ものぐさオーディオの日記

古いオーディオ・真空管・管球アンプ・オープンデッキ

Eimac 327A

すべて表示

KNF(カソード・ネガティブ・フィードバック)

ソフトンRW-40-5にはKNF巻線があってKNFをかける事が出来る。しかもKNF巻線が2組あって並列接続にするか直列接続にするかでKNFを浅い状態にするか深くするかを選択出来るのだ。μが31もあり出力段の増幅率の大きい327Aでは、これを利用しない手はない。 KNFなら局部帰還なので不安定にならないが、出力段の増幅率が低下しドライバー段の負担が大きくなるので、その点を考慮しKNF巻線を並列接続にして軽くKNFをかけるのを試してみたが、どうも宜しくない。今夜、もっと深くKNFがかかるように直列接続に変更してみることにする。

その他の最新記事

すべて表示

オーディオ専科 AP-515 12...

2018/1/3(水) 午後 4:43

6CW5 QUAD2型アンプから定...

2017/10/3(火) 午後 1:37

TU-8150は、現状、仕事場でBGM的に朝9時頃から夜7時頃までずっと稼働しています。今のところ、全くトラブルなどは無いです。TU-8150に替わるまでは、自作の6CW5 QUAD2型アンプがほぼ5年間、延べ15000時間働いてくれました。 15000時間の間、真空管の交換はすることが無く、コネクターの緩みの締め直し程度で使い続けら ...すべて表示すべて表示

アナログレコードを聴いてみた

2017/8/26(土) 午後 10:38

今迄のレビューは、ハーフコンポサイズのCDプレーヤー ONKYO C705FX2   8cmフルレンジスピーカー FOSTEX FE83nを繋いでのものでした。 今回は、アルテック/ウーレイの38cm2ウェイという大型のスピーカーで、本格的なアナログプレーヤー、フォノイコライザーを繋いでどんな音質なのか試してみました。 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事