亜細亜大学剣道部 --- 士 魂 ---

部訓 『経文緯武』 は、地球の経度と緯度を現す。経文は知識幅広く、緯武は武道を深く掘り下げて学ぶことの教え。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全599ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

6月15日(土)に亜細亜大学 ASIA PLAZA4階 多目的ホールにて、本学剣道部4年 山啓佑君、3年 小田貫太君の全日本学生剣道選手権大会壮行会を行いました。冒頭では、草野部長、馬場総監督の挨拶をいただき、北先輩の乾杯で開会しました。また、お忙しい中集まってくださった先輩方、ご父母の方々から代表で、秋山先輩より激励のお言葉を頂きました。会の途中では、草野部長より山君、小田君へ全日本出場記念の袴の贈呈を行い、最後には、全員で第一学生歌、応援歌を斉唱し、小林監督の一言で会を閉じました。
会のほかにもたくさんの先輩方やご父母の方から激励のお言葉を頂戴し、無事盛大に壮行会を終えることができました。山君、小田君がより良い成績を残せるよう、部員一同精一杯励んでいきたいと思います。
大変お忙しい中駆けつけてくださった先輩方、ご父母の方々、誠にありがとうございました。

イメージ 1

開く コメント(0)

五月十六日

本日の稽古は切り返し・基本打ちを行なった後、地稽古・打ち込みを行なった。
本日の稽古でも元立ちの重要性について小林監督から指導いただいた。
構えるところから発声、攻め、打たせた後など各々が見直すべき点が多か見つかったと思う。
指導されたことを当たり前に行えるよう意識して取り組んでいきたいと思う。
菅谷

指導者
馬場総監督 小林監督

欠席者
山崎(試合の為) 前田(就職活動の為)
中村 下田

開く コメント(0)

六月十五日

本日の稽古は切り返し・基本技を行なった後、女子三人制・男子七人制の試合を行なった。その後、地稽古を行なった。
部内戦を通して、自分の成長と課題をそれぞれが感じたと思う。
自分の持ち味を活かすことができるように工夫して稽古に臨みたいと思う。
菅谷

指導者
馬場総監督 渡辺助監督

開く コメント(0)

六月十三日

本日の稽古は切り返し・打ち込み・基本打ちを行なった後、地稽古・掛かり稽古を行なった。
鈴木先輩から素振りの際の寸止めについて指導いただいた。
寸止めをする際、左手を意識する事で構えた時の攻めにも左手が活かされると指導していただいた。
左手を意識し、崩れない強い攻めを部員一同身につけていきたいと思う。
菅谷

卒業生
鈴木先輩

欠席者
中村

開く コメント(0)

六月十二日

本日の稽古は切り返し・打ち込み・基本打ちを行なった後、地稽古・掛かり稽古を行なった。
一人一人が指導されたことをしっかりと稽古に反映させて取り組んでいるように見えた。
ここから更に自分で気づき考える稽古に昇華させ、意識の高い稽古ができれば全体のレベルが上がっていくと思う為、取り組み方を意識的に変えていきたいと思う。
菅谷

開く コメント(0)

全599ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事