屋号 田丸屋

登山、スキー、サイクリング、山菜等のアウトドア大好き人間です。(行動記録等は参考程度に願いします)

’19県外の山

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

眺望最高の十種ヶ峰(とくさがみね)988.6mにスキー場側から。曇りの今日は蒸し暑く山頂から時々の眺望。

【ルート】鹿野IC・・長沢交差点・・ルート315・・県道332十種ヶ峰線・・今日は合宿で駐車地無し・・山口県十種ヶ峰青少年自然の家・体育館でトイレ借用・・十種ヶ峰登山コース入口9:41・・歩きやすい広い山道・・9:57分岐・・10:10初めての橋10:14・・10:23下るとすぐに電波塔の広場に出る・・車道・・10:30山麓八合目ⓟ登山口・・10:37神角分岐・・10:37大鳥居(権現社)10:40・・10:45山ろく広場(案内板)・チマキ笹群落・・直登ルート道・熊野神社ルート分岐・・11:01草の中の熊野神社・・11:04方位盤と十種ヶ峰山頂一等三角点 点名:徳佐ヶ峰988.6mで昼に11:48・・直登ルートを下山・・・これより折り返し・・12:02山ろく広場(案内板)・・山麓八合目ⓟ登山口・・12:16電波塔・広場下山口・・すこし登る・・12:51十種ヶ峰登山コース入口・・13:05山口県十種ヶ峰青少年自然の家・・ルート315・・県道13萩・津和野線・・「太皷谷稲成神社」。日本五大稲荷の一つに寄り道・・六日市IC
2019.8.18

皿ガ嶺 四国・愛媛 

石鎚連峰の西、皿ガ嶺県立自然公園の親しまれる山に傘を背負って・・

【ルート】小雨上りの駐車場(トイレ)9:36・・風穴入口・・9:41風穴・この辺りに来ると白いもやが出ている・・高山帯に分布するヒマラヤの青ケシが、冷気のたまる石掘りで栽培されている・冷気のたまる石掘りと休憩東屋9:48・・10:03引地山分岐・・10:32ベンチの休憩場・・ブナ、ミズナラ林で気持ちが良い・・10:43上林峠分岐・・六部堂・皿が嶺分岐・・10:48竜神平・無人の竜神小屋(避難小屋)11:03・・11:18引地山・六部堂分岐の峠・・11:34二等三角点 点名:行長1270.7m・・11:39皿が嶺山頂1278m霧で眺望無し、昼にする12:14・・広場の隅に引地山・竜神平分岐・・12:33畑野川分岐・・12:35無人の竜神小屋(避難小屋)に帰ってくる12:40・・折り返し風穴に下山し涼む・・13:45駐車場(トイレ)14:00・・帰路に着く18:30着く
2019.7.21

以前、寂地山に登りたいと聞いていた山を、私、子供?、孫?で高原の天気A(登山に適しています)に恵まれ、涼しい快適な山行。

【ルート】国道434号の冠高原ⓟ9:06・・松の木峠標高800m猫のいるお屋敷前の登山口・・昔からある「火の用心」のドラム缶・・最初のピーク・少し下る・・次のピーク・急な下り、悪天の時は滑るだろう・・9:48P958・・フイックスロープ、木の根、岩等の急な登り・・10:09P1164・・寺床・昔、ここから寂地峡へのルートの草刈をしたが消えている・・松ノ木峠ルートで唯一の展望地、鬼が城、羅漢山・瀬戸内海も・・10:42吉和冠山分岐・・山口県の絶滅危惧種のオオヤマレンゲ・・広高山分岐・・カタクリロード・・額々山分岐・・11:20寂地山1337m山口県最高峰11:36・・折り返し冠山への分岐に戻る・・沢・・小川林道終点登山口分岐・・太田川源流の碑分岐・・オオヤマレンゲの木・・12:33冠山一等三角点 点名:冠山頂 1338.9m 広島県第2の山・断崖の展望地から北の眺望の中昼にする13:21・・折り返す・・13:36太田川源流の碑・・13:46寂地山分岐・・フイックスロープ・・14:58松の木峠・・15:00冠高原ⓟ  ※タムコ・長男
2019.6.23

6/2()は久住山で山開きだが1日早い山行。九重山:火山群の総称、主峰の山「久住山」1786.5m経由で九州本島の最高峰中岳1791mに牧ノ戸峠からてくてくとミヤマキリシマ山行、久しぶりに大勢の登山者に・・・・ゆっくり時間で楽しむ。

【ルート】) 九重IC・・23:30長者原ⓟ東屋で仮眠・・・・長者原ⓟ〜長者原・九重登山口やまみ前バス停時刻表8:05〜牧ノ戸峠登山口8:24・・単調なコンクリの登山道・・8:36展望台(東屋)・・8:48展望台・久住山3.1km・牧ノ戸0.7kmの標柱・・8:58沓掛(くつかけ)山頂1503m・・下りは岩場の急勾配下り・・・・9:27P1512・・開放感のある登山道・・見えてくる標高1762mの星生山・・9:51扇ヶ鼻1698m分岐・・10:01星生山(ほっしょうざん)分岐・・10:29単調だった登山道が岩場へ、星生崎付近から久住分れが・・10:35トイレ(協力金100円)と避難小屋10:45・・高低差140mの登り開始・・10:47久住分れ・・少し勾配で小石の登山道・・10:50中岳と久住山分岐(下)・・急坂の岩場が道・・10:59中岳分岐(上)・・尾根に出る・・11:16久住山一等三角点 点名:久住山1786.5m・・11:36中岳分岐・・11:42久住分れ・御池分岐(昼)12:04・・12:10御池・・12:18湖畔を避難小屋分岐に・・12:36中岳1791m・・12:53鞍部・避難小屋分岐・・13:03天狗ヶ城1780m・・13:29久住分れ分岐・・13:39久住分れ(北千里浜・法華院・坊がつる分岐)・・13:59岩だらけの急坂を下ると北千里ヶ浜・・14:08P1554の下部・・14:25法華院温泉・すがもり越、長者原の分岐・・14:32諏蛾守越(避難小屋と愛の鐘)三俣山登山口の案内版14:45・・15:02採石道通行止め登山口・・採石道・・15:15大曲・長者原分岐・・15:35採石道・・長者原ゲート・・16:14長者原登山口・・16:17長者原ⓟ・・前夜祭の準備がされている・・くじゅうやまなみキャンプ場  (やまなみ牧場温泉)15+2k
2019.06.01

小五郎山(1,161.8m)金山谷鉱山ルートから向峠に

【ルート】Ⓐ前8:25・・8:35Ⓑ前・・8:55Ⓒザ・ビックⓟ9:00・・10:10向峠(にこにこ市)・・10:25小五郎山金山谷鉱山ルートⓟ10:30・・10:38登山口・・オンドル分岐・・10:42オンドル跡地・・10:57休憩所11:00・・11:03大栂分岐・・11:10寺床(修験堂跡地)・・11:19展望岩・・11:38小五郎山鉱山跡説明板・・11:43坑道Ⅰ・・11:55坑道12:04・・12:16小五郎山三等三角点 点名:小五郎(1161.8m)昼にする13:00・・13:24910mピーク北側の鞍部・・13:54小五郎山向峠登山口(林道出合)・・14:07登山届小屋・・14:15猪柵・・14:20向峠(にこにこ市) 
2019.5.15

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事