は使用の宣言も出来ない
普通対抗の効果で
スペル水or魔1枠消費
自軍ユニット1体に
攻撃力+3&防御力+3を付与する。

はい、秘伝になる事で
余る可能性もある魔枠からでも使える+3効果です。
攻撃力依存のダメージ効果も防御力依存のダメージ効果もあるので
どっちでも気にせず両方上げられる戦闘スペルは偉いですね。
防御力上昇って意味では被っていますが、プロテクション共々3枚近い採用は確定でしょうねぇ…
後はスマッシュ(みたいなの)があるか?ですが
まぁ、コレはコレで使い易くて強いっていうのは
似たような効果のサイクロン・アーマーやらドラグーン・エナジーに
半分しか効果の無い癖に採用され易いバトル・クライ、スマッシュと比較するとはっきりとわかるお話ですが……
スキュラは英雄パーティーの防御力を考えるだに
8リミットで9点でしょうから
4レベルチャージユニット2体の標準パンチ12点を1枠では受けられ無いんですよね…
そこからして、1枠防御力4上昇のディバイン・ガードや
アイテムデックでの頑強の薬は大事な訳ですが
その辺りに対する処方箋的な戦闘スペルがラミアやら含めても無いんでしょうかね?
具体的に先攻ワラパンに夢魔に錬金生物、それと牛(風神&雷神は展開の早さを利用したのや対抗不可を活かした嵌めパターンを喰らわければ問題無い、ハーピィはダイスゲーなのでキッチリ振られ続けるなら勝てないが1回外せば対抗勝ち出来る程度なら問題では無い)
これらに平均で5分、相性最悪でも3:7程度におさまらないと大きな大会では使ってられ無いのですが……
どうなるのでしょうかねぇ?

で、明日はお待ちかねのアンドロメダ(2代目?)が予想されますが
基本的にダメージ属性が猛毒だらけっていう問題点やらが解消されていると良いのですが……

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事